周辺 - 不思議な不正義2

周辺

        

将棋をする孫と中島公園で迷う爺い

category - 周辺
2017/ 06/ 03
                 
dcf583ad868b91f247c58ba0ece0c441 (1) 
HPからの写真
 

 
1昨年の(ばらと公園内)シャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ ホテル&スパリゾートで合って以来の息子夫婦と孫との再会の日が来た。事情が変わって厚別区の海鮮料理「魚鮮」をキャンセルして、息子が家まで迎えに来てくれ、新札幌地下鉄駅から大通り駅で乗り換え宿泊先の「中島公園駅」で降り歩いて2分ほどのホテルに着いた。
 

ホテルの23階の部屋に入ると懐っこい少し大人びた孫が迎えてくれた。23階の窓から見ると東西を分ける豊平川の河畔が綺麗に一望できた。手稲連邦もかすかに覗かれた。札幌ドームも見える。ホテルの温泉に入り楽しい夕食の宴会場へ、孫はソフトで将棋を愉しんでいた。藤井4段効果か・・子供のとき息子に将棋を教えたことがあり、下手では有ったが孫に教えたという。私の血筋が少しでも引いて呉れたと勝手に思い嬉しくなったものだ。

素敵な海鮮料理で飲食は相当の覚悟で控えていたのだが、つい美味しさに、かまけてジョッキと吟醸酒を飲むうちに初心を忘れ結構飲んだ気がした。汗)
 
孫が天文台を見たいということで中島公園入り口から、豊平館のツツジを見ながら天文台に着いた。

 
雲の流れの合間から時折顔を出す三日月か半月か綺麗に見えて孫は喜んで中々離れようとしなかった。子供の夢は将来に良き影響を与えるものだと思う。
 
ここまではよかったのだが、やはり少し酔っていたのか、近くの札幌コンサートホールKitara(サツポロ交響楽団活動拠点)方面に行ったのが、運の尽きで道に迷い始めたようだ。狐の嫁入りのように何処を歩いているのかが分からなくなり、孫たちのいる天文台には着く事ができなくなった。はぐれてしまったのだ。携帯電話が無いのが命取りである。あっても使えないのだが・・・汗)


めくら滅法に歩いていたら明るい光が見て取り合えずホテルにいったん戻ろうと決意した。フロントに聞いたら息子夫婦は部屋にはいなかった。また中島公園駅に行って待つことにした。必ず諦めてこの駅の前を通るだろうと想像したからだ。しかし、30分ほど待っていたが寒いのでまたホテルに戻ってみたら息子から電話があったと聞き立っていたらフロントの係りが交番に電話した。直ぐ警察官と息子夫婦と孫が現れた。寒さで凍死でもしたらと交番で捜索願を出したらしい。親が思う以上に子供は親を思っていることが分かり恥ずかしいと言うより極めて多大な心配と迷惑を掛けたことに深い反省と後悔に曝された。泣)”老いては子に従え”というが全くその通りであった。最後に折角の親孝行に対して裏切るような行動をとった事を深く謝りたい。

夜も更けて地下鉄では無理と息子がタクシーで家まで送ってくれた。車中で「お父さん、年をとると知らず知らずのうちに認知症が進行するものだよ・・」という言葉が身にしみて納得して感謝した次第。”息子よ・・本当に有難う”


「野球速報」
阪神 岡崎プロ初本塁打で逆転勝ち
交流戦 阪神4―2日本ハム ( 2017年6月3日 甲子園 )
  

4回1死三塁、岡崎が左越えに1号逆転2ランを放つ

Photo By スポニチ
 阪神が逆転勝利で連敗を止めた。

 初回に先制されたが3回に糸井の中前適時打、4回に岡崎が左翼ポール際にプロ初となる1号2ランを放ち逆転、8回には鳥谷の右中間への適時打で加点した。先発の青柳は6回途中まで2失点で今季2勝目を挙げた。

 日本ハムは近藤の適時打とレアードの犠飛で2点先取も先発メンドーサが一撃に泣き、連勝も3で止まった。
大事な試合を良く頑張って勝ち取った。!セリーグでは広島カープとタイガースの2チームだけが勝ち後は全部負けた。パリーグ優先は代わらない。
<日本生命セ・パ交流戦:阪神-日本ハム>◇4日◇甲子園

 14時開始予定。予告先発は阪神が小野泰己(17D2)、日本ハムが村田透。虎進撃せよ!六甲山登れ!トラ・トラ・トラ!


