阪神タイガース - 不思議な不正義2

阪神タイガース

        

[阪神」大和・大山。ソフトバンク王手!

category - 阪神タイガース
2017/ 11/ 01
                 
 
 
今日から11月ですね~。昨日は2度目の雪が降りました。やがて北風が強くなり一面深い雪に覆われ、私の散歩も出来なくなり悩ましい季節となります。



揺れる大和…金本監督が熱血指導 FA前向きも「響くものはもちろんあります」
ダウンロード (3) 

 打撃練習を終えた大和は金本監督(左)からアドバイスを受ける(撮影・山口登)

 国内FA権の資格取得条件を満たしている阪神・大和内野手(29)が28日、秋季練習で金本知憲監督(49)から熱血打撃指導を受けた。本人は権利行使に前向きな姿勢を示しているが、残留を望む指揮官の気持ちも感じて「響くものはもちろんあります」と告白。揺れ動く心境、またレギュラー定着への並々ならぬ思いを語った。
 大和の心に、金本監督の熱いメッセージが突き刺さった。プロ12年目、国内FA権行使も視野に入れる男への個別打撃レッスン。「響くものはもちろんあります」。野球人生最大の岐路に立つ今、虎に対する思いが脳裏を駆け巡る。練習後、偽らざる本音を語った。
 「左打ちのきっかけをつくってくれたのは、金本監督ですし。監督を含めて12年間、ここでやれたというのは自分の財産なので…」

阪神・大山、打てる大型二塁手へ本格挑戦 目指せ!虎の山田哲人
10/29(日) 9:00配信 デイリースポーツ
阪神・大山、打てる大型二塁手へ本格挑戦 目指せ!虎の山田哲人
ダウンロード (5) 


 二塁のポジションに就き、ノックを受ける大山(右)=撮影・北村雅宏
 阪神・金本知憲監督(49)が28日、甲子園室内で行われた秋季練習後に大山悠輔内野手(22)を本格的に二塁へ挑戦させる考えを明かした。

【写真】金本監督、大山に捕手以外全ポジション視野

 シートノックで二塁に入った大山のスローイングは、何よりも目を引いた。併殺プレーを完成させる上で近年、注目されてきた二塁手の肩。ここ数年は併殺を取れるはずの場面で取れないことが優勝を逃す要因の一つとして挙げられており、大山自身の打撃を見ればヤクルト・山田のような大型二塁手になる可能性も秘めるだけに「できるだけあの打撃は使いたいしね。あの肩も」と指揮官はうなずく。

阪神が、ソフトバンクの来季構想から外れた山田大樹投手(29)を調査することが31日、わかった。

 四藤慶一郎球団社長が今月18日のオーナー報告会で「投手の頭数が足りなかったという話は出ていた。
トータル的には一つの補強ポイント」と話しており、来季のV奪回へ向け先発陣の補強は不可欠。
ドラフトでは仙台大・馬場、亜大・高橋、九州三菱自動車・谷川らを指名したが、次なる一手に移った。

 山田は11年の交流戦で阪神戦に先発し4安打完封勝利を飾るなど7勝をマーク。
同年の日本シリーズではパ・リーグの育成出身選手としてシリーズ初勝利も記録した。
12年には8勝するなどしたが、選手層の厚いソフトバンクでは徐々に出場機会が減り、
ウエスタン・リーグで最多勝、最優秀防御率、勝率第1位の3部門でタイトルを獲得した昨季は4試合で1勝止まり。
今季は2試合で1勝に終わり10月29日に戦力外通告を受けていた。

 本人は現役続行を希望しており来季はまだ30歳と十分に活躍できる年齢。調査次第では獲得に乗り出す可能性もあり、
巻き返しを狙う猛虎が左腕の動向にも注視していく。


☆大和と俊介がFAの資格を獲得したため、万が一のため大山を2塁で使おうとしている。外人の大砲を獲得できた時には1塁手が多いのでそのためでもある。金本監督は基本的には生え上がりの選手を起用したい気持ちが強い。西岡もこのままでは終わらせたくない選手である。投手は別として野手は純国産でも戦える体制つくりに忙しい。!



2戦目の倉本のエラー
ソフトB、3連勝で2年ぶり日本一に王手!強力救援陣が好投、高谷が攻守で躍動
10/31(火) 22:27配信 ベースボールチャンネル
ソフトB、3連勝で2年ぶり日本一に王手!強力救援陣が好投、高谷が攻守で躍動
ダウンロード (6)

攻守で活躍を見せたソフトバンク・高谷裕亮捕手。
〇ソフトバンク3-2DeNA●(31日・横浜スタジアム)

 投手陣の好投が光ったソフトバンクがシリーズ開幕から3連勝を飾り、2015年以来2年ぶり、球団史上8度目となる日本一に王手をかけた。なお、4タテで日本一を決めたのは、2005年のロッテなど過去5例のみとなっている。
☆なんといっても2戦目の倉本のエラーが大きな岐路となった。2塁手の投球も悪かった。


清宮、中村を即戦力と報道することの違和感

https://victorysportsnews.com/articles/5616/original

 


【中日】森監督、ゲレーロ残留交渉について「まあ黙って見てな」

http://baseballnews.site/archives/152602


DeNAラミレス監督、シリーズ初勝利「19年待ち望んでいた勝利」

ダウンロード (9)

日本シリーズ初勝利で握手するDeNAのラミレス監督(左)と浜口=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)

 「日本シリーズ・第4戦、DeNA6-0ソフトバンク」(1日、横浜スタジアム)
 19年ぶりとなる日本シリーズ勝利をつかんだDeNAのラミレス監督は投打のヒーローを褒めたたえた。
 7回2/3を2安打無失点で白星をつかんだ先発左腕、浜口には「本当に信じられないぐらいの活躍。ルーキーには見えない投球をしてくれた」と絶賛。
 五回には、宮崎が先制ソロを放つなど打線は12安打で6点を奪った。
 その宮崎については「宮崎の本塁打が出て打線に勢いが出た。12本のヒットが出た打線はきょうは良かった」と振り返った。
 お立ち台ではファンの大声援に手を振って応え、日本語で「ありがとうございます」と感謝。そして「本当にうれしい。この初勝利、神様に感謝したい。19年待ち望んでいた日本シリーズの勝利です。勢いを取り戻せたのはファンのおかげです」と笑顔を見せていた。




「怖い事件が多発」
「8月下旬から9人殺害」 週1ペース連続か、逮捕の男

2017年10月31日 21時31分

ダウンロード (7)

9人の切断遺体が見つかった神奈川県座間市のアパート=31日午後(共同通信社ヘリから)


 東京都八王子市の女性(23)が行方不明になり、神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、1人に対する死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が「8月22日に引っ越して来てから9人殺した」と供述していることが31日、警視庁高尾署捜査本部への取材で分かった。
 捜査本部によると、白石容疑者は「金を奪う目的もあった」とも供述。遺体について「ばれると思ってなかなか捨てられなかった」と説明した。約1週間に1人のペースで殺害を続けたとみられ、計画的で猟奇的な連続殺人事件とみて、捜査本部は動機や詳しい経緯の全容解明を進める。

座間市のアパート事件 ミヤネ屋が裏の建物の屋上から生放送中継中に大家が激怒 「てめー降りろよ!」


座間市のアパートの部屋から9人の遺体が発見された事件を報じていた『ミヤネ屋』。
11月2日の放送では座間市の事件現場付近の建物の上から中山リポーターが事件現場のアパートを見下ろす形で中継。

中継開始時に「別の建物の屋上に許可を頂いて上がらせてもらいました」としていた。しかしそれから数分間中継を
行っていると「おら! 降りろよ! やめろ!」と言う男性の声が聞こえてきたのだ。宮根誠司がその声を気になったようで
「なんか声聞こえません?」とスタジオから呼びかけた。

すると中山リポーターが「不動産会社の方に確認させて頂いたのですが、大家さんの方でここ(屋上)やめなさいということなので、
今おりたいと思います」と屋上からの中継が中止となった。

どうやら別の建物の屋上に上がる許可は得ていたが、大家さんは上から撮られるのを良しとしなかったようで、
カメラを止めるように要請。それが中継中に声が入ってしまった。


安倍首相が増税撤回する可能性は十分 その根拠とは
https://www.news-postseven.com/archives/20171101_625075.html

♪応援宜しくね~♪




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
     
スポンサーサイト
            

            
                                  
        

阪神快勝。「秋分の日」「囲碁将棋情報」

category - 阪神タイガース
2017/ 09/ 24
                 
この1週間は、敬老の日や彼岸入り、秋分の日と祝日が続き俗に「シルバーウイーク」といわれているそうだ。昨日何時もの日帰り温泉に出かけたが高齢者で大混雑であった。秋晴れの露天風呂で温まり、朝食兼昼食(?)を取り良い気分で帰宅バスに乗り、居眠りをしてしまった。幸い隣のおくさんが声をかけていただき無事帰宅できた次第。汗)是で3回目であるが2回は温泉に戻り歩いて地下鉄で帰宅したが、寝不足と安定剤の影響かと思う。兎に角注意しなければならないことが多くなった。

阪神は、漸く気がついたのか、不調の大山を外し、ロジャースを先発起用したところ、2ランを含む3安打の猛打賞で勝利に貢献した。今季で退団予定だが立派な置き土産となり、複雑な気持ちになった。この勝利で2位が確定できたと確信できた。残り試合を5分で行けばの話しである。笑)

阪神・小野2勝目、昇格ロジャースは5号2ラン
ダウンロード  
5回、2ランを放つロジャース(撮影・飯室逸平)   
ダウンロード
  6回 ヤクルト・リベロの打球を失策する阪神・糸井(右) 手が腫れて病院直行した。心配ですねー。
                                      

maxresdefault (1)


 「ヤクルト1-8阪神」(23日、神宮球場)
 阪神が効果的に得点を重ね、大勝で連勝を飾った。ヤクルトとの今季最終戦。18勝7敗、対戦6連勝と大きく勝ち越した。
 試合は四回、1死満塁からパスボールで先制。大和の中前適時打で2点目を奪った。さらに五回にはロジャースの5号2ランで追加点。中盤に大きなリードを奪った。
ダウンロード
 先発の小野は中12日と間隔があいての登板。6四球と制球に苦しみ、「無駄な四球を出してしまい、球数が多くなった。反省しないといけない」と振り返ったが、5回3安打無失点と試合を作って、プロ2勝目をつかんだ。
 七回には梅野、代打・伊藤隼、俊介の3連続適時打で追加点。14安打、8得点の猛攻でヤクルトを圧倒した。
 この日、昇格したばかりのロジャースは、四回に左前打、五回に2ランを放つと、七回にも左前打でチャンスメーク。いずれも得点に絡むなど、即結果を残す形でアピールした。
 六回以降は岩崎、石崎、高橋、藤川とつなぎ、リードをしっかり守った。シーズンは残り9試合。ポストシーズンでの戦いに向けて、弾みが付く1勝になった。
☆下位のヤクルトとはいえ効率の良い勝ち方であり、金本監督も、大山鳴動・・・買い被りの大山の不調に気がつき、開幕時には活躍したロジャースを先発に起用した途端2ランは打つは、3安打の猛打賞で、今季退団が惜しい気持ちに生ってきた。大山は昨年のドラフト1位指名から驚かせた選手である。
育成のつもりなら春から徹底的に使えばよいものを、この忙しい時期には実力不足である。将来の4番打者にはなれる逸材には違いない。
厳しい筋トレで中谷.陽川・伊藤隼太らは長打者に成長したが、安定した打率がまだ悪い。掛布退団発表以来成績が悪かったので2位さえもあぶなくなっていた。この試合は一つの大きな良い意味の転機になるであろう。本塁打数が巨人を上回っているとは誰も知らないでしょうね^^3ー4点リードされていても昔の巨人みたいに後半で逆転できるチームに超変革したのである。中継ぎ。抑え投手陣の完璧さはセリーグ随一の鉄壁さである。昨日、巨人が負けたのでDeNAが3位に残れそうであるが、本拠地で迎える相手は、果たして巨人がよいのかDeNaがよいのかは神のみぞ知る。。。でありますが地元の熱い応援団の熱意がどちらでも虎が勝てる力を与えてくれる者と確信できた試合であった。☆


