2020年02月06日

        
                

大雪と新型肺炎。北朝鮮の崩壊。安倍首相。「将棋」

category - 雑感
2020/ 02/ 06
                 

 
9年前の新札幌駅前付近の写真です。

 
今日の大雪で30㎝積もりました。厚別区厚別南2丁目の新札幌整形外科。
完全に溶けるまでは、相当長く掛かりそうです。
昔は、雪が降ると大喜びで、雪遊びをしたものですが、今の子供たちは、少子化のためか余り遊ぶ姿を見かけません。世の中変わってきましたねー!


 其の点わが日本は、相変わらず「知らぬ存ぜぬの安倍総理の一強と似非総理候補の菅の贅沢な争いです。
聊か政治も冷え切った感じですが、
悪寒(安・菅)(あかん)を覚えますね~。爆)

 第二次大戦での、ソ連の一方的な日露不可侵条約の解除で終戦後まで南樺太、千島列島を攻撃したソ連の目的は「北海道北部を占領せよ」との正式な国家の命令だったことを思うと、ロシアの南下政策は実に強いものを感じます。
北方領土は、日本固有の領土ですが、北海道北部を占領しようという強欲国家のソ連は返還するわけがないと思います。

不条理なことばかりの世の中、雪解けが来るには未だ遠いものを感じます。渇)


異例の「反省」、封じ込め総力戦 新型肺炎拡大に危機感―中国共産党

【北京時事】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は4日、感染者が2万人を突破し、死者も400人を超えた。危機感を強める共産党指導部は自らの対応に「欠点と不足」を認める異例の「反省」を表明。地方幹部の大量処分で国民の批判をかわそうとする従来の姿勢から踏み出し、総力戦で感染拡大を封じ込める方針だ。

 4日付の党機関紙・人民日報によると、党政治局常務委員会は3日の会議で、「今回の疫病はわが国の統治システムと能力を試しており、経験を総括し、教訓をくみ取らなければならない」と強調。さらに「明らかになった欠点や不足への対処能力を高める」ことを確認した。
 会議を主宰した習近平総書記(国家主席)は「直接の責任者だけではなく、主要な指導者の責任も問う」と、居並ぶ幹部に覚悟を迫った。

 これまで、問責の動きは地方に限られていた。武漢市に隣接する黄岡市で、病院に収容されている感染者数を把握していなかった衛生当局幹部ら337人が処分されるなど、各地で党や政府の担当者の職務怠慢がやり玉に挙げられた。
 しかし、武漢市の周先旺市長が「地方は国から権限を委託されて初めて情報公開できる」と嘆いたように、国の初動の遅れは否定できない。1月9日に専門家チームが新型コロナウイルスによる肺炎と判断してから、習主席が同20日に「まん延阻止」の指示を出すまで10日余り。中央が沈黙する間に、例年通り春節(旧正月)の大移動が始まり、ウイルスは拡散していた。
 感染者が6000人を超えた武漢市では4日、突貫工事で建設した臨時病院「火神山医院」(1000床)が患者の受け入れを開始。人民解放軍が派遣した1400人の医療チームが治療に当たる総力戦が始まった。李克強首相をトップとする肺炎対策指導グループは同日、湖北省支援のため医療チーム2000人の追加派遣や、軽症者らを収容するホテルや体育施設の徴用を決めた。


最悪の事態は北朝鮮の体制崩壊

 上述の「北朝鮮に見られる異変」と「新型コロナウイルスの感染拡大が北朝鮮情勢に及ぼす影響」で示した分析の結果を総合勘案すれば、最悪のシナリオとしては「北朝鮮の体制崩壊」が懸念されるところである。

 このことは、他の重大案件を抱える米中にとっては共に「絶対に起こってほしくないシナリオ」であるに違いない。

 もちろん、日本にとっても韓国にとっても迷惑千万なシナリオである。
国民の命を守るために緊急事態条項を設けるべく、憲法改正を急がなければならない>と書いたが、世界経済に大きな影響力を持つ中国が弱れば困るのは日本だ。

政権のお先棒を担いで中国叩きするのは無意味だろう。
 しかし、現実には、北朝鮮の体制崩壊が東アジアの大動乱、それどころか米中を巻き込んだ世界的紛争の「引き金」になる可能性を秘めている。

 3代続いた金王朝の終焉は、第2次朝鮮戦争ではなく、中国発の新型コロナウイルスの感染拡大によるものかもしれない。

 いずれにせよ、中国発の新型コロナウイルスの感染拡大は、震源地の中国のみならず、周辺諸国、さらには世界規模で予期せぬ出来事を引き起こす可能性があることに注意すべきであろう。
むすび――米核戦略見直しに対する日本の対応
 河野外相は3日、核兵器の役割を拡大させるトランプ米政権の新たな核戦略指針「核体制の見直し」に関し「わが国を含む同盟国に対する拡大抑止へのコミットメントを明確にした。高く評価する」との談話を発表した。日本が、従来通り日米同盟を維持する上で、至極当然のことであろう。アメリカが、「核体制の見直し」をしなかったら、日米同盟の根幹の一つである「アメリカの核の傘」の信頼が低下するのは必至だった。

その場合、日本としては、自ら核武装をする選択肢を真剣に検討せざるを得なかったはずだ。一方、被爆国である日本国国民は、依然被爆のトラウマが消えず、核アレルギーは深刻だ。日本の核武装を巡っては、世論が分裂し、内政が混乱する事態が避けられなかったであろう。