巨人はドロ沼の9連敗 村田の350号のメモリアル満塁弾実らず オリックスは6連勝

 ◆日本生命セ・パ交流戦 中日1―5楽天(3日・ナゴヤドーム)

 中日・荒木雅博内野手(39)が4回1死の第2打席で右前安打を放ち、通算2000安打を達成した。


「阪神劇報」


ヒーローはまた岡崎!阪神サヨナラ勝ち「昨日と一緒なんですけど最高です!」

「交流戦、阪神4-3日本ハム」(4日、甲子園球場)
 阪神が延長十一回、岡崎太一捕手(33)の左翼線に適時打を放ち、サヨナラ勝ち。日本ハムに2勝1敗で勝ち越した。
 阪神は3-3で迎えた延長十一回、日本ハム8番手・エスコバーを攻め立て1死満塁のチャンスを迎える。ここで前日のヒーロー・岡崎がフルカウントからの13球目を左翼線に決着を付ける一打を放った。
 2点を追う九回には日本ハム・増井の3連続四球で無死満塁のチャンスを迎える。糸原の二ゴロ、代打原口の中前適時打で、土壇場で同点に追いつき、延長戦に突入する。ドリス、マテオがそれぞれ1イニングを無失点で抑えた後の十一回にサヨナラのチャンスをつかんだ。

☆勝つと負けでは雲泥の差の中、この1勝は、大きい!来週は6連勝中のオリックスである。糸井の恩返しと梅野のリード振りが注目である。☆

宜しくお願いいたします。!☆



プロ野球ランキング
スポンサーサイト
             拍手⇒             
                                  
        

阪神も桜も満開です!

category - 周辺
2017/ 05/ 06
                 
   
 



松前や札幌でも南のほうは桜が咲いているのだが、わが街は気温が低いせいか、やっと昨日蝦夷山桜が咲いた。昨年見たときはもっと綺麗な桜並木だったが、何十年も経ち樹木が腐食して伐採したと聞きました。元々が自然公園としてあまり輸入した植樹をしない建前の森林公園なのです。

厚別区役所付近の科学館前には良くパトカーが停まっている。警戒地区なのでしょう。北のたまゆら温泉の無料バスの停留所でもある。温泉帰りの途中で降りてイオンやカテプリによるには便利な場所だ。

  
阪神3連勝で貯金6 首位・広島のお株奪う逆転勝ちで1ゲーム差

7回阪神無死、二塁打を放つ阪神・中谷将大=甲子園(撮影・飯室逸平)
 「阪神8-5広島」(5日、甲子園球場)
 2位・阪神が逆転勝ちで3連勝。首位・広島とのカード初戦をとり、貯金6でゲーム差を1に縮めた。

 3-4の七回1死二、三塁から梅野の左中間2点三塁打で逆転に成功。続く代打・原口の当たりは右前へのポテンヒットとなり梅野が生還。さらに糸井、福留の連続適時短長打でこの回一気に5点を奪った。
 0-4での四回は梅野の適時打で1点を返し、六回は北條、糸井の連続適時打で1点差に迫った。
 先発・メッセンジャーは6回6安打4失点。2番手の岩崎が今季初勝利を挙げた。また、上本は初回の二塁守備で負傷交代し、病院へ向かった。

”今年の阪神タイガースは強い”今までと違い、ビックイニングを作れるようになったことだ。上本・糸井・福留が連打で攻撃して中谷・北條、最近では打撃開眼したかの梅野が還す最高のパターンが出来つつある。
絶好調男の上本の怪我が痛いが、大事に至らないことを祈るのみだ。代役が頑張るしかない。
             拍手⇒