棋戦トピックス

順位戦A級、広瀬八段、深浦九段、豊島八段が4連勝
第76期A級順位戦の4回戦・5回戦の3対局が22日に行われました。 結果は以下の通りです。

【4回戦】
広瀬八段-三浦九段戦は広瀬八段が196手で三浦九段を、屋敷九段-深浦九段戦は深浦九段が107手で屋敷九段を下しました。

【5回戦】
稲葉八段-豊島八段戦は、豊島八段が123手で稲葉八段を下しました。

現在のA級の勝敗は下記の通りです。先日までの対局の結果、無敗を守っているのは豊島八段ただひとりです。

[A級成績一覧] ( )内は順位
【4勝0敗】豊島(10)
【2勝1敗】深浦(7)
【2勝2敗】羽生(2)、渡辺明(3)、広瀬(4)、久保(9)、三浦(11)
【2勝3敗】稲葉(1)、佐藤康(8)
【1勝2敗】屋敷(6)
【1勝3敗】行方(5)
前期も初のA級入りした稲葉8段が名人挑戦者になったが、今季も初めてA級入りした豊島8段が有利になった。羽生二冠は残り全勝するしかないが、それでも2差はかなり厳しくなった。





大熱戦を井山が制し、2勝1敗に【第42期名人戦挑戦手合七番勝負第3局】
2017年09月22日
棋戦情報
高尾紳路名人に井山裕太六冠が挑戦する第42期名人戦挑戦手合七番勝負(主催:朝日新聞社)の第3局が9月21、22日(木、金)に香川県高松市「喜代美山荘 花樹海」で行われた。

結果は241手まで黒番の井山が中押し勝ちをおさめ、シリーズ対戦成績を2勝1敗とした。終局は17時41分、持時間8時間のうち残り時間は黒番の井山が10分、白番の高尾が45分だった。

第4局は10月2、3日(月、火)に石川県小松市「旅亭懐石のとや」で行われる。
井山裕太六冠が再度七冠になるか。高尾名人が防衛か。


民進 前原代表「新党は同じ方向」衆院選での連携を模索
民進 前原代表「新党は同じ方向」衆院選での連携を模索
9月23日 17時19分
民進党の前原代表は愛媛県西条市で記者団に対し、東京都の小池知事に近い若狭勝衆議院議員らが発足させる新党について、第2の自民党にはならないという点で同じ方向を向いているとして、衆議院選挙での連携を模索する考えを示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170923/k10011153531000.html

ダウンロード
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170924/k10011154201000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004
自民党の福田峰之内閣府副大臣(53)=衆院比例南関東、当選3回=は24日午前、小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員と共に都内で記者会見し、自民党を離党し国政新党に参加すると表明した。理由について「自民党への批判はない。若狭氏と新しい社会に望まれる人材を輩出したい」と説明した。25日に離党届を提出する。

 現職の副大臣でもある与党議員の離党は、安倍政権にとって一定の打撃となる可能性がある。

 若狭氏はこれまで、細野豪志元環境相と結成する新党は「第2民進党」にしないと強調している。新党発足メンバーは、民進党の離党者を最小限に抑える方向となっており、若狭氏には、福田氏を迎えることで民進党色を薄める狙いもありそうだ。

 会見で若狭氏は「自民党の現職議員は福田氏が初めてだ。政策や考え方が一致しており、非常に心強い」と強調。「今後、考え方が一致するなら、自民党の人たちが新党に加わる可能性はあり得る」とも述べた。




ダウンロード

「官房長官が『将来的に警察庁長官を考えている』と聞いた」 東京新聞記者の質問に菅義偉官房長官「あり得るわけがない」
菅義偉(すがよしひで)官房長官は29日の記者会見で、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏に薬を飲まされ乱暴されたとして、女性が警察に被害届を出した問題をめぐり、捜査に関わっていたとされる当時の警視庁幹部について、菅氏が報道関係者に「将来的に警察庁長官を考えている」と語ったかどうかを問われ「あり得るわけがない」と不快感を示した。東京新聞の社会部記者の質問に答えた。

 記者は、警視庁幹部を名指しした上で「この方の判断で当日の逮捕が取りやめられたことが事実として出ている」と指摘。「私が取材したマスコミ関係者に聞いた」などとして事実関係をただした。

 これに対して菅氏は「そういう憶測の質問は控えてほしい。本人の将来に関わることだ。質問されるのであれば確かな事実をもとに質問すべきだ」と述べた。


【山尾志桜里氏不倫報道】「立証責任は報じられた側にある」という毎度毎度の論法に従い、山尾氏は真実を誠実に語ってくれるんですよね?









最新ニュース

【衆院解散】日本のこころ・中山恭子代表が「小池新党」参加へ 夫の中山成彬元文科相も
【衆院解散】福田峰之副大臣が新党参加表明 「社会望む人材出したい」 自民離党へ、若狭勝氏と会見写真あり
朝鮮地震、計2回発生 韓国気象庁、核実験の影響で「自然の」地震誘発か
【衆院解散】新党「非自民なら協力も」「18区は候補一本化」 民進県連大会で本村賢太郎新代表 神奈川
【衆院新潟5区補選】民進、社民、連合 野党候補一本化目指し前魚沼市長の大平悦子氏擁立 与党は泉田裕彦氏
【衆院解散】「解散に大義などない」と批判する野党議員ら だが、数カ月前には「早く解散しろ」と言ってませんでした?
【衆院解散】民進2候補が離党検討 “細野新党”に合流模索 静岡

【北朝鮮情勢】米のB1爆撃機、北朝鮮東方沖を飛行 “太平洋上の水爆実験”




【北朝鮮情勢】北朝鮮の李容浩外相、「容赦ない先制行動」辞さず 「トランプ氏は誇大妄想で精神錯乱」

麻生太郎氏の「武装難民来たら射殺するのか」発言に左派団体や識者ら猛反発 
沖縄地方議員が新政策集団「新しい風・にぬふぁぶし」旗揚げへ 翁長知事勢力を衆院選へ再構築
【北朝鮮情勢】米爆撃機、北朝鮮沖を飛行 「今世紀で最も北まで」
武力兆候には「先制行動」 北朝鮮外相が国連演説 ミサイル、米全土へ到達「避けられなくなる」


江川卓の悲劇再び?巨人澤村「はり治療ミス」が許せない理由
名参謀、麻生太郎の策略がズバリハマった「安倍解散」の真相












 ♪応援宜しくね~♪




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
     

     

 
            

            
                                  
        

阪神タイガースとカープの甲子園決戦!

category - 阪神タイガース
2017/ 09/ 22
                 

阪神が5点差大逆転!上本V打だ!3打点打!
先発は大瀬良&能見 広島-阪神スタメン発表

能見、初回2被弾いきなり5失点
ダウンロード

1回、松山(左)に右越えに先制3ランを打たれた能見
1回、先制3ランを浴びぼう然と立ちつくす能見
ダウンロード
優勝を決めたカープも一切手抜きの無い強力な布陣である。
 
「広島-阪神」(21日、マツダスタジアム)
 阪神の先発・能見が初回に2本塁打を浴び、5点を失った。
 まずは、1死一、二塁。松山にカウント2-1からの4球目、内寄りの142キロ直球を完璧に捉えられた。高々と舞い上がった打球は、そのまま右中間スタンドに着弾する先制の3ラン。さらに、悪夢は続いた。
 新井に四球を与え、1死一塁。今度はバティスタにも真っすぐを豪快に振り抜かれ、左翼後方の防球ネットまで運ばれた。2点を追加され、初回のスコアボードに「5」がが刻まれた。


1回5失点の先発阪神・能見篤史にベンチで厳しい表情の ...
■虎フアンは暗黒の世界に突き落とされた。私は今季は終わったと思った。泣)喝)この後、筋書きの無いドラマが待っているとは夢にも思わなかった。「広島6-10阪神」(31日、マツダスタジアム)
 リーグ連覇を狙う広島は、3年連続となる本拠地での開幕戦で3年連続の黒星を喫した。
この試合の再現が起きたのである。カープの怒涛の寄りで土俵際まで押されたが必死の踏ん張りで土俵中央まで押し戻しまるで四十八手全部を駆使して逆点勝利を成し遂げたのでした。☆その立役者が小兵の上本の3打点を上げた阪神の「義経」であった。!六回に大和の適時打から始まり、このところ「代打の神様」伊藤隼太らの5安打で、4点を奪って同点とした。甲子園は興奮の坩堝である。万歳。!
こうなれば、「勝利の方程式」の岩崎、藤川球児、桑原、マテオ、ドリスの鉄壁の中継ぎ・抑えの活躍があり、勝利の美酒に酔った次第です。”今年の阪神は強い”
上本、意地の反撃タイムリー 好調持続6試合連続安打


3回、左前に適時打を放つ上本

3回阪神、2死三塁、左前タイムリーを放つ阪神・上本博紀=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

 「広島-阪神」(21日、マツダスタジアム)
 好調の阪神・上本が意地の適時打だ。
 0-5のビハインドで迎えた三回。2死三塁のチャンスで、大瀬良の147キロをコンパクトに一振り。左前にはじき返し、三走・梅野が本塁に生還した。
 上本は、これで6試合連続安打。反撃ののろしを上げると、さらに安打と四球で2死満塁とチャンスを広げたが、ここは大山が三振に倒れて得点につながらなかった。
阪神 最大5点差を大逆転!同点の八回に上本が勝ち越し2点打.

8回、勝ち越し2点タイムリーを放ち二塁へ激走する上本 ...
広5―7神(21日) 阪神が5点差逆転勝ち | 共同通信 ニュース ...

8回阪神1死二、三塁、上本が左翼線に2点打.
今日だけで報酬は数百万円も上がるでしょうね^^


「囲碁情報」


第42期囲碁名人戦七番勝負
高尾紳路名人に井山裕太六冠が挑戦する第42期囲碁名人戦七番勝負。
 コウ争いの途中で封じ手となった第3局。封じ手時点のAI「棋神」の評価値は黒53%の勝率という判定だ。評価値としては微差で、ほぼ互角と判断しているようだ。ちなみに「DeepZenGo」の評価は黒54%、白46%。(村上耕司)


立会人の坂口隆三九段(左)に封じ手を渡す高尾紳路名人(右)。奥は井山裕太六冠=21日夕、高松市の旅館「喜代美山荘 花樹海」、筋野健太撮影

 白番の高尾名人が86手目を封じ、1日目が終わった。持ち時間各8時間のうち、消費時間は黒番の井山挑戦者が3時間46分、白番の高尾名人が3時間45分。
 2日目の明日22日は、午前9時に対局が再開される予定だ。(佐藤)

「速報」
名人戦第3局、挑戦者の井山裕太六冠が高尾紳路名人に黒番中押し勝ちしました。終盤では囲碁AI「棋神」も「黒の勝率67%」と判断していたようです。第4局は10月2、3日に行われる。


「将棋情報」


第65期王座戦五番勝負第2局、中村太地六段が勝利し2連勝

更新:2017年09月20日 10:50

第65期王座戦五番勝負第2局感想戦の模様羽生善治王座に中村太地六段が挑戦する第65期王座戦五番勝負第2局が9月19日に大阪府大阪市「ウェスティンホテル大阪」で行われ、後手の中村六段が156手で勝利し2連勝としました。第3局は10月3日、新潟県南魚沼市「温泉御宿 流言」で行われます。羽生二冠は7月には豊島7段(当時、現在8段でA級)、を破り棋聖位を確保したが、菅井7段に王位を奪取され、現在王座戦では2連敗とカド番に追い込まれ一気に二冠を失陥する危機に見舞われています。泣)
過密スケジュールによる疲れもあり、コンピューター世代との連戦でかってが違い正念場を迎えています。追われる物の宿命とも思いますが、このままではあまりの早い凋落振りに戸惑いがあります。名人戦ではは2勝2敗とまだ挑戦者に望みを繋ぐ位置にいます、又竜王位の挑戦者でもあり心機一転、捲土重来を期待するものであります。!


