2019年08月15日 - 不思議な不正義2

2019年08月15日

        
                

終戦記念日。白内障手術の日。カープとDeNA。

category - 災害その他
2019/ 08/ 15
                 
                              




数年前から遠近両用メガネを幾度となく取り換えても見え難くなり精密眼底検査の結果「白内障が相当進行しています」との診断で、今日15日午前中に< 北辰病院 >札幌北辰病院眼科にて左目から手術をしてもらうことになりました。
体験者によりますと、術後が細菌防止のため、極めて慎重な生活を強いられる様ですが、視界が明るく感動的だという事で、正直不安もありますが期待で胸が震えているところです。!日帰りですので通常通りお付き合いよろしくお願いいたします。!


2016081505043209c (1) 


戦後74年目を迎え、あの忌まわしい戦争を忘れようとしています。しかし、次代に伝えていかなければ成りません。帰還兵も94歳を超えました。私の次兄は海軍飛行予備学生として舞鶴航空隊に入隊、三重空を経て大連基地へ派遣され、朝鮮西海岸で戦死しました。実は両親は志願を認めず印鑑を押しませんでした。しかし、長姉が隠れて印鑑を押したのでした。死ぬ間際まで姉は後悔して泣いていました。これが当時の状況で誰も責められなかったのです。あえて悪いと言えば、東条内閣(陸軍大臣)なのです。
   
 終戦の詔勅
017-001rs (1)
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%8E%89%E9%9F%B3%E6%94%BE%E9%80%81&action=edit§ion=8

gakuto-05m (1)  gakuto-09ml (2)


「雨の中、神宮外苑での学徒壮行会」昭和18年(1943年)10月21日、送られる学徒25.000人見送る女子学生ほか約50,000人の人々が集まった。東条首相の訓示,出陣学徒の答辞、最後に「海行かば」の大合唱で壮行会の幕を閉じた。此の壮行会に 出た出陣学生のうち約3000人が戦死したと言われている。」この写真の中に次兄も写っているのです。
入隊前のひと時

 001_20140810095626de0 (1)

撮影所で、笠智衆さんと次兄 

001_convert_20140815175703 (1)

真珠湾奇襲に成功したころは毎日の様にラジオで勝利の勇ましい行進曲「愛国行進曲」「若鷲の歌」等、戦意高揚の歌が流れていたが、昭和17年(1942年)6月5日ミッドウェー島攻略海戦で日本海軍は機動部隊の航空母艦4隻とその艦載機を多数一挙に喪失する大損害を被りミッドウェー島の攻略は失敗しこの戦争における主導権を失った。その頃からは(海ゆかば)(海鷲だより)が流れるようになっていった。戦況の悪化に伴って、20歳以上の学生の兵役免除がとかれ、文科系(および農学部農業経済学科などの一部の理系学部の)学生を在学途中で徴兵し出征させたのである。

201508032031263d7_201508121742360f8 (1)

親父の電気会社も戦中の統廃合で廃止され、その後鉱山技師として家族を残して家を出ました。戦争は総てを破壊していきます。
この建物も昨年の胆振東部地震で倒壊し現在は更地となっていました。

05_19 (1) 05_20 (1)

現存する千歳の航空廠     神風の鉢巻姿の挺身隊

1944年以降12歳以上の生徒や学生約300万人が動員されました。(10歳以上の児童、青年学校および中等学校の学徒500万人であった。)昭和19年3月、卒業と同時に組織された女子挺身隊の第1陣が、全国一斉に軍需工場等へ動員された。昭和18年秋には学徒出陣が行われ女子と言えども戦局からは逃げることが許されず、女子挺身隊の結成と成り、3種類の組織に分かれていた。その中で最も多くの未婚女性を動員したのは、女学校単位で結成された卒業生による挺身隊であった。
 当時の北海道庁立苫小牧高等女学校は北の守りとしての千歳海軍航空隊基地が近いためもあり、本科18回生として同月に卒業し、終戦まで千歳の航空廠に動員されていた。その中には学徒出陣の海軍士官も配属されていたと言う。私の3姉も挺身隊の一人である、長兄は病死し次兄の戦死広報を受け取り母はそのころが家庭的には一番寂しく悲しい時であったと思う。
帰還兵もいまや、94歳となり、この写真に写っている人は数人となりました。
母と姉と良く「白鴎遺族会」に出席して兄の話を聞くのが楽しみでした。母も戦友を自分の子供のように慕い泣いたり笑ったりの
姿を今でも思い出します。

018_20150727201728f29 (1) 018_20150813222317ccc (1) 017_201508132223160ab (1)



27a (1) 28a (2)


「明治29年(1896年)、月寒に独立歩兵大隊が置かれ、後に歩兵25連隊に改編されました。同連隊は、現在の月寒東1-3から東2-8にまたがる広大な敷地を持っていました。この松は兵営の正門前に植えられた2本の松の1本で、多くの兵士が出征するのを見送った松です(写真左)。歩兵25連隊の兵舎群は、昭和20(1945)年10月から22年までアメリカの進駐軍が「キャンプ・シーテンバーグ」として使用しました。(豊平区月寒中央通5丁目)」