我々は、アメリカの核戦略見直しが示唆するもう一つのシナリオにも配意する必要があろう。そのシナリオとは、「アメリカは、北朝鮮を核保有国家として承認する布石」として、核戦略見直しを行った可能性があることだ。

このシナリオの場合、日本は核武装した北朝鮮と向き合うことになる。アメリカが十分なINFを装備したとしても、日本が「非核三原則」を墨守している限り、北朝鮮を抑止することはできない。最も有効な抑止手段は、アメリカのINFを日本本土に配備することだ。さらには、北大西洋条約機構(NATO)に倣って、ニュークリア・シェアリング(核兵器の共有)による核抑止強化の方法もある。

アメリカの核戦略見直しのなかで、「低出力核」と呼ばれる威力を抑えた核弾頭を搭載した、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を導入する案に言及しているが、これは日本に依然残る核アレルギーに配意したものかも知れない。

一方、韓国の本件問題への対応は未知数だ。日本は、引き続きアメリカの「核の傘」の下に入るものの、韓国はそれでは満足せず、核武装という道を選ぶかもしれない。その場合、日本は、核武装した二つの国――南北朝鮮――と向き合わなければならない。
(福山 隆)


首相「痛恨の極み」 有本さん母死去


安倍晋三首相は6日、北朝鮮による拉致被害者、有本恵子さん(60)=拉致当時(23)=の母、嘉代子さんが亡くなったことについて「ご健康がすぐれないという話をうかがい、何とかお元気なうちに恵子さんを取り戻すことができなかったことは誠に痛恨の極み」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。

 拉致問題解決に向けて大きな進展がないことに関し、首相は「あらゆるチャンスを逃さない決意で取り組んでいきたい。

被害者家族の皆さんがご高齢になる中、お子さんたちを抱きしめる日が来るまでは私の使命は終わらない」と述べた。


【虎のソナタ】

虎番軍団ホッ!マスク届いた
特集:侍ジャパン虎のソナタ



甲子園球場近くで火災が発生。周辺は騒然とした



 「大変です。甲子園球場のすぐ隣が火事です。炎が上がってますよ」

 平和なキャンプ地・宜野座の昼下がり、運動部長・大澤謙一郎が一報を伝えてきた。

 現場の写真は確かにショッキングだ。甲子園球場に通い詰めるわが虎番軍団からすれば、毎日のように横を通る場所。コンビニもあれば、昼ご飯を食べる食堂もその並びにある。何より、目の前が甲子園球場。出火元はみんなが知ってる串カツ店。木造1階建てのお店は全焼してしまった。

 「ここ、値段が安いしおいしいから、何回か行ったことあるんや」

 ネット上で報じられる火事の記事を、添付される生々しい写真を、呆然と眺めていたのはビヤ樽・三木建次記者。改めて「火の用心」です。気を付けましょう。

 火事も困るが、現在恐るべき勢いで蔓延している新型コロナウイルスも本当に厄介。全世界で患者が増えている。しかも、最低限の防御策であるマスクが、沖縄で品不足に陥っており、毎日マスク姿で奮闘している虎番たちは「キャンプに持参した分がなくなったらどうしよう」と不安に駆られていた。

 そこに救いの手が。先日のこの欄で紹介したように、わがサンスポ大阪本社から、特命マスク担当現場キャップに任命された記者宛に、段ボール箱でマスクがどっさり届いたのだ。

 特命マスク担当現場キャップ 「虎番全員に明日、必要分を配るから、それぞれ何枚いるか、言ってこい」

 某若手虎番 「助かります。でも、今なら配るよりも売ったら大もうけできますよ」

 特命マスク担当現場キャップ 「ダメ、絶対にダメ。それはアウト!」

 誓って売ってませんので。読者のみなさま、サンスポにそんな極悪な人間はいません。全員が感謝しながらマスクしてますから。ハイ。




1位 豊島将之竜王名人 7,157万円
2位 広瀬章人八段 6,984万円
3位 渡辺明三冠 6,514万円
4位 永瀬拓矢二冠 4,678万円
5位 羽生善治九段 3,999万円
6位 佐藤天彦九段 3,687万円
7位 木村一基王位 3,209万円
8位 久保利明九段 2,178万円
9位 藤井聡太七段 2,108万円
10位 斎藤慎太郎七段 1,868万円

参考:2019年獲得賞金・対局料ベスト10(日本将棋連盟)

■感想
豊島竜王名人が初の1位。新時代到来。

永瀬二冠は昨年18位から大きくジャンプアップ。

木村王位も昨年27位から大きくジャンプアップ。

2019年頃の棋士の活躍を知るのに、わかりやすいランキング表だと思います。そして、藤井七段は昨年の12位から今年は9位と確実な前進。

2019年頃の棋士の活躍を知るのに、わかりやすいランキング表だと思います。


「お知らせ」
☆テンプレートが機能しないので以前の「サンタ」に戻しましたのでよろしくお願いいたします。☆

今日眼科受診をいたし検眼をすまし、富士メガネでレンズ交換を依頼してまいりました。近視レベルが2レベル下がっているので遠くは見えにくくなるらしです。その代わり近くが明瞭に見えます。両眼とも後発白内障手術をして以来よく見えるようになっていましたので、交換には迷いがありました。しかし、眼科で検眼したのだから今回の処方箋が正しと思います。15日に出来上がります。楽しみです。

            
                 ♪応援よろしくね~♪    にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