 王座戦は全棋士と女流棋士4人が参加。1次予選、2次予選のトーナメントを行い、2次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の16人による挑戦者決定トーナメントで挑戦者を決める。藤井四段が1次予選を突破するには本局を含めて4連勝が必要だ。

棋戦トピックス

[中継]第76期A級順位戦(4・5回戦の3対局)


更新:2017年09月22日 11:44

現在進行中の第76期A級順位戦、9月22日(金)は4回戦・5回戦の計以下の3対局が行われます。

【4回戦】
広瀬八段-三浦九段(東京・将棋会館)
屋敷九段-深浦九段(東京・将棋会館)

【5回戦】
稲葉八段-豊島八段(関西将棋会館)

この対局の模様は、名人戦棋譜速報と日本将棋連盟ライブ中継でご覧いただくことができます。

「結果」
棋戦トピックス

順位戦A級、広瀬八段、深浦九段、豊島八段が

第76期A級順位戦の4回戦・5回戦の3対局が22日に行われました。 結果は以下の通りです。

【4回戦】
広瀬八段-三浦九段戦は広瀬八段が196手で三浦九段を、屋敷九段-深浦九段戦は深浦九段が107手で屋敷九段を下しました。

【5回戦】
稲葉八段-豊島八段戦は、豊島八段が123手で稲葉八段を下しました。

現在のA級の勝敗は下記の通りです。先日までの対局の結果、無敗を守っているのは豊島八段ただひとりです。

[A級成績一覧] ( )内は順位
【4勝0敗】豊島(10)
【2勝1敗】深浦(7)
【2勝2敗】羽生(2)、渡辺明(3)、広瀬(4)、久保(9)、三浦(11)
【2勝3敗】稲葉(1)、佐藤康(8)
【1勝2敗】屋敷(6)
【1勝3敗】行方(5)


豪栄道(右)がはたき込みで貴景勝に敗れる=22日、両国国技館
ダウンロード
大相撲秋場所13日目は22日、両国国技館で行われ、単独トップの大関豪栄道は平幕貴景勝にはたき込みで敗れ、2連敗で3敗目を喫した。横綱日馬富士と新入幕朝乃山がそろって4敗を守り、差は1に縮まった。14日目に日馬富士と朝乃山が敗れ、豪栄道が勝てば、6場所ぶり2度目の優勝が決まる。

 日馬富士は関脇嘉風を寄り切り、朝乃山は大栄翔を浴びせ倒した。嘉風は5敗目。関脇御嶽海は7勝目を挙げ、小結栃煌山は負け越した。

 優勝の可能性を残す5敗は嘉風や貴景勝ら13人いる。十両は安美錦ら3人が4敗でトップ。

♪応援宜しくね~♪




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
     

 
 
            

            
                                  
        

阪神タイガースの奇跡とカープの強さ。

category - 阪神タイガース
2017/ 09/ 11
                 
残暑お見舞い申し上げいたします。
阪神、2試合連続サヨナラでDeNAを3タテ 伊藤隼太がV打で安ど「終わった…」


9回、サヨナラ打を放ちガッツポーズする伊藤隼(撮影・飯室逸平)


9回、サヨナラ打を放ち、仲間の祝福を受ける阪神・伊藤隼太(中央)=甲子園(撮影・高部洋祐)

 「阪神7-6DeNA」(10日、甲子園球場)
 阪神が2戦連続のサヨナラ勝ちで、同一カード3連戦3連勝を決めた。2死満塁から伊藤隼太がサヨナラ安打を放った。
 同点で迎えた九回、鳥谷が四球で出塁。続く糸井が今季初の4安打となる、右前打でチャンスメークした。俊介は三振に倒れた後、福留の打席で暴投が出た後に四球となり、満塁機となった。大山は三振に倒れ、伊藤隼が代打で入った。
 DeNAの6番手・三上との対決。2球ボールが続いてからストライクが2球入り追い込まれた。しかし、5球目の直球を右翼にはじき返した。右翼手の梶谷が追うのを諦めるほどの鋭い打球はフェンスに当たり、サヨナラ安打となった。
 ヒーローインタビューでは「打席に入る前に死ぬほど緊張していたんで、それから解放されてほっとしています。終わった…って感じですね」と喜びと安どが入り交じった表情を見せた。「回が始まる前から2アウト満塁なら投手に回るなと。(代打で出番が)回ってくるという予感がしていたので準備はしていましたけど…。正直、足は震えていましたね」と正直に振り返っていた。
 試合は序盤から、阪神が有利に進めた。初回、1死二塁から福留の中前適時打で先制。二回に先発のメンドーサが3点を失ったが、三回に4番・大山が一塁線を破る適時二塁打を放つと、2死満塁から坂本が押し出し四球を選び、勝ち越しに成功した。
 四回には糸井の13号ソロで追加点。リードを2点に広げたが、中盤に試合が暗転した。六回、2番手の榎田が3安打で1点を失うと、七回にはマテオが連打を浴びて1死一、二塁。続く代打・乙坂の打球を三塁鳥谷が後逸(記録は失策)し、同点のホームを許した。
 さらに八回、桑原が柴田にプロ1号ソロを献上。桑原は3月31日の開幕・広島戦で新井に本塁打を浴びて以来、今季2本目の被弾となった。連投となった勝利の方程式が踏ん張れず、思いも寄らぬ形で勝ち越し点を許した。メンドーサは5回を投げて6安打3失点で降板。移籍初星は目前で消えた。
 それでも八回、打撃陣が意地を見せる。俊介の四球後、福留がこの日4本目の安打でチャンスメーク。1死満塁で森越はフルカウントから、押し出し四球を選んだ。これが7年目でプロ初打点。試合を振り出しに戻したが、続く大和が遊ゴロ、坂本が空振り三振に倒れ、勝ち越しはならなかった。
 執念の攻撃で再々逆転勝利。2試合連続サヨナラ勝利は、2015年5月27、28日の楽天戦以来、2年ぶりとなった。また、3位・DeNAとの差は6・5ゲームに広がった。

阪神・伊藤隼「準備はしていましたけど…正直足は震えていました」



9回、サヨナラ適時打を放ち、ヒーローインタビューに臨む阪神・伊藤隼=甲子園球場(撮影・村本聡)

 (セ・リーグ、阪神7x-6DeNA、20回戦、阪神13勝7敗、10日、甲子園)阪神は九回二死満塁から、代打・伊藤隼が右翼フェンス直撃の適時打を放ちサヨナラ勝ち。お立ち台で伊藤隼は打席での緊張感を語った。

 --今の気持ちは

 「打席に入る前に死ぬほど緊張していたので、それから解放されてちょっとホッとしています」

阪神糸井が13号ソロ、チーム7年ぶり100本塁打
[2017年9月10日22時17分]

ダウンロード
4回裏阪神無死、糸井嘉男は左越え本塁打を放つ(撮影・奥田泰也)


<阪神7-6DeNA>◇10日◇甲子園

 阪神糸井嘉男外野手(36)が値千金の加点アーチを放った。1点リードの4回、先頭で浜口の速球をとらえると、持ち前のパワーで逆方向の左翼へオーバーフェンスさせた。

 「少し振り遅れ気味でしたが、しっかりとスイングすることができました。まぐれです」。今季13号ソロは、チームにとってシーズン100本塁打目。10年(173本塁打)以来、7年ぶりに3桁に乗せた。

☆阪神は確実に「超変革」を成し遂げて今年は「挑む」野球を実践している証拠ですねー。!ここへきて糸井が超人ぶりを発揮しています。さすが力があったのですねー。体が調子がよいようですね。!振りの強さが違いますものね。!毎日日替わり選手が出る年は強いといわれていますが、まさに誰かがスターになれる野球になりました。アンチ巨人の小生は昨夜は引き分けかDeNaに勝ってもらってもよいとまで思っていたのでしたが。。。!?伊藤隼太はやりましたねー。代打の神様の本領ですねー。巨人は後半猛烈な追い上げをしてきましたが、2毛差でDeNaが3位(・5222巨人は・5220)を維持しました。この辺のDeNaの運の強さもありそうです。明日からお世話になったお礼に兎さんを倒してお礼返しをいたしますからね。笑)

ロッテ、掛布監督の可能性は…

ダウンロード

 阪神・掛布雅之2軍監督(62)の今季限りでの退任が明らかになった10日、ロッテの球団幹部が新監督として招請する可能性について言及した。
 ロッテは現在、伊東勤監督の今季限りでの退団を受けて、新監督擁立に向けての準備を進めている。
 掛布氏は千葉県千葉市生まれで、習志野高校出身。2年夏には甲子園に出場し、73年にドラフト6位で阪神に入団した。
☆良く分かりませんが阪神の監督になれないなら、掛布さんも一度は監督になってもよいと思ったかもしれませんですねー。
故郷に錦を飾る・・ってやつですねー。!実現してほしいと思うのですがなにしろ、虎色の濃い人ですから、阪神球団に残るほうを選ぶかもしれませですねー。注目ですね~^^
先日サヨナラ本塁打を放った伊藤隼太、すでに19本塁打をマークしている中谷将大の2人は、4年前に、故・中村勝広GMから、DC就任を要請された掛布氏が、秋季キャンプ中にホテルの部屋に畳を敷きスポンジボールを使った打撃指導を続けた“初代掛布チルドレン”だし、4番に座ったドラフト1位の大山悠輔に関しても、肉体作りと打撃フォーム固めを平行させながら土台作りをサポートした。
 今季は壁にぶつかった2015年のドラフト1位、高山俊を昨春のキャンプでマンツーマン指導して新人王へのステップを踏ませ、育成契約だった原口文仁も、4番で使い続けて金本監督に推薦、昨年は大ブレイクを果たした。若手の育成だけでなく、ベテラン、中堅選手の再生や、モチベーションアップにも情熱を注いだ。西岡剛のリハビリを支え、大和のスイッチ転向も根気強くバックアップした。抜群の貢献者です。千葉のロッテへの監督就任問題は掛布さんが引退時に長島茂氏が推薦したことであり「何をいまさら」という感じがします。兎に角ミスタータイガースを阪神球団にとどめる事が最大の必要事であろうと思う。掛布さんの誠の心境を聞くまではわからないことである。

■米国4連覇 韓国銀、日本銅/U18W杯結果一覧
[2017年9月11日9時22分]

<U18W杯>◇9月1〜11日◇カナダ・サンダーベイ

 米国が4連覇を達成した。2位は韓国、日本は3位だった。

早稲田実業の清宮プロ野球へ・・・・!?