北海道の部隊は、最強だと煽てられ(実際強かった)満州事変、ノモンハン、インパール作戦、沖縄へと激戦地に送られ多くの犠牲者を出しました。
連隊出身の帰還兵に私の勤務先にいた軍曹はいま95歳になりましたが、気骨があるのか、いまだに元気に一緒に飲むことがあります。大先輩が言うには(戦争ほど辛いものはない、普段威張っていた上官が戦場では、兵卒に後ろから撃たれて死んだ人もいたのだ・・泪)  実に悲惨な戦争だったのです。

長姉の主人もインパール作戦に参加して終戦を迎えB級戦犯として3年間抑留され、運よく帰還はしましたが、子供二人の教育は厳しく長姉の家庭も不幸な時期もありました。


003_20140806211013773 (1) 002_20140806210916726 (2)


遺族会の円山動物園    右側写真上段左、女優高峰秀子さんの実兄 平山教官 
私は、男の子として兄の敵討ちとして海軍に志願しようと思っていましたが、国民学校一年生のときに敗戦を知らせられ悔しさを持った記憶があります。
婦人たちは(これで防空壕に入ることもなくなるねー)と喜んでいたものです。お国を挙げて戦争に賛意をしていたわけではなかったのです。
「軍隊に入りたくないので大学に入ったのに徴兵とは・・」「農家の息子で家が貧しいので軍隊に入り給金をもらい親を助けたいと思った」と証言する人もいる。今だから言えるのだが、必ずしも「皇国に身をささげた」兵士ばかりではないのである。

親兄弟姉妹は笑って送ったのだが心底は「生きて帰ってきてね~・・」と思っていたのである。


♪ いよいよこれが 最後です
 父さん母さん お元気で
 白木の箱が 届いたならば
 たいした手柄じゃ ないけれど
 泣かずに賞めて  下さいね ♪


 自らも戦争体験をした故新藤兼人映画監督が映画を通して発信し続けたメッセージ「戦争は絶対してはいけない」
深く心に刻まれている。
「戦争は政治の延長」とか「外交の延長」と言われています。戦争と言う国策は「政治の失敗」だと言う事らしい。
国家総動員で戦争を指導した(東条首相・陸軍大臣)は まさに、その典型であろう。

いま又安倍総理は政治において「安保法制法案」と言う「戦争法案」を成立させ、憲法改悪をして自衛隊を国軍化し再び国民を悲劇の道へと誘導しています。
断固として「アベ政治は許さない」と叫ぶ必要があるのです。


「プロ野球」
DeNAパットン罰金500万、冷蔵庫殴り右手負傷
8/13(火) 18:02配信 日刊スポーツ
ダウンロード (41)

DeNAスペンサー・パットン(2019年7月2日撮影)
DeNAは13日、3日の巨人戦でベンチの冷蔵庫を殴り、利き手の右手を負傷したスペンサー・パットン投手(31)への処分を発表。
今期は絶望である。

DeNaは最大0・5差にまで巨人に迫ったが中継ぎ・抑えのパットンがあるまじき行為で横浜の期待を裏切った。その後投手陣は崩壊してヤクルトには連敗優勝戦線から脱落した。(喝)




豊島名人が第32期竜王挑戦者決定三番勝負第1局を制す
挑戦者決定三番勝負第1局は、19時33分、82手で豊島名人の勝ちとなりました。消費時間は▲木村4時間18分、△豊島3時間9分。
これで豊島名人は七番勝負登場まであと1勝としました。挑戦者決定三番勝負第2局は8月23日(金)に、東京・将棋会館で行われます。


巨人・菅野43日ぶり9勝目 原監督「追い風に」巨人のエース復活

 「広島1-7巨人」(14日、マツダスタジアム)

 巨人のエース復活のマウンドだった。菅野が8回5安打1失点の好投で今季9勝目。7月2日以来となる、43日ぶりの勝ち星に「苦しかったですけど、いいピッチングをすれば、いい結果につながると思っていた」と苦労が報われた右腕は控えめにほほ笑んだ。


 台風10号の影響で天気は不安定だった。試合が一時中断したが集中力は切らさなかった。150キロ台の直球と多彩な変化球を駆使。八回1死でメヒアの投前ゴロを送球する際に左足首をひねって転倒したが(記録は失策)、周囲の心配をよそに続投。自身の投球を振り返った右腕は「低めに丁寧に根気強く投げられた」と満足そうに胸を張った。

 エースが本来の姿を取り戻し、チームは快勝。9連戦の最終カードで勝ち越しを決めた。敵地で宿敵を破り、原監督も「この勝ち星は、彼にとっても、チームにとっても追い風になる」と笑顔。2位・DeNAとのゲーム差を4に広げた。


