不思議な不正義2 2018年08月15日

終戦記念日と安倍政権&「将棋」


[昭和天皇「終戦の詔勅」玉音放送]



戦後73年目を迎え、あの忌まわしい戦争が忘れ去られようとしています。しかし、次世代に伝えていかなければ成りません。帰還兵も93歳を超えました。私の次兄は海軍飛行予備学生として舞鶴航空隊に入隊、三重空を経て大連基地へ派遣され、朝鮮西海岸で戦死しました。実は両親は志願を認めず印鑑を押しませんでした。しかし、長姉が隠れて印鑑を押したのでした。死ぬ間際まで姉は後悔して泣いていました。これが当時の状況で誰も責められなかったのです。あえて悪いと言えば、東条内閣(陸軍大臣)なのです。
    終戦の詔勅


http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/3935/ww2/syusen.html


 東条首相の訓示
  
 「雨の中、神宮外苑での学徒壮行会」昭和18年(1943年)10月21日、送られる学徒25.000人見送る女子学生ほか約50,000人の人々が集まった。東条首相の訓示,出陣学徒の答辞、最後に「海行かば」の大合唱で壮行会の幕を閉じた。此の壮行会に 出た出陣学生のうち約3000人が戦死したと言われている。」この写真の中に次兄も写っているのです。

当時は大本営発表がすべての情報で、戦況を知るにはラジオ新聞だけですから、この方達をコントロール出来れば大本営発表はそのまま国土に流れます、検証も無しで。日本軍が優勢な局面ばかりを発表していたのです。嘘ばかりだったのです。

何故か刃向ったらアナウンサー.記者.カメラマン連中は片っ端から激戦地最前線行の赤紙を出すと政府はハッキリ言ってますから御身大事.死にたくない等でそのまま垂れ流しだったのです、開戦前から軍に全面協力の新聞社も数社有りまして国民は耳栓状態でした。




真珠湾奇襲に成功したころは毎日の様にラジオで勝利の勇ましい行進曲「愛国行進曲」「若鷲の歌」等、戦意高揚の歌が流れていたが、昭和17年(1942年)6月5日ミッドウェー島攻略海戦で日本海軍は機動部隊の航空母艦4隻とその艦載機を多数一挙に喪失する大損害を被りミッドウェー島の攻略は失敗しこの戦争における主導権を失った。その頃からは(海ゆかば)(海鷲だより)が流れるようになっていった。戦況の悪化に伴って、20歳以上の学生の兵役免除がとかれ、文科系(および農学部農業経済学科などの一部の理系学部の)学生を在学途中で徴兵し出征させたのである。


入隊前のひと時 撮影所で、笠智衆さんと次兄 

 

https://blogs.yahoo.co.jp/openuniversity2010/33966286.html
親父の電気会社も戦中の統廃合で廃止され、その後鉱山技師として家族を残して家を出ました。戦争は総てを破壊していきます。
 


現存する千歳の航空廠     神風の鉢巻姿の挺身隊

1944年以降12歳以上の生徒や学生約300万人が動員されました。(10歳以上の児童、青年学校および中等学校の学徒500万人であった。)昭和19年3月、卒業と同時に組織された女子挺身隊の第1陣が、全国一斉に軍需工場等へ動員された。昭和18年秋には学徒出陣が行われ女子と言えども戦局からは逃げることが許されず、女子挺身隊の結成と成り、3種類の組織に分かれていた。その中で最も多くの未婚女性を動員したのは、女学校単位で結成された卒業生による挺身隊であった。
 当時の北海道庁立苫小牧高等女学校は北の守りとしての千歳海軍航空隊基地が近いためもあり、本科18回生として同月に卒業し、終戦まで千歳の航空廠に動員されていた。その中には学徒出陣の海軍士官も配属されていたと言う。私の3姉も挺身隊の一人である、長兄は病死し次兄の戦死広報を受け取り母はそのころが家庭的には一番寂しく悲しい時であったと思う。
FC2 ブログランキング
    