巨人・澤村 “施術ミス”の波紋
 巨人が10日、澤村拓一投手(29)の右肩コンディション不良に球団トレーナーの施術ミスがあった可能性が高まったとして、石井一夫球団社長と鹿取義隆GMらが9日に謝罪していたことを明らかにした。鹿取GMによると本人は納得しているというが、球団首脳が所属選手に頭を下げる超異例の事態。その裏側では何が起きていたのか。
 沢村は2月の沖縄キャンプ中に右肩の張りを訴え、球団トレーナーからはり治療を受けた。だが、状態が好転せず、球団が調査。複数の専門医から「長胸神経麻痺(まひ)」との診断を受け、要因を「外的要因によるもので、前鋸(ぜんきょ)筋機能障害を引き起こした可能性が高い」との所見を得たという。

12日の予告先発

 ◇セ・リーグ
ヤクルト・石川-中日・山井(神宮)
阪神・藤浪-巨人・田口(甲子園)
広島・野村-DeNA・ウィーランド(マツダスタジアム)
 ◇パ・リーグ
日本ハム・大谷-楽天・美馬(札幌ドーム)
ロッテ・唐川-オリックス・山本(ZOZOマリンスタジアム)


応援宜しくね~!
FC2ブログランキング







交代望んだのは金本監督 阪神・掛布二軍監督退任のウラ側
「球界では、早い段階で辞めることになると噂されていました」

 放送関係者がこう言った。10日、阪神の掛布雅之二軍監督(62)が、今季限りで退任すると発表されたことに関してだ。

「金本監督の方針と相いれない部分があったそうです」と前出の関係者が続ける。

「金本監督は若手をいわば『子供扱い』する。一人前にするには明確な育成プランを掲げて、強制的にやらせるものはやらせる。キャンプメニューしかり、シーズン中の若手のウエートトレしかりです。一方、掛布二軍監督は若手でも『大人扱い』する。指示待ち人間になるのではなく、自分自身が考えて課題を見つけて取り組み、成長してほしい、その手助けをしますよというスタンス。試合後も日が落ちるまで打撃指導するなど熱心なのですが、だからといって二軍では一日のメニューをビッシリ決めてやらせることはしなかった。要は手法が違う。結果的に、金本監督が交代を望んだといわれています」

☆分からぬものですね~~特に絶大の期待をされていた江越の指導法に対して掛布さんは我慢と辛抱であるのに対し金本監督はメニューを決めて厳しく鍛錬するすると言う軟硬両面で対立していたようだ。中谷、大山等の一定の若手育成では成功されていたので若手からの人気がある掛布さんの退団は、今夜からの巨人戦に微妙な影響があると思う。悔しさ・悲しさがばねと成ってよい方向へハッスルすれば掛布さんも喜んでくれることと思います。!阪神タイガースよ!感謝の気持を勝利で飾ろうでは有りませんか。☆!苦笑)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/213306/2

新型迎撃ミサイルシステム導入へ調整指示 防衛相
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170911/k10011134961000.html
            

            
                                  
        

阪神タイガース自力V復活。「将棋情報」

category - 阪神タイガース
2017/ 08/ 25
                 
残暑厳しいようですが道内の8月は「暑くない夏」が続く。最高気温が30度を超えた「真夏日」は数えるほど。曇りの日が多く、日照時間も少なめだった。夏の暑さに期待を寄せていたビアガーデンや海水浴場、プールの関係者は肩を落とした。(朝日)
暑い日だけが身に堪え気がつきませんでした。今日は朝から陽射しがあり夏日になりそうです。

森友と同じ構図に 加計学園「建設費水増し疑惑」に新証拠
森友学園と同じ轍を踏むかもしれない――。23日、衆院第1議員会館で民進党の「加計学園疑惑調査チーム」によるヒアリングが行われ、議員と共に「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏が参加。愛媛県今治市に建設中の獣医学部キャンパスをめぐり、加計学園の“建築費水増し”疑惑を裏付ける新たな証拠が飛び出した。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/212096

☆安倍首相夫妻の悪事がいまだにくすぶるこの問題に嘘ばかり言うから真実の種がいくらでも出てくる。安倍個人が嫌われだし玄関前のたて看板を断る家も出て来ています。将棋で言えばそろそろ、「投了」が近づいてきた。


images (46) 
 
11勝を上げた秋山投手と  タッチをかわし勝利を喜ぶ阪神ナイン

ダウンロード
ヤクルトに勝利し、阪神・金本知憲監督(左)とともにナインを出迎える阪神・秋山拓巳=神宮(撮影・高部洋祐)

「ヤクルト3-6阪神」(24日、神宮球場)
 阪神が2連勝。投打がかみ合い、ヤクルトに快勝して今季最多の貯金13とした。この日の試合で広島が敗れため、阪神の自力優勝の可能性が復活し、広島の優勝マジックが消滅した。
 先発・秋山は三回までに3点を失ったものの、中盤以降はヤクルト打線を寄せ付けず、8回3失点で11勝目。九回は抑えのドリスが締め、リーグトップの31セーブとした。
 自己最多を更新する11勝目を挙げた秋山は「立ち上がりどうなるかなという内容だったけど、野手の方に早めに援護してもらった」と打線に感謝。「ホントはひとりで投げ抜きたかったですけど、ひとつでも多くのアウトを取れるように考えていた」とローテの軸としての責任感も明かした。
 さらには「この時期に頑張るために春からやってきた」と力強く語ると「ひとつひとつ貯金を増やして、広島に追いつけるように頑張りたい」と奇跡の逆転Vに向けて意気込んだ。
 打線は一回にロジャースが先制タイムリー。直後に守備の乱れから同点とされたが、すぐさま二回に鳥谷の3号ソロで勝ち越した。その後も三回に中谷が3戦連発となる16号3ラン、四回にも上本のタイムリーが飛び出すなど着実にリードを広げた。
 ヤクルトは先発・星が5回6失点で6敗目。バレンティンの28号2ランも空砲に終わった。

西岡抹消「左足かかとの軽い打撲」 代わって板山を1軍登録


 阪神・西岡剛内野手(33)が24日、出場選手登録を抹消された。出場した前日23日のヤクルト戦(神宮)で、ホームインを狙った際に左足を負傷したと見られる。
 球団は「左足かかとの軽い打撲」と発表した。24日の試合も出場する意欲を示したが、痛めた箇所が昨年7月にアキレス腱断裂の重傷を負った左足というだけに、球団側は大事を取って抹消という判断を下した。

d_10491800 (1)
DeNA選手が歓喜に沸く前をうつむいて歩く中崎翔太投手
DeNA3夜連続のサヨナラ勝ち 倉本のラッキー内野安打で57年ぶりのミラクル劇



 「DeNA5-4広島」(24日、横浜スタジアム)
 DeNAが3夜連続のサヨナラ勝ち。4-4の九回2死から代打・後藤の右翼フェンス直撃の二塁打と倉本の二塁適時内野安打でサヨナラ勝ちした。
 倉本の打球は小フライで二塁手・菊池の前に上がり、菊池はハーフバンドで処理しようとしたが、バウンドが変わって後ろへ抜けた。これを見た代走・高城はホームを目指しダッシュし、ヘッドスライディングで劇的ホームイン。3夜に渡る“浜スタ劇場”にDeNAファンは歓喜。対照的に真っ赤に染まった広島ファンは悪夢を見ているような表情だった。
 DeNAの3試合連続サヨナラ勝ちは初優勝し、日本一となった大洋時代の1960年(昭和35年)以来57年ぶりのミラクル劇となった。
☆「勝負は下駄を履くまでわからない」と言うが野球も靴を脱ぐまでは分からないものである。一時は、広島カープが独走でマジックも付き何時優勝するか・・・と目算する感じであったが、このところのカープは打っても打っても点を取られ記録に現れないエラーも多くなり、逆転負けをするケースが多くなってきた。今日の最後の内野安打もスーパープレーの連続に沸いていたカープならアウトにしていたであろう。油断ともいえるが、生みの苦しみなのですね。金本阪神は諦めずに、ロジャースを4番に据え福留を週休制にして力を溜めさせ復帰の糸井を1番に起用して上本と塁を貯め成長株の中谷、大山、鳥谷で還す得点力の増加を図ったのが功を奏している。糸井はさすが怪我が治ったら詰まったあたりが多かったが真芯に捉え強い当たりを飛ばすことが出来るようになった。さすが4億5千万の超人とうならされる打者である。いつの間にか日替わりお立ち台の選手が現れてきた。所謂、選手層が厚くなった証拠である。愈々東京ドームで巨人との決戦であるが、昔の名前では勝てないが、実力では引けを取らないであろう。前回の悔しさを跳ね返し一気にBクラスに固定させることになるであろう。

            

            
                                  
        

阪神タイガースと終戦。「将棋」竜王戦。

category - 阪神タイガース
2017/ 08/ 16
                 

72回目の終戦の日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下や全国の遺族約5千人が参列し、約310万人の戦没者を悼んだ。安倍晋三首相は「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない」と決意を述べる一方、アジア諸国への加害責任や反省に5年連続で触れなかった。天皇陛下は戦後70年の2015年から3年続けて「深い反省」との表現を使い、不戦への強い思いを示した。
閣僚の靖国参拝ゼロ 第2次安倍内閣以降は初



 終戦から72年を迎えた15日、第3次安倍第3次改造内閣の閣僚は東京・九段北の靖国神社に参拝しなかった。安倍晋三首相も参拝せず、私費で玉串料を奉納した。2012年末の第2次安倍内閣発足以降、終戦記念日に閣僚本人による参拝がなかったのは初めて。閣僚らの参拝が多い春、秋の例大祭を含めてもゼロは初。(道新)

☆しかし安倍コベSorryの安法鳥は歴代首相が踏襲してきた加害責任などには言及せず、昨年12月の米ハワイ・真珠湾での演説で触れた「不戦の誓い」との表現も使わなかった。靖国神社に供物(玉串料)を私費で奉納したが、是では意味がなく中国からは批判された。菅官房長官は「総裁は私人であり、総理とは違う」などとわけの分からぬ戯言を言い「安部=菅」体制の政府も【安菅たれ】と言わざるを得ない。喝)



「阪神タイガース情報」


2回裏阪神無死一塁、金本監督(右)はバントできず空振り三振した小野に厳しい表情(撮影・宮崎幸一)
金本監督「もうええやん。毎回毎回」広島にM再点灯



<阪神6-11広島>◇15日◇京セラドーム大阪

 阪神がまさかの投壊で広島にマジック再点灯を許した。

 先発のルーキー小野が不調で5点を失い、3回途中でKO。続く2番手のメンデスも6失点。4回終了時点で、9点を追う苦しい展開になった。福留の3ランなどで打線も粘ったが、大量失点が痛かった。自力優勝の可能性が再び消滅。広島とのゲーム差は「9・5」に広がった。マジック再点灯の問いかけに、金本知憲監督(49)は「もうええやん。毎回毎回、ついたじゃ、消えたじゃ、って…」と吐き捨てるように言った。
☆阪神は投打の主力選手を欠きながらも、この3連戦で全勝を狙っていたがD2の小野投手は3回で捕まった。バックの守備の乱れもあったが、もう不運な投手とはいえない惨憺たる無力である。替わったメンデスも6失点と試合を壊してしまった。今季は外国人選手はメッセを除いて1年契約である。早くも来季の補強に乗り出したが、マギーを巨人にさらわれたと同じに出し惜しみをしていては、いい選手は獲得できない。今日は2ケ月半振りに1軍復帰の藤浪が登板するようだが、金本監督が言うように「人生をかけて全身全霊」で投球して欲しい。既に優勝は諦めてCSの練習試合のつもりで戦うしかなくなった阪神はあらゆる対策を考えながら戦って欲しいと思う。

「将棋情報」
渡辺明竜王の挑戦者を決める第30期竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局(松尾歩八段 対 羽生善治三冠)が、8月14日(月)に東京・将棋会館で行われ、先手の羽生三冠が127手で勝ちました。第2局は8月25日(金)に東京・将棋会館で行われます。

 


終局直後の両対局者の様子です。対局室の空気は重く、激戦の余韻が残っています。



22時の控室です。検討陣の予想が当たらなくなってきたようで、善悪不明の激戦が展開されています。検討の熱はさらに増しているようです。「難しいねぇ」とため息混じりの声も聞かれます。


127手という熱戦で羽生三冠が先勝しました。終局時刻は22時42分。最後は1分将棋で即詰がなく羽生三冠は負けの無い局面に導き遂に松尾8段も投了しました。!
挑戦者決定三番勝負
第2局 8月25日(金)
第3局 9月08日(金)

里見香奈女流王座への挑戦をかけた、リコー杯女流王座戦本戦はベスト4が出揃いました。ベスト4へ進んだのは加藤桃子女王、香川愛生女流三段、室田伊緒女流二段、西山朋佳奨励会三段です。