☆ただいま帰宅しました。しかし、精密検査で終わり、左目の手術は9月5日2泊3日の予定となりました。右目は9月30日2泊3日の予定です。今月28日に手術前の検査と手術・入院についての説明があります。瞳孔を開きましたので未だに目がぼんやりとしていますのでコメント返しは遅くなるかと思います。報告まで。☆

阪神4番“マルデ”ダメ…勝負所で5回三ゴロ併殺
[2019年8月16日22時42分]

巨人対阪神 5回表阪神1死一、二塁、マルテは三ゴロ併殺打に倒れ、がっくり(撮影・加藤哉)


<巨人2-1阪神>◇16日◇東京ドーム

阪神4番ジェフリー・マルテ内野手は勝負どころで凡退した。1点を追う5回1死一、二塁で桜井のカットボールを引っ掛けて三塁併殺打に倒れた。

8回は無死一塁で四球を選んだシーンを「あの状況では何であれ、塁に出ることが大事だと思っていた」と振り返った。

つなぎの打撃はこなしても、かえす打撃はまだすごみが出ない。得点圏打率2割2分9厘が物足りなさを物語っている。

◆マルデダメなら、、-270の打率があるのだから還す役目でなくチャンスメーカーとして1番に起用し、2番が同じくサラに悪いサラワレテを当てて、3番陽川・4番近本・5番木浪でクリーンアップを組んだ方が面白いと思う。今の打順は福留以外は無理というもんだ。投手の西や高橋遥人がかわいそうだ。皆殺しの歌である。矢野監督・コーチの奇抜な発想を期待したい。◆






広島 バティスタ ドーピング検査で陽性反応 登録抹消
2019年8月17日 15時58分

プロ野球の広島は、サビエル・バティスタ選手について、NPB=日本野球機構からドーピング検査で陽性反応を示したと通知されたことから17日、1軍の出場選手登録を抹消しました。
NPBによると、バティスタへのドーピング検査は6月上旬に実施。陽性反応を示し、その後に検査した予備の検体も陽性反応となった。球団は調査裁定委員会の制裁を待って、詳細を発表するとしている。バティスタは自宅謹慎となった。



矢野監督がAクラス入り諦めない本当の理由 歴代監督の“1年目のジンクス”打破なるか
8/17(土) 16:56配信 夕刊フジ
矢野監督がAクラス入り諦めない本当の理由 歴代監督の“1年目のジンクス”打破なるか
矢野監督にはAクラスを諦められない理由がある

 【トラとら虎】

 阪神の矢野耀大監督(50)は3位のDeNAに4・5ゲーム差(16日現在)をつけられているが、Aクラス入りに執念を燃やしている。

 背景に歴代監督のジンクスがある。1985年、吉田義男監督が就任1年目に優勝を果たして以降、昨年まで10人が監督を受け継いだが、全員が1年目はBクラスに終わっているからだ。

 88年村山実6位、90年中村勝広6位、96年藤田平6位、97年吉田義男5位、99年野村克也6位、2002年星野仙一4位、04年岡田彰布4位、09年真弓明信4位、12年和田豊5位、16年金本知憲4位。星野監督時代までは戦力不足で同情の余地はあるが、以後は戦力がありながら誰もが期待を裏切った。

 「理由は初采配の戸惑いや戦力を十分把握できなかったこと。その証拠に2年目はみんな順位を上げた。矢野監督が初陣のハンディを克服して前年の最下位からAクラス入りに成功すれば、評価が高まるのはいうまでもない」と球団幹部は断言する。

 後半戦に入り思い切った打開策を講じてきたのもAクラスへの執着だ。安定感のないドリスに代わり藤川をストッパーに配置転換。我慢して4番に据えてきた大山を106試合目にして外している。目下、藤川は5セーブ。負担の軽くなった大山は5、6番で逆転サヨナラ弾や決勝打といった活躍を見せている。

 既に藤原オーナーは最終的な結果に関わらず矢野監督の来季続投を明言しているが、指揮官はこれに一切反応せず、ひたすらAクラス入りを目指す。晴れて達成すればジンクス打破の快挙になる。(スポーツライター・西本忠成)


現在進行中の第69回NHK杯将棋トーナメント、8月18日(日)は、2回戦第1局、稲葉陽八段VS里見香奈女流五冠 戦がNHK Eテレで放送されます。

両者はこれまでに1回対戦し、里見女流五冠が勝っています。



8月17日に第9期リコー杯女流王座戦本戦トーナメント(渡部愛女流三段vs伊藤沙恵女流三段)が行われ、108手で伊藤女流三段が勝利しました。


棋譜:渡部愛女流三段 対 伊藤沙恵女流三段(日本将棋連盟)

本戦トーナメント表

スポンサーサイト



            
                 ♪応援よろしくね~♪    にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