   002_20140806210916726 (1)


遺族会の円山動物園    上段左、女優高峰秀子さんの実兄 平山教官 

帰還兵もいまや、93-95歳となり、この写真に写っている人は数人となりました。
母と姉と良く「白鴎遺族会」に出席して兄の話を聞くのが楽しみでした。母も戦友を自分の子供のように慕い泣いたり笑ったりの
姿を今でも思い出します。
  











「明治29年(1896年)、月寒に独立歩兵大隊が置かれ、後に歩兵25連隊に改編されました。同連隊は、現在の月寒東1-3から東2-8にまたがる広大な敷地を持っていました。この松は兵営の正門前に植えられた2本の松の1本で、多くの兵士が出征するのを見送った松です(写真左)。歩兵25連隊の兵舎群は、昭和20(1945)年10月から22年までアメリカの進駐軍が「キャンプ・シーテンバーグ」として使用しました。(豊平区月寒中央通5丁目)」


北海道の部隊は、最強だと煽てられ(実際強かった)満州事変、ノモンハン、インパール作戦、沖縄へと激戦地に送られ多くの犠牲者を出しました。
連隊出身の帰還兵に私の勤務先にいた軍曹はいま94歳になりましたが、気骨があるのか、いまだに元気に一緒に飲むことがあります。大先輩が言うには(戦争ほど辛いものはない、普段威張っていた上官が戦場では、兵卒に後ろから撃たれて死んだ人もいたのだ・・泪)  実に悲惨な戦争だったのです。

長姉の旦那もインパール作戦に参加して終戦を迎えB級戦犯として3年間抑留され、運よく帰還はしましたが、子供二人の教育は厳しく不幸な時期もありました。

私は、男の子として兄の敵討ちとして海軍に志願しようと思っていましたが、国民学校一年生のときに敗戦を知らせられ悔しさを持った記憶があります。
婦人たちは(これで防空壕に入ることもなくなるねー)と喜んでいたものです。お国を挙げて戦争に賛意をしていたわけではなかったのです。
「軍隊に入りたくないので大学に入ったのに徴兵とは・・」「農家の息子で家が貧しいので軍隊に入り給金をもらい親を助けたいと思った」と証言する人もいる。今だから言えるのだが、必ずしも「皇国に身をささげた」兵士ばかりではないのである。

親兄弟姉妹は笑って送ったのだが心底は「生きて帰ってきてね~・・」と思っていたのである。




♪ いよいよこれが 最後です
 父さん母さん お元気で
 白木の箱が 届いたならば
 たいした手柄じゃ ないけれど
 泣かずに賞めて  下さいね ♪


 自らも戦争体験をした故新藤兼人映画監督が映画を通して発信し続けたメッセージ「戦争は絶対してはいけない」
深く心に刻まれている。
「戦争は政治の延長」とか「外交の延長」と言われています。戦争と言う国策は「政治の失敗」だと言う事らしい。
国家総動員で戦争を指導した(東条首相・陸軍大臣)は まさに、その典型であろう。

いま又安倍総理は政治において「安保法制法案」と言う「戦争法案」を提出し、再び国民を悲劇の道へと誘導しています。
断固として「アベ政治は許さない」と叫ぶ必要があるのです。



一昨年NHkで放映された下記の動画を見て戦争終結の手段としての原爆投下の真相がいささか判明いたし、驚きました。
最近は動画はすぐ消されることが多いので動画を探してアップした次第です。
NHKスペシャル「決断なき原爆投下 ~米大統領 71年目の真実~」