「今日のプロ野球」
広島4連勝でM26 終盤の代打策的中、阪神との直接対決制す
 ◇セ・リーグ 阪神5―3広島(2017年8月16日 京セラD)

 セ・リーグ首位の広島は2位・阪神との直接対決を5―3で制して4連勝、2年連続優勝へのマジックを26とした。先発の大瀬良が5回2/3を7安打2失点で8勝目(1敗)。阪神は3連敗。
阪神悪夢の3連敗…藤浪2死球で球場騒然 五回途中3失点KO
ダウンロード 


5回途中に降板し、ベンチで涙を流す藤浪(左)(涙)  藤浪が2度にわたりデッドボールで両チーム騒然となる。
 阪神の先発は5月26日のDeNA戦以来となる藤浪。広島は初回、先頭の田中が投前へのバント安打で出塁。2番・菊池が中前打で続き、丸の一ゴロ、鈴木の四球で1死満塁とし、5番・松山の左越え適時打で1点を先制。

 3回には1死三塁から5番・西川の中越え適時二塁打、続く安部の右前適時打。いずれも藤浪の初球、ストレートをはじき返して2点を加えた。

 序盤に援護をもらった大瀬良は4回まで毎回走者を背負いながら無失点投球。だが、6回にロジャース、鳥谷、北條と3本の二塁打を浴びて2点を失い降板となった。

ダウンロード

<神・広>7回2死一、三塁、代打・新井は左前適時打を放つ(投手・桑原)
☆この2点が重い点数となった。桑原のタマが珍しく甘かった。惜しいボールであった。
 それでも打線は直後の7回に2死一、三塁から代打・新井の左前適時打、代打・岩本の左越え適時二塁打で2点を加え、再びリードを3点とした。

 大瀬良から中田、一岡とつなぎ、8回に中崎が1点を失ったものの、9回を今村が締めて逃げ切った。

 阪神は先発の藤浪が4回2/3を7安打7四死球で3失点。1点差に迫った7回に3番手の高橋がピンチを招き、代わった桑原が新井、岩本に痛打を浴びた。打線は粘りを見せたもののの、あと1本が出なかった。
☆試合は結果がすべてである。藤浪はスピードはあったがコントールが定まらない悪い癖は修正されていなかった。死んだ子の年を数えても仕方が無い。明日は岩田で一矢を報えなきゃ男ではない。

将棋名言集‏

飛車って言うのはね、人生でいえばお金だと思うんです。飛車を取られると確かに痛いし、ないと戦いが困難なこともあるけど、命(王)を取られるわけじゃないよね。どうも王と飛車を間違えて生きている人が多いみたい。まるで王手飛車取りで飛車が逃げるのと同じじゃない。(糸井重里) #shogi

「お知らせ」
名人戦棋譜速報です。本日8月17日はA級3回戦【東京】
▲久保利明王将(2勝0敗)-△羽生善治三冠(1勝1敗)
を中継いたします。ご期待ください
            

            
                                  
        

阪神タイガース、カープに逆転勝利。&内閣改造

category - 阪神タイガース
2017/ 08/ 03
                 
猛暑が再び訪れ夏バテ気味です。甲子園では全国球児の高校野球が始まる。我が北海道代表は昨年準優勝の北海高が出場。あの準優勝の感激を再びと期待する。!安倍内閣は支持率低下を受け、打つ手なしの、焼けのやんぱちで新内閣を立ち上げたが泥沼から這い上がることは極めて困難と思う。人が変わっても隠蔽・虚言体質の自民党は代わるはずがない。喝)

「熱闘のプロ野球」
ダウンロード

V打の阪神ロジャースは最終打席の男、打率なんと8割 「どの打席でも一生懸命」
 ダウンロード
“パンダ”新助っ人ロジャースと守護神ドリス       3回に同点2ランの福留      
 
  



 「広島3-4阪神」(2日、マツダスタジアム)
 阪神を自力V消滅の危機から救ったのは“最終打席の男”だった。4番に入ったロジャース内野手が九回1死満塁から2点適時打を放ち、チームを勝利に導いた。
 2-3と1点を追う九回。代打の高山が内野安打で出塁すると、1死を挟んで広島・今村が乱れた。上本、福留と連続四球で満塁となると、続くロジャースは初球のボールを見極めてチャンスを待った。続く2球目。内角高めの直球を左翼線へはじき返し、2人を生還させた。
 最終打席はこれで10打数8安打、3四球。打率・800と好成績を残す。「貢献できてうれしいです。もう1打席まわってくれればいい仕事ができる自信があったので、まわしてくれてうれしいです」と振り返ったヒーローは、試合終盤で活躍する秘訣を問われると、「どの打席でも一生懸命やるだけなんでそこは変わらないです」と笑いながら切り返していた。
☆昨夜の屈辱を一撃で晴らしてくれた福留の同点2ランホームランと満塁で逆転2点適時打を放ったロジャースはまさに助っ人である。先発の小野投手は今日も勝てず6連敗(泣)阪神打線は爆発が遅い傾向がある。
DeNAが中日と引き分けたので無事2位をキープした。☆

「将棋速報」
B級2組3回戦の抜け番は北浜健介八段。
▲先崎学九段-△村山慈明七段につきましては、
先崎九段が体調不良のため、村山七段の不戦勝となります。
長期休養説もあり心配だが、連盟の発表は不透明だ。汗)
            

            
                                  
        

「甲子園」阪神タイガースvcカープ&「大相撲」白鵬通算1046勝

category - 阪神タイガース
2017/ 07/ 19
                 

日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際病院名誉院長 合掌


安倍内閣の支持率が大幅に下落している。報道ステーションが15日と16日に実施した世論調査では、安倍内閣の支持率が先月から8.7ポイント下落し、29.2%になった。支持しない人は54.5%で、12.9ポイントと急増した。第2次安倍政権が発足後、初の6カ月連続での下落で、支持率が3割を下回るのも初めてとなる。安倍政権はこれまで、特定秘密保護法や安保法の審議のなかで一時的に支持率が下落しても、その後に回復してきたが、森友問題や加計問題、“共謀罪”法の強引な成立など、安倍政権の政策ではなく、姿勢が問われる場面が続き、支持率は下がり続けている。安倍政権は来月上旬に予定している内閣改造で起死回生を狙っているが、世論調査では内閣改造に「期待しない」と答えた人が54%と、「期待する」の38%を大きく上回っていて、反応は冷ややかだ。(asahi)
☆安倍首相は、支持率急落を受けて「国民の信頼回復に向けて努力する」と反省の言葉を述べたが、時は既に遅きに失した感があり、早期退陣が残された唯一の道である。国民は漸く目を覚ました様である。☆

「阪神情報」


ロジャース来日初安打、初打点
「阪神5-9広島」(18日、甲子園球場)
 阪神に新加入したジェイソン・ロジャース内野手(29)=前パイレーツ傘下3A=が八回、1死満塁の好機で中前に2点適時打。劣勢の展開だったが、来日初安打&初打点をマークして、球場を盛りあげた。
 この日、「右脇腹の筋挫傷」で抹消された糸井に代わる形で、「3番・一塁」で先発出場し、甲子園デビューを果たした。初打席は遊ゴロに倒れると、四回は三ゴロ、六回は右飛に倒れていたが、八回の第4打席だった。
 1死満塁から上本が死球を受け、1点をかえした。さらに続く好機で打席にロジャース。代わったばかりの広島・中崎に対して1ボールから2球目。外角の128キロスライダーをフルスイングした。打球は飛び付く遊撃・田中の右を抜け、中前に。二走・西岡も一気に生還した。
 序盤から大量リードを許した一戦で、助っ人が意地の一打を放って見せ場を作った。


ダウンロード
二回、懸命に前進したが石原の打球を捕れなかった西岡。「自分の力のなさ」と振り返った

阪神岩貞が炎上一挙5失点 センター西岡ダイブ失敗
<阪神5-9広島>◇18日◇甲子園
ダウンロード
 阪神先発の岩貞祐太投手(25)が2回に広島打線に捕まり、先制点を許した。

 1死後、連打と四球で満塁のピンチを迎え、打席には8番石原。打ち取ったかと思われた中堅前の飛球は風に流され、この日中堅で先発した西岡が前進してダイビングキャッチを試みるも、捕球に失敗。記録は中安となり先制された。

 岩貞は後続にも適時打を許し、この回だけで5失点。2回で45球を要するなど、4連勝中のチームに嫌なムードが漂った。

☆連勝したかった阪神の岩貞投手が2回よもやの5点を取られ大事な試合を壊したかに見えたが、8、9回に5点を挙げて打線のつながりを見せたことは、今日の試合につながる大きな収穫であった。岩貞投手は調子も悪かったが、2回の大量失点は不運な面もあった。ロジャースが急遽1塁についた関係で西岡が慣れぬセンターに回り、浅い飛球を捕り損ねたことで一気に流れが傾いたことである。悔しい試合には違い無いが注目のロジャースに初安打、初打点が出た事は上々の滑り出しで明るい材料と思い僅差で負けた試合よりは諦めが直ぐついた。!今夜は勝つことが絶対条件である。☆



白鵬 千代の富士抜き通算1046勝 歴代最多勝まであと「1」

 大相撲名古屋場所は18日、愛知県体育館で10日目が行われ、横綱・白鵬は千代翔馬を寄り切りで下し通算1046勝とし、元横綱・千代の富士の記録を抜き歴代単独2位になるとともに、元大関・魁皇の持つ歴代1位の記録にもあと1勝とした。
☆白鵬は、2横綱、3大関休場の中、孤軍奮闘新記録に向けて連勝を重ねていることは見事であり、天晴れである。☆



将棋ニュース
https://www.shogi.or.jp/news/2017/07/500_2.html
大内延介九段「お別れの会」 ~関係者・ファン約500人が参会~


6月23日に75歳で逝去した大内延介(おおうち・のぶゆき)九段・元日本将棋連盟専務理事の「お別れの会」は7月17日、東京・将棋会館で執り行われ、関係者、一般の将棋ファン約500人が参会して、豪快な棋風で"怒濤流"と称された故人の遺徳を偲びました。




藤井四段「次の1年も強くなる」 14歳の最終戦勝利
今月19日が誕生日の藤井四段にとって、14歳最後の公式戦。「周りの環境も含めて大きく変わったが、自分でも成長できた1年だった。次の1年も、この1年以上に強くなれるよう頑張りたい」と話した。誕生日おめでとう!
            

            
                                  
        

阪神タイガース連敗8で止まる!

category - 阪神タイガース
2017/ 07/ 01
                 
阪神連敗8で止まる ドラ1大山が初安打初アーチの決勝3ラン「幸せです」



 3回、先制3ランを放った阪神・大山(右)をねぎらう能見


 「阪神3-1ヤクルト」(1日、甲子園球場)
 阪神が連敗を8で止めた。三回、この日「5番・一塁」に起用されたドラフト1位新人の大山がプロ初安打初本塁打となる左越え1号3ランを放ち3点を先制した。
 先発・能見は6回3安打1失点で3勝目(3敗)を挙げた。
 大山はお立ち台で「幸せです」と話すと、まずは自己紹介。そして、「チームが負けている状況だったので、なんとか貢献したいという気持ちが強かった。その通りの結果になって良かった。(本塁打の打席は)来たボールだけを思い切って振り抜こうと思った。入るとは思わなかったが、皆さんの声援が押してくれたと思う」と振り返った。
 さらにベース1周時の気分を問われると、「今までの人生で一番幸せな時間でした」と表し、記念のホームランボールについては、「今まで支えてくれた家族にプレゼントしたい」と語って大きな拍手を受けた。
 ヤクルトは連勝が2で止まった。0-3の四回、山田の左越え11号ソロで1点。先発・原樹は4回6安打3失点で5敗目(2勝)。

ドラ1大山が先制3ラン!プロ初安打初アーチ“神様”八木が江川から打って以来
10332012 (1)

 
3回、先制となる3ランを放つ阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・北村雅宏)


3回、先制3ランを放った阪神・大山悠輔を迎える阪神・金本知憲監督=甲子園(撮影・田中太一)

 
 阪神のドラフト1位・大山悠輔内野手(白鴎大)のプロ初安打は、貴重な先制点をもたらすプロ初本塁打となった。
 0-0の三回2死二、三塁。なかなか得点を奪えない中、「5番・一塁」で先発出場した大山が打席に立った。ヤクルト先発・原樹理の投じた2球目。145キロ直球を完璧に捉えた。

☆昨年のドラフト会議で、金本が一位指名した選手がこの大山選手であった。皆を驚かせた指名でした。いわば金本選手肝いりのスラッガーだったのです。日米大学選手権で4番を勤めた強打者なのです。
3回、上本・糸井の連打で1死2・3塁の先取点の絶好のチャンスで4番福留が三振したときは、「是で今日も負けか・・巨人の連敗記録を破るかも・・」と言う不安がよぎりテレビから一瞬目をそらした、次の瞬間である。!大きく振り抜いたボールは浜風にも乗り
レフトスタンドに吸い込まれたのである。!阪神は6回までにリードを取れば、7回桑原、8回マテオ、抑えがドリスと完璧の救援陣がおり「勝利の方程式」が待っているのだ。
糸井選手も昨夜の最終打席でヒットを打ってから復調の兆しが出てきたようだ、彼が打つ時は点数に結びつき勝つチャンスが増えるのだ。ロジャースが正式に契約成立されたと発表され、オールスター後には1塁手として登録されるようだ、愈々原口、中谷、大山と1塁のポジション争いが激烈となり嬉しい悲鳴である。西岡も着々と準備が整って来た。

何はともあれ連敗が止まった。!大山の一打が明日からの試合に夢と期待と新たな再出発の船出となった。☆





  


将棋ニュース

[中継]7/2 佐々木勇気五段-藤井聡太四段戦(竜王戦決勝トーナメント)中継情報!

7月2日(日)に行われる第30期竜王戦決勝トーナメント佐々木勇気五段-藤井聡太四段戦を、将棋連盟ライブ中継(iOS/Androidアプリ)で配信します。

「将棋連盟ライブ中継」

前人未到の記録である29連勝を叩き出した、脅威の新人・藤井聡太四段。いったいどこまで連勝を伸ばせるでしょうか。

立ちはだかるは新進気鋭の22歳、佐々木勇気五段。前期の棋王戦で佐藤天彦名人に2度勝利し、挑戦者決定戦に進出するなど実力は折り紙付き。
佐々木五段は本局に向けて「熱戦に期待して下さい」とコメントを残し、気合十分です。中継情報↓
https://www.shogi.or.jp/news/2017/06/72_12.html


【北海道地震】68歳女性が転倒し重傷

 1日午後11時45分ごろ、北海道安平町で震度5弱を観測する地震があった。この地震による津波の心配はない。

 1日午後11時45分ごろ、安平町で震度5弱、札幌市の一部や新千歳空港で、震度4の揺れを観測した。震源地は胆振地方の中東部で、地震の規模を示すマグニチュードは5.1だった。

 北海道などによると、苫小牧市の68歳の女性が転んで、胸の骨などを折る重傷を負った。

 地震の影響でJR千歳線などで一部の列車に遅れが生じ、札幌駅ではタクシーの代替輸送を待つ長い行列ができた。
☆暑くてベットで横になっていたら突然激しいたて揺れを感じたが直ぐ収まり被害は無かったです。厚別区の震度は3だということでした。




藤井四段、夕食は若鳥唐揚定食 リード許すも差詰めたか




 史上単独1位の29連勝を記録した将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)と佐々木勇気五段(22)の対局は2日午後6時、夕食休憩に入った。佐々木五段がリードを奪っているという評判だったが、その後、差は詰まったとみられている。
            

            
                                  
        

阪神タイガースは”いつか来た道”を歩いている。

category - 阪神タイガース
2017/ 06/ 28
                 


https://www.nikkansports.com/baseball/news/1845904.html
打線低迷阪神、新助っ人補強ロジャースはデスパ級
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1847006.html
 阪神が、新助っ人としてジェイソン・ロジャース内野手(29=パイレーツ3A)と大筋合意に達したことが25日、分かった。

 今季は3Aで65試合に出場し、打率2割8分8厘、8本塁打、32打点。広角に強い打球を放つスタイルは今の虎打線にフィットしそうだ。

 オフに獲得したキャンベルは現在、成績を残せず2軍調整中。球団は悲願Vに向け、新たな起爆剤を求め、昨季広島所属のルナら日本球界経験者も含めて適任者を探してきた。

 球団首脳は「なるべく早く獲得できるように交渉しています」と話していたが、ここに来てロジャースとの交渉が大詰めを迎えたもようだ。(ニッカンスポーツ)

☆今日は久し振りに日差しが強く何時もの露天風呂もさわやかな風が心地よかった。「ぶろとも」ならぬ「風呂とも」が数人出来て
楽しい雑談に花が咲く。さすがに将棋の藤井4段の話は皆知っていた。しかし主な話題は道産子球団の日ハムの球場移転問題と現在の球団の弱さである。移転問題は札幌市のドーム球場の使用料等の高さとグッズや食堂の売り上げが全部ドーム側が握っているからなのだ。そこで日ハム球団は昨年独自の球団建設を発表したのです。隣町の北広島市が1番先に熱心に誘致を始めた。札幌市側は月寒ドームや北大敷地等を提供すると再誘致を始めているが、昨日、「プロ野球北海道日本ハムの新球場建設を核とするボールパーク構想で、札幌市と球団の3回目の実務者協議が21日、札幌市役所で行われ、球団の前沢賢事業統轄本部長は協議後、市が候補地に挙げている旧道立産業共進会場(ケーズデンキ月寒ドーム)と学校法人八紘学園所有地=ともに豊平区=を合わせた土地について「拡張性がないということでは、やれることが限られるという意味において、非常に厳しい」と述べた。同構想の目安は約20ヘクタールとされており、球団は市に共進会場などは土地が狭く、「非常に厳しい」と懸念を伝えていた。」(道新)早く言えば、両方とも拒否したことになる。当然である。「風呂とも」も(何をいまさら誘致しているのか・・北広島がよい)と言う意見が多かった。私もそう思っていた。逃がした魚は大きいが天下り官僚の高給のために起こった移転騒動である。諦めなさい!

阪神タイガースも、このところ1点を取るのにヒット3本が必要な試合をしている。昔のダメ虎に帰ったようである。最初から4番打者不在の出発だったが、幸い糸井選手の活躍で現在の位置に入れるのだが、首位カープに6ゲームも離されては昨年同様独走を許してしまう。まだ諦めるには早い時期である。長打を打てる強打者を直ぐにでも獲得する必要がある。そこで浮上したのが上記の記事のロジャース内野手である。巨人マギーは無理としても、数人の外国人を狙っていたがお金の問題が壁となり実現出来なかった。今は阪急の意見も聞かなければならず渋い経営感覚の両者であることが、このような事態を招いたのである。人事は金本監督に全面的に任せてはいなかったのですねー。喝)



「訃報」
将棋・大内延介九段が死去、75歳



2007年の女流名人位戦で立会人を務めた大内延介九段(後方左から2人目)
 日本将棋連盟は26日、大内延介(おおうち・のぶゆき)九段が、23日に75歳で亡くなったと発表した。葬儀は近親者のみで営まれたという。「お別れの会」は7月17日、東京・渋谷区の将棋会館で行われる。



 大内九段は土居市太郎名誉名人門下。1963年4月に四段に昇進しプロとなった。67年、六段で第8期王位戦でタイトル戦に初挑戦。大山康晴王位に1勝4敗で敗退したが、六段のタイトル挑戦は史上初めてだった。

 当時、プロでは邪道と言われた穴熊戦法を得意とし、75年には第34期名人戦で中原誠名人に挑戦。3勝3敗で迎えた最終局では優勢になりながら敗れ、惜しくも名人獲得はならなかった。

 将棋のルーツの研究にも熱心で、「将棋の来た道」などの著書がある。弟子は、将棋を題材にした漫画「ハチワンダイバー」を監修した鈴木大介九段ら。タイトル獲得は棋王1期。2010年4月に現役引退。

「悲報」
堂本剛が突発性難聴で入院 堂本光一明かす「歌うのもままならない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00050081-yom-ent


「野球速報」
阪神0-1零敗で6連敗、好投小野を援護できず
  
 6回、中日に先制を許した阪神先発の小野=ナゴヤドーム 8回、三振に倒れベンチに戻る糸井 6回中日、中日・大島洋平(左)に先制の適時二塁打を打たれ、打球の行方を見つめる阪神・小野泰己=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
 「中日1-0阪神」(28日、ナゴヤドーム)
 阪神は交流戦終盤からの連敗が6に伸びた。ドラフト2位新人の小野は6回2安打1失点で4敗目。
 中日は2連勝。先発・ジョーダンが6回2/3、2安打無失点で5勝目(2敗)。六回に大島の左線適時二塁打で1点を先制した。



梅野、痛恨…悪送球で中日決勝点お膳立て エンドラン空振りも
☆ただただ泣ける試合でした。涙)


ブログランキングに参加しております。!
よければ、ポチッとお願いします。☆





プロ野球ランキング

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村




            

            
                                  
        

カープ大勝と都議選と自民党の行方

category - 阪神タイガース
2017/ 06/ 24
                 
  


3回、ジョンソン(手前)から適時打を放つ糸井


昨季沢村賞を受賞した広島のジョンソンが4回途中7失点KO。安定感抜群のエースがまさかの大炎上となった。(16年3・31日)
 
 虎投手陣が崩壊。リーグ戦再開初戦で大敗を喫した。<阪神3-13広島>(マツダスタジアム)
先発のランディ・メッセンジャー投手(35)がまさかの4回5失点KO。2番手の柳瀬明宏投手(33)が菊池に満塁本塁打を浴びるなど、1回に3発を被弾して8失点と大炎上した。首位攻防戦第1ラウンドは、試合中盤にして勝負が決した。
 冷静に敗戦を振り返った。帰りのバスに乗る間際、立ち止まって自分の投球内容を見つめ直す。「自分のゾーンが高くなってしまった。それを見逃さずにうまく打たれた」。首位攻防3連戦初戦を託された先発・メッセンジャーが5回もたず。鯉打線にまさかのKOを食らってしまった。
 いきなり起こった“珍事”で狂いが生じたのか-。初回、1番・田中への初球。外角高めに浮いた直球を左翼へ運ばれた。ライナー性の打球はフェンスのラバーに空いていた穴に入ってしまう事態に。一度は本塁打判定となったが、リプレー検証で二塁打となった。

☆交流戦が終わり、リーグ再開されての初戦、今季6勝3敗と相性のよい広島カープとの首位決戦である。レフトへ大きな当たり、球がグラウンド上にないのでHRと思われたが実はフェン直がラバーフェンスの破れ目からフェンス内部に入っていたことが判明、ビデオ判定により二塁打になるというハプニングもありメッセも苛立ちが最高調となった様だ。満を持しての登板だったが外人特有の悪い癖が出てタマが上ずっていた。今のカープ打線につかまるのは無理も無い。それにしても2番手の柳瀬(広島出身33)がホームラン3本を献上して8点を取られたことは、最近の阪神の後半の反撃を諦めたかに思え納得できない采配であった。金本監督は「僅差で負けるより切り替えが早く出来やむをえない・・」と強がりを言っていたが、エース同士の初戦敗退は痛い。