「原爆投下は戦争を早く終わらせ、数百万の米兵の命を救うため、2発が必要だとしてトルーマンが決断した」。
アメリカでは原爆投下は、大統領が明確な意思のもとに決断した“意義ある作戦だった”という捉え方が今も一般的だ。その定説が今、歴史家たちによって見直されようとしている。
アメリカではこれまで軍の責任を問うような研究は、退役軍人らの反発を受けるため、歴史家たちが避けてきたが、多くが世を去る中、検証が不十分だった軍内部の資料や、政権との親書が解析され、意思決定をめぐる新事実が次々と明らかになっている。
最新の研究からは、原爆投下を巡る決断は、終始、軍の主導で進められ、トルーマン大統領は、それに追随していく他なかったこと、そして、広島・長崎の「市街地」への投下には気付いていなかった可能性が浮かび上がっている。それにも関わらず大統領は、戦後しばらくたってから、原爆投下を「必要だと考え自らが指示した」とアナウンスしていたのだ。
今回、NHKでは投下作戦に加わった10人を超える元軍人の証言、原爆開発の指揮官・陸軍グローブズ将軍らの肉声を録音したテープを相次いで発見した。そして、証言を裏付けるため、軍の内部資料や、各地に散逸していた政権中枢の極秘文書を読み解いた。
「トルーマン大統領は、実は何も決断していなかった…」
アメリカを代表する歴史家の多くがいま口を揃えて声にし始めた新事実。71年目の夏、その検証と共に独自取材によって21万人の命を奪い去った原爆投下の知られざる真実に迫る。


石破茂氏がテレビで安倍政権を大批判 目指すは「政府が嘘を言わない」政治

9月の自民党総裁選に出馬表明し、安倍晋三首相に挑む石破茂氏が8月11日、TBS「時事放談」に出演した。
掲げる「正直・公正」の意味を問われた石破氏は「政府が言ってることは信頼できる、嘘言っていないよね、証拠を書き換えたりしないということ」と述べた。
森友・加計問題で信頼を勝ち取ることができず、財務省や防衛省で公文書を書き換えた安倍政権を真っ向から批判した。


石破氏は番組内で語気を強め「政府は公正であらねばならい。本当に公正か、そこにえこひいきはないか?政府は謙虚でないといけない」と加計問題を念頭に批判。

政府や首相を信頼できないという世論調査に基づき、信頼を取り戻すことが重要であると強調した。
総裁選について、石破氏は「国民に安倍さんと私が何が違うかを理解してもらいたい。アメリカの大統領選のようなディベートをやりたい。憲法、外交、財政、社会保障などテーマを区切ってやりたい」と要望した。
ただし、石破氏が不利な状況には変わりはない。自民党の派閥は多くが安倍首相支持を表明しており、安倍支持をしないと「冷遇」も囁かれる。
石破氏は「支持しないと冷遇なんて自民党は見たことない。ポストは国家、国民のためにある。政権のためにはない」とし、「勝てる選挙でなければやらない。勝算はある」と述べた。

新ベンチャー革命さんのブログ
2018年自民党総裁選の行方を握る伏兵は意外にも、福田康夫・元総理かもしれない:選挙屋・ムサシを押さえ込めれば、石破氏が勝つはず
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37470342.html




叡王戦の概要

全棋士、女流棋士1名、アマチュア1名によるドワンゴ主催の将棋タイトル戦。
段位別予選、本戦トーナメントを行い、決勝進出者2名が挑戦者決定三番勝負。
叡王と挑戦者が七番勝負を行う。詳しくは■出場棋士: 全現役プロ棋士、里見香奈女流五冠横山大樹アマ

シード棋士:金井恒太六段、丸山忠久九段、行方尚史八段、羽生善治竜王、佐藤天彦名人、菅井竜也王位、中村太地王座、渡辺明棋王
  <シード条件>前期叡王戦ベスト4以上、タイトル保持者
■対戦形式:段位別予選、本戦トーナメントを行い、決勝進出者2名が挑戦者決定三番勝負。 叡王と挑戦者が七番勝負を行う。
     