怪我から先発復帰した糸井がマルチヒットで1打点をあげたことは明るい材料だ。”今年のカープは強い”
巨人・菅野、8回1失点も援護なしで3敗目



 「巨人0-1中日」(23日、東京ドーム)
 巨人・菅野が打線の援護に恵まれず、8勝目を逃した。四回、福田に中前適時打を浴びて決勝点を献上。カットボールを狙い打ちされ、「(球種を)読まれても抑えないといけない」と反省。8回を5安打1失点にまとめたが、「今日のような展開だと、あの1点が命取りになる」と唇をかんだ。
☆他チームのことは余計な節介であるが、先に更迭された堤氏は高橋監督の先輩慶応大出身であり、当時(野球賭博問題)なり手の無かった監督を口説き高橋監督を実現したのであった。負けが込むとどのチームもうるさくなるもので監督責任論が出てくるものだ。13連敗と未曾有の負の遺産を作った「監督は采配のミスが多く能力に欠ける」というものだ。しかし、指導者としての教育を怠りいきなり監督に押し付けたフロントに責任があるのも確かだ。ま~兎に角今年は暫くこの状態でいてほしいと願う虎フアンである。汗)


「都議選」
sks517-jpp023655892 (1) 9 (13)

安倍政権、逆風下での初の大型選挙 都議選、国政影響も
小池百合子・東京都知事の就任後初の都議選(定数127)が23日告示され、9日間の選挙戦が始まった。11カ月の小池都政への評価が問われるほか、学校法人「加計(かけ)学園」を巡る問題などで安倍政権に逆風が吹く中での首都決戦となり、今後の国政を占う意味合いが強まっている。小池氏側が全面対決する自民党が都議会第1党を保てるかが焦点で、結果次第では安倍晋三首相の政権運営を左右する可能性もある。(朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASK6R5RCDK6RUTIL03T.html

共謀罪や加計学園問題で追い詰められ逆風の自民党に比べ、自民党と袂を分けた小池知事率いる<都民フアーストの会>は、将棋の藤井4段と供に今1番の人気と勢いを持っている。しかし当選当時に比べると、豊洲市場移転の遅れで市場関係者からも批判を浴びてやや陰りが見える事も否定出来ない。都議選とはいえ国政で連立を組む公明党が<都民フアーストの会>と連携することは都民は理解するのか、全国有権者としては違和感があるのも確かである。「相手を悪者にして自分が善だ」と思わせる小池知事も自民党から除名処分を受けないことも可笑しく思う。もとはといえば小池さんも日本会議の元副会長であったはずだ。ある意味でどちらが勝っても都政はオール保守であり、野党勢力が埋没する危険性があり、(保守フアースト)となり次なる憲法改正の布石となる恐れがあり要注意である。

都議選に“異変” 隠せない安倍首相の容体と小池知事の焦り
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208045/3


阪神は2点ビハインドで降雨ノーゲーム 四回途中KOの能見には救いの雨


4回途中、降板し、帽子から雨水を落としながらベンチに戻る阪神・能見篤史=マツダスタジアム 降りしきる雨の中、スパイクの泥を落とす阪神・能見篤史=マツダ(撮影・飯室逸平)


4回、雨でぬかるみ、整備されるグラウンドを見つめる阪神・金本知憲監督
 「広島5-3阪神」(24日、マツダスタジアム)
 広島が2点を勝ち越してなおも攻撃中の四回2死一、二塁で、約1時間の中断を経て、降雨ノーゲームとなった。
 先制したのは阪神。二回2死から鳥谷が左前打で出塁すると、続く糸原が右中間への先制適時二塁打。さらに梅野がフルカウントから左中間への適時二塁打を放ち、3連打で2点を先制した。
 その裏、広島が同点に追いつく。先頭の鈴木が左前打で出塁。その後2死三塁となり、西川が左中間適時二塁打。さらに、会沢の右二塁打で西川が生還し、2-2の同点とした。
 三回には丸が勝ち越し適時打を放った。無死一、三塁の好機で、しぶとく一、二塁間を破った。「打ったのはチェンジアップ。粘り強く何とか食らいついていきました」と振り返った。
 しかし、阪神は1点ビハインドの四回。中谷、鳥谷の連続中前打から糸原が四球を選んで無死満塁。ここで梅野が右翼への同点犠飛を放ち試合を振り出しに戻した。
 その裏の四回、広島が再び勝ち越しに成功。西川、会沢の連打と死球で1死満塁とし、ここで菊池が押し出し四球。続く丸が左犠飛を打ち上げ、2点を勝ち越し、阪神・先発の能見をKOし、藤川への交代が告げられたところで雨脚が強まり、15時53分から試合中断に入った。
 先発した阪神・能見は3回2/3を7安打5失点で、広島の薮田は4回6安打3失点で交代した。
            

            
                                  
        

阪神タイガース首位を広島に譲る

category - 阪神タイガース
2017/ 05/ 28
                 
阪神・糸井、大和の腕が顔面を直撃!ベンチに下がり場内騒然もプレー続行


3回、DeNA・ロペスの打球を追って阪神・大和と糸井が交錯=甲子園球場(撮影・山田喜貴)


 (セ・リーグ、阪神-DeNA、9回戦、28日、甲子園)阪神・糸井嘉男外野手(35)が28日のDeNA戦(甲子園)で守備の際に負傷したが、しばらく治療したのち、プレーを続行した。

 1-0の三回二死二、三塁でロペスの飛球を追った際、遊撃手・大和と交錯。大和の腕が糸井の顔を直撃する形となった。適時二塁打で逆転を許し、一塁ベンチからトレーナーが駆けつける。タオルを顔に当てながら、糸井は一度、ベンチに下がった。「糸井選手、手当に時間がかかるもよう」のアナウンスに満員の甲子園が騒然となったが、しばらくした後、再び、グラウンドへ。大きな拍手に包まれた。

阪神が首位陥落 先発小野が三回に6失点 2位で交流戦突入

 



 「阪神2-6DeNA」(28日、甲子園球場)
 阪神は逆転負けを喫して、5月6日に首位に立ってから初めて2位に転落した。
 1点リードの三回、先発小野が2死二、三塁からロペスに2点中前げ適時二塁打され逆転を許した。宮崎に適時二塁打、戸柱には右越え2号3ランを打たれ一挙6点を失った。小野はプロ初黒星。
 打線は二回に大和の適時二塁打と八回に中谷の犠飛で得点するのみ。
 これで27勝19敗、貯金9、首位広島に1ゲーム差をつけられ2位で30日から交流戦に突入する。

▼広島はさすが昨年のチャンピオンである。虎も良くここまでついてきたが、交流戦がパリーグが強いので何が起こるかわからない。鳥谷の怪我がよくなったと思ったら漸く長いスランプから脱出した糸井の怪我は大変なマイナスだ。幸い無事でありよかった。DeNAは本当にダークホース的チームで油断が出来ない。明後日からの巨人の菅野と絶好調の楽天の対決次第では、巨人の浮上もあり面白くなってきた。虎は勝ち抜くよりありません。苦笑)

藤井聡太が20連勝するならいつ?

藤井聡太四段の19戦目は、6月2日(金曜日)に大阪市・関西将棋会館で行われる「第43期 棋王戦」6組予選トーナメント決勝の対局です。
この対局に勝てば棋王戦 本線トーナメントに出場です。
20戦目の対局相手は、澤田真吾六段です。






            

            
                                  
        

加計学園と安倍の嘘。雨の甲子園で阪神タイガースは桜花と散る。

category - 阪神タイガース
2017/ 05/ 25
                 
  


安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、今年1月まで文部科学事務次官だった前川喜平氏(62)が23日、東京都内で朝日新聞の取材に応じた。内閣府から文科省に「総理のご意向」などと伝えられたと記された文書について、前川氏は自らが担当課から説明を受けた際に示されたと証言。獣医学部の新設については、加計学園を前提に検討が進んだとして、「行政がゆがめられた」と語った。
菅義偉官房長官は17日の記者会見で「怪文書みたいな文書じゃないか」と述べ、松野博一文科相も19日、「該当する文書の存在は確認できなかった」とする調査結果を発表した。前川氏は「あるものが、ないことにされてはならないと思った」と語った。(朝日新聞)
詳細は↓
http://www.asahi.com/articles/ASK5S6WJQK5SUTIL05G.html?iref=pc_rellink



学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が系列大学の獣医学部を国家戦略特区に新設する計画を巡り、民進党は二十四日、内閣府側が文部科学省側に「『できない』という選択肢はない」「早くやらないと責任を取ることになる」などと早期開設を迫るやりとりを記録した文書を示し、文科省が作成したものかどうか同省に確認を求めた。(東京新聞)詳細は↓
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017052490135653.html?ref=rank







   

糸井、自己ワースト更新の28打席連続無安打 チームも連敗
「阪神1-3巨人」(24日、甲子園球場)
 阪神の糸井が4打数無安打に終わり、自己ワーストを更新する28打席連続無安打となった。チームは開幕から打線をけん引してきた3番打者の不振も響いて、巨人に連敗。九回に上本の本塁打で20イニングぶりに得点するのがやっとだった。
 糸井は初回2死、四回2死はともに二ゴロ。六回2死一塁は初球をたたいて、ボテボテの一ゴロに倒れた。九回1死から右飛だった。
 16日・中日戦(甲子園)の第4打席に5号ソロを放ってから快音がストップ。23日・巨人戦(甲子園)での4打数目に空振り三振に倒れて、24打席連続無安打となり、自己ワーストを更新していた。
 この日は甲子園で早出特打を行って30分間スイング。106スイングで17本の柵越えを放っていたが、結果に結びつかなかった。

「阪神1-3巨人」(24日、甲子園球場)
 阪神の糸井が4打数無安打に終わり、自己ワーストを更新する28打席連続無安打となった。チームは開幕から打線をけん引してきた3番打者の不振も響いて、巨人に連敗。九回に上本の本塁打で20イニングぶりに得点するのがやっとだった。
 糸井は初回2死、四回2死はともに二ゴロ。六回2死一塁は初球をたたいて、ボテボテの一ゴロに倒れた。九回1死から右飛だった。
 16日・中日戦(甲子園)の第4打席に5号ソロを放ってから快音がストップ。23日・巨人戦(甲子園)での4打数目に空振り三振に倒れて、24打席連続無安打となり、自己ワーストを更新していた。
 この日は甲子園で早出特打を行って30分間スイング。106スイングで17本の柵越えを放っていたが、結果に結びつかなかった。


5回裏阪神1死三塁、吉川(左)は鳥谷の頭部に死球を与え退場となる(撮影・宮崎幸一)

阪神鳥谷敬内野手(35)にアクシデントが起きた。
 5回1死三塁の場面で打席に立ったが、吉川光の2球目144キロ直球が右側頭部付近を直撃した。鳥谷はうずくまったまましばらく動かず球場は騒然。金本監督も血相を変えて一塁ベンチを飛び出した。
 担架も用意される中、鳥谷は自力でベンチへ。そのまま途中交代し、5回裏終了後、タオルで鼻付近の出血を押さえたままクラブハウスに引き揚げた。
 なお吉川光は危険球で退場となった。



巨人もチーム状態が悪い中、谷間の投手吉川光夫(ニチハムからトレード)相手に0対0で迎えた5回裏、阪神・福留孝介外野手が、両チーム初安打を放った。
 五回表まで両軍ともに無安打の投手戦。五回先頭の福留は、巨人先発・吉川光が投じた初球カーブを強振、右翼フェンス直撃の三塁打でチーム初安打を放った。


 10220442.jpg  d_10220444.jpg
 しかし、中谷が右飛、鳥谷が死球を受け1死一、三塁となったが、代打伊藤隼が投ゴロ、梅野が二ゴロに倒れて先制点を奪うことはできなかった。4番福留の3塁打!代打の伊藤隼太が初球をピッチャゴロ無死3塁が1死3塁になって嫌なムードが漂ったところで鳥谷が顔面に四球!野球はここで終わったのだ。ダメ虎時代の犠飛で1点を取ることもできない貧打線。
金本監督、五回の好機に中谷凡打「僕らの指導力不足ですね」