藤井7段が第4期叡王戦七段戦予選で勝ち進みあと2勝で本戦トーナメントに出場できる。仮定の話ですが、羽生竜王と対戦可能な1番早いタイトル戦となる可能性がります。

「女流囲碁」タイトル保持者
女流本因坊戦
謝 依旻六段

第36期 優勝者
謝 依旻六段
1981年設立
共同通信社 他主催
優勝賞金 550万円

女流立葵杯
藤沢里菜四段

第5回 優勝者
藤沢里菜四段
2014年設立
日本棋院主催
優勝賞金 700万円

女流名人戦
藤沢里菜四段

第30期 優勝者
藤沢里菜四段
1988年設立
産経新聞社 他主催
優勝賞金 350万円

女流棋聖戦
上野愛咲美二段

第21期 優勝者
上野愛咲美二段
1997年設立
日本棋院主催
優勝賞金 500万円

扇興杯女流最強戦
万波奈穂三段

第3回 優勝者
万波奈穂三段
2015年設立
日本棋院主催
優勝賞金 800万円
☆謝女流本因坊が、一時はタイトルを独占していましたが、若い女流が台頭してきて群雄割拠になりました。囲碁将棋を通じて賞金が減少傾向にあり大企業の支援金や新聞社もネットに押されている証拠と思います。また読売新聞が自己主催の竜王戦にだけしか支援しないことも大きな要因です。日本文化発展と維持のため政府も勲章だけでなく、補助金を助成し日本棋院、日本将棋連盟を支援してほしいと願うものです。☆

大山、期待に応える一打=プロ野球・阪神
8/16(木) 23:00


 阪神の大山が代打で大仕事を果たした。同点の八回無死満塁から決勝打。2ボール2ストライクからの6球目、広島フランスアが投じた高めの直球を中前へはじき返した。

 代打の切り札の原口がベンチに控える中での起用に「自分を送り出してくれた期待に応えたかった」と値千金の一打を振り返った。期待の2年目の活躍に金本監督は「原口は左投手によくない。速い球に強い大山でいった。よくやってくれた」とご満悦だった。



最終局、残留争いのドラマ 囲碁名人戦リーグ


囲碁名人戦リーグには、挑戦者争いのほかに残留争いというもう一つのドラマがある。参加9人のうち、毎年成績下位の3人が“黄金のイス”と呼ばれる席から立ち去らねばならない。昨年12月に開幕した第43期名人戦リーグは今月2日に最終4局が一斉に打たれ、全局が残留争いに絡む厳しい勝負となった。

 最終局を前ログイン前の続きに、来期のイスを確保していたのは張栩九段、芝野虎丸七段、山下敬吾九段、羽根直樹九段の4人。残る二つのイスを5人が奪い合う形で最終ラウンドになだれ込んだ。

 残留争いの5人は、前期成績を反映したリーグの序列順に、前名人の高尾紳路九段(2勝5敗)▽村川大介八段(2勝5敗)▽河野臨九段(3勝4敗)▽黄翊祖八段(2勝5敗)と、すでに7月に全日程を終えた余正麒七段(3勝5敗)。

 同星で並ぶと序列上位者が生き残る。最下位の余は5敗の3人が全員負けないと残れない。5敗者も負ければ即陥落の崖っぷちに立たされていた。リーグ落ちすると、来期のリーグ入りをかけた予選に回る。旬の猛者が集まる予選を突破するのは、容易ではない。

 最終ラウンドの組み合わせは村川―羽根▽芝野―黄▽張―高尾▽河野―山下。午前10時、一斉に対局開始。持ち時間は各5時間。

 午後5時17分、大阪・北浜の関西棋院であった村川―羽根戦が村川の勝利で終局。この結果、序列下位の黄と余の陥落が決まったが、村川自身は高尾か河野のどちらかが負けないと生き残れない。7期連続で来期を迎えると知ったのは、帰路についてからだった。

 東京・市ケ谷の日本棋院であった残る3局は、いずれも午後5時30分からの夕食休憩を取らず対局を続行。大阪の結果を知らない黄は芝野を相手に勝機を探ったが、午後6時7分に投了した。「これが実力。しょうがない」。強く意識する同期の井山裕太名人について「遠い存在ですが、いつか挑戦したい」と巻き返しを誓った。

 最も注目されたのは、全勝優勝をめざす張と、勝てば残留、負ければ陥落の高尾との対局だった。検討室では途中まで高尾優勢の意見が占めたが、張が小技の冴(さ)えを見せ、午後6時18分、高尾投了。

 前名人がリーグに戻って即陥落するのは初めて。名人在位を含め13期連続13回目のリーグ戦だった。「内容的にまずい碁、つまらないミスが多かった」。一方、有終の美を飾った張。井山が台頭する前、名人戦などを舞台に覇を競った2人の明暗がくっきり分かれた。 ♪応援宜しくね~♪     にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
main_line
main_line
プロフィール
                                 
                                 
Basic Calendar
<07 | 2018/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログランキング
☆いつも不思議な不正義2へご訪問ありがとうございます。☆ ☆コメント有難う御座います☆ ♪応援宜しくね~♪  
名人戦速報
最新コメント
☆コメントありがとうございます☆
リンク
ブロとも一覧
☆お帰りの際はお立ち寄りくださいね。☆

小さなお花畑

国分寺南町 はしご茶屋

ちょっと寄り道しませんか?

癒し。。。ing...

あんこときなこ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

chankochan写してみました

東京ぶらぶらり

想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

クララな気分

ぷーことおてて

TOMATOの夢物語

差別と歴史上の人物

日本の為に戦ってくれた英霊を忘れない

タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

小柄なバニ姫♪ ~私はゴウです~

空想Cafe 『日ごろ景色』

山龍の『一言一句徒然草庵』

クマさんと一緒

ちわぷー『イヴ』と薔薇色の明日

ジョニ子@54

重箱石の、ここだけのナイショ話。

ビーチサイドの人魚姫

生駒から毎日の不思議を探して

わくわく株式投資

京都(春夏秋冬)おすすめ観光案内(Four seasons in Kyoto)

カナダから雑学発信

こゆきの 寄り道 還り道 カメラ散歩♪

もっとインターネットを楽しもう♪

"...Minnieの「花鳥風月」.....!!"

猫さんと絵と私と

あいもかわらず...気ままな日々をおくっています♪

アメコカリキの世界

M字ハゲおやじの野望 ~season2~

残り3分の1・・・人生

デジカメ初心者のブログ。

【山川草木】鐵道紀行

A.T.フィールド全開!!

日本の四季(歳時記)

無事にね!

◎あちこち神社◎

お気楽さんの長閑なひととき

なんでもあり

エセ関西人の野望!!

ピンクすずらん姫

姫っちのお庭

purotokoのブログへようこそ

世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

ノーベル賞候補犬 サンちゃん

まん丸、メジャーへの道  5

大阪からすぐの通信制 京都美山高校

「しん」の思考亭♪

火炎放射

大日本者神國也

自然から元気 あなたのためにできること

ゆっくりブログ (AC癒しのメッセージ)

気楽に役立たZOO

高橋さんの写真記念館

竹林乃方丈庵

不公正な国家賠償訴訟

冬音のどーでもいい日記

何気ない日々の出来事

猫が来た! 〜梅吉くんとまつこちゃん〜 ときどき、かぐ竹

弱者のネット活用術

Wonder_Ryuchanの大人の日記

洒落た日々喜楽

私は、姑。

美雨の部屋へようこそ

野の花とネコ達の四季

戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

柚子麦畑で猫Life。

ハートフルスケッチ
FC2アクセスカウンター
2017・4・15設定 現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
天気予報