巨人が八回に先制 代打亀井が0-0の均衡破る右前適時打

貧打を繰り返すうちに巨人3連勝、森福は移籍後初勝利…ツバメ3連敗

8回1死2塁、代打・亀井が先制の適時打を放つ(投手・桑原)=里見研撮影


 巨人3―1阪神(セ・リーグ=24日)――巨人が3連勝。

 両チーム無得点で迎えた八回、代打・亀井の右前打で均衡を破った。3番手の森福が移籍後初勝利。阪神は打線が振るわず上本のソロの1点どまり。
阪神は25日、24日の巨人戦(甲子園)で顔面に死球を受けた阪神・鳥谷敬内野手(35)が鼻骨を骨折したことを発表した。24日に尼崎市内の病院で診断された。全治は未定。

 25日も病院から甲子園に向かい、黒いフェースガードをつけた姿で午後3時前から練習を行った。出場選手登録は抹消せず、巨人戦も強行出場する見通しだ。


「蛇足」
 

「将棋界に“遅咲き”は極めて少ない。トップ棋士のほとんどは10代でプロになる。実力さえあれば、そのままのし上がっていける世界」(専門誌記者)というだけに、一口に「棋士」といっても収入の格差は大きい。

「プロ棋士の収入のベースとなるのは、1年をかけて行なわれる名人戦順位戦の対局料で、プロ入り(四段昇格)直後のクラスでは月に15万円弱。この他に、参加した各棋戦の対局料が、1局2万~30万円程度といわれる。勝ち進めばその分の対局料を受け取れますが、棋士の稼ぎだけで食べていけるのはプロ棋士約200人のうち1割程度。将棋教室での指導や将棋雑誌への寄稿などで生活費を稼ぐ棋士も少なくない」(同前)

 藤井四段の場合、公式戦の対局料に加え、ネットテレビ番組で羽生善治三冠(46)に勝利した対局のような非公式戦や、メディア露出等もある。「非公式戦にも一般的な対局料程度の報酬は支払われていると思います。現時点で藤井四段の月収は50万円程度でしょう」(あるプロ棋士)とみられている。年収600万円の中学生ということになる。

 獲得賞金棋界トップは、9150万円の羽生三冠。2位は7390万円の渡辺明竜王(33)、3位は5722万円の佐藤天彦名人(29)だ(日本将棋連盟発表、2016年度)。藤井四段はそうした面々に迫れるのか。

「タイトルをひとつでも獲ると、賞金で年収は一気に跳ね上がる。ただ、新人は名人戦に出ることができません。5つにクラス分けされた順位戦で毎年昇級し続けても挑戦権を得るまでに最低5年はかかる。

 可能性があるとすれば、現在予選を勝ち進んでいる竜王戦。賞金総額が棋界最高のタイトルで新人でも獲ることができる。勝ち進めば、対局料だけで700万~800万円。今後決勝トーナメントで12連勝して竜王に挑み、万が一タイトルも獲れば4320万円の賞金が得られ、年収は5000万円を超える」(同前)

 15歳でデビューし、通算獲得賞金額が25億円を超える羽生三冠が、初めて竜王のタイトルを手にしたのは19歳。それを上回るペースで藤井四段が稼ぎを積み上げられるか。前人未到の挑戦が続く。

※週刊ポスト2017年5月26日号

「速報」
 

藤井四段、公式戦連勝記録19に…竜王戦本戦へ
2017年05月25日 19時57分
 将棋の最年少棋士・藤井聡太四段(14)は25日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた竜王戦6組ランキング戦決勝で、近藤誠也五段(20)に勝利した。


 渡辺明竜王(33)への挑戦権を争う本戦(決勝トーナメント)に駒を進めるとともに、デビュー以来の公式戦連勝記録を歴代単独7位の「19」に伸ばした。





            

            
                                  
        

阪神タイガースは甲子園以外でも、強いのだ!

category - 阪神タイガース
2017/ 05/ 09
                 
 
【阪神】糸井、3戦連続完封中G菅野を止めた!初回に適時打
 ◆巨人―阪神(9日・東京ドーム)

 阪神・糸井が「伝統の一戦」の初回に巨人・菅野から適時打を放ち、菅野の連続イニング無失点を27でストップさせた。

 広島相手に9点差をひっくり返した猛虎の勢いが、東京ドームにまでやってきた。ゼロ行進を続けていた菅野を止めたのは超人のバットだった。先頭・高山のボテボテの打球が三塁手のマギーの頭上を越えるラッキーな二塁打。北條が送って1死三塁とすると、糸井が内角のスライダーを捉えて、右前に先制タイムリーを放った。

 さらに2死一、三塁から鳥谷が左前タイムリーを放ち初回に2点を先制。3試合連続完封勝利中だった巨人のエースから初回に得点を奪い、左翼席を埋めた虎党は沸き返っていた。 阪神はさらに1点差に止め寄られた3回に福留が4号2ランで再びリードを広げた。先発の秋山は巨人打線相手に7回6安打2失点にまとめ、マテオ、ドリスとつないで逃げ切った。

秋山 3連続完封の巨人・菅野に投げ勝つ 6連勝に貢献する2勝目

 「巨人2-4阪神」(9日、東京ドーム)
 阪神・秋山が3試合連続完封の巨人・菅野に投げ勝ち、2勝目を挙げた。
 秋山はソロ本塁打2本のみで7回6安打2失点の好投。菅野との投げ合いに「めちゃくちゃ緊張してたんですけど、対菅野さんというより自分ができることをしようと思っていた。序盤から点をとっていただいたんで緊張していたんですけど、打線の勢いに乗っていくことができた」と序盤の援護点に勇気をもらい、安定した投球を披露した。
 巨人戦での先発白星は新人時代の2010年以来となる。
 チームは6連勝。金本監督は「一番は秋山が菅野相手に投げ勝ってくれたな。そこです。秋山の気持ちが前面に出ていたし、打線も秋山に勝たそうという気持ちが出ていた」と好投を喜んだ。
 セ・リーグトップの20勝到達で貯金は9となった。「きょうの勝ちは秋山にも大きいと思いますし、チームにとっても大きい。貯金を増やしていけるように。きょうの秋山のピッチングをみて岩貞がどう思うか」。10日先発の岩貞にハッパをかけていた。

☆今日の試合はこの二人の巧打で決まったといっても過言ではないと思う。5連勝中の阪神タイガースはルーキー年、対巨人戦で先発して初勝利をあげた、縁起の良い秋山(愛姫西条高出身)を先発に起用した金本監督の英断が功を奏したといってよいでしょう。!地味なタイプの糸井ではあるが、日本一の菅野から内角スライダーを跳ね返し右安打したことは流石は「新タイガース」の神様である。この一打で菅野の4試合完封試合の記録を打ち砕いたことでこの勝負は決まった感じがあった。☆

勢いにのる”今年の阪神は本当に強い”

「速報」
「文在寅氏が当選確実」と韓国メディア

 韓国の大統領選挙で、MBCテレビは、革新系で「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏が当選確実と報道しました。
 大統領選挙では、投票終了の午後8時と同時に、3大放送局が共同で行った出口調査に基づく予想得票率を発表。結果は、革新系の文在寅氏が41.4%、保守系の洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏が23.3%、中道系の安哲秀(アン・チョルス)氏が21.8%で、文氏が他の候補を大きく引き離しました。
 文氏は、午後8時半過ぎに「共に民主党」の自身の陣営を訪れ、事実上の勝利宣言をしました。


<韓国大統領選>文在寅氏が当選 9年ぶり革新政権
毎日新聞 5/9(火) 22:35配信

<韓国大統領選>文在寅氏が当選 9年ぶり革新政権
出口調査の結果を受け、支持者らの前で手を上げる文在寅氏=AP
 【ソウル米村耕一】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免に伴う大統領選挙が9日投開票された。革新系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏(64)が、保守系「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏(62)、中道系の第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)氏(55)を抑え、当選を決めた。文氏は午後8時半すぎ、「国民の切なる願いが今日の勝利の原動力となるだろう」と事実上の勝利宣言。約9年3カ月ぶりに革新政権が復活する。新大統領は当選確定後の10日午前に就任する。
            

            
                                  
        

阪神 球団史上初、9点差の大逆転劇で首位浮上

category - 阪神タイガース
2017/ 05/ 07
                 
  


阪神 球団史上初、9点差の大逆転劇で首位浮上

勝ち越し打を放った7回終了後、ベンチ前でナインとタッチを交わす阪神・梅野=甲子園(撮影・高部洋祐)
7回、勝ち越しに歓喜する阪神ナイン=甲子園(撮影・飯室逸平)
お立ち台で「1位」をあらわす1本指を立てる(左から)阪神・高山俊、阪神・糸原健斗、阪神・梅野隆太郎=甲子園(撮影・高部洋祐)

 「阪神12-9広島」(6日、甲子園球場)
 阪神が球団史上初となる9点差をひっくり返す大逆転勝利。4連勝でついに首位へと浮上した。8点差の逆転勝ちは1978年5月2日の大洋戦での記録があるが、9点差となると過去に例のない大逆転劇となった。


”今年の阪神は強い”開幕戦でも広島のジョンソンを打ち崩し10-6で勝利した。この勝利が今年の虎のモットー「挑む」を表わす象徴であった。まさかと思ったのは、高山が2年目のジンクスかと思うほどの不調から、5-9と追い上げた6回2死満塁で走者一掃の3塁打としたことである。!続いて7回、今度はドラフト5位の新人糸原が2死一、二塁から右前に転がし、同点。打撃開眼の梅野が2点3塁打で遂に逆転。☆勝利の方程式の高橋・マテオ・ドリスで締めて単独首位へ。!

巨人がヘビー級としたら、まだバンタム級くらいのチームであるが、昨年掲げた「超変革」の意識改革で、戦闘集団に変わりエラーやミスを乗り越え前進する姿は、まさに猪突猛進で猛虎復活の兆しが見えてきた。

「速報」
 



お立ち台でガッツポーズを見せる鳥谷敬(左)と福留孝介=甲子園(撮影・飯室逸平)

 「阪神6−0広島」(7日、甲子園球場)

 阪神が5連勝。広島との首位攻防3連戦3連勝で、単独首位をがっちりキープした。ヒーローインタビューには、この試合5打点の鳥谷敬内野手(35)と福留孝外野手(40)が並んでお立ち台に登場した。




阪神が5連勝で単独首位キープ 鳥谷5打点、能見が今季初勝利
「阪神6-0広島」(7日、甲子園球場)
 阪神が5連勝。広島との首位攻防3連戦3連勝で、単独首位をがっちりキープした。
 広島先発・九里の前に、三回まで無安打無得点に抑えられていた阪神打線。目覚めたのは四回だ。先頭の北條が四球で歩くと、続く糸井がチーム初安打となる右前打を放って無死一、二塁とした。
 福留の二ゴロで1死二、三塁。中谷は三振に倒れたが、続く鳥谷が仕留めた。真ん中付近に甘く入った変化球を右前へ。二走・糸井もかえって先制の2点タイムリーとなった。

☆2戦までは逆転勝利であったが、今日は先行逃げ切りの虎らしい理想的勝利であった。開幕時は鳥谷はチャンスに撃てず、エラーはするは、期待されていなかったが、先輩福留の支えもあり2000本安打の目標に向かいヒットが出るようになった。鳥谷の存在が得点力アップの鍵になることを改めて印象づけた。開幕から先発を外れた1試合を除けば、6番で20試合、7番で5試合に出場。3、4番に座る糸井と福留は2人とも打率3割を超えるだけに後に控える打者に好機が回ることが多い。今回の2打点を加えても、まだ6打点しかない。一方で鳥谷が打点を挙げれば、今季は4戦4勝。10年には自己最多104打点を記録したこともある本来の勝負強さを発揮できれば、打線の厚みはもっと増すはずだ。
チャンスに弱い鳥谷が今日は5打点を上げることは虎も得点力が上がり、勝利が自然に増えることになる。好投を続けていた能見も打線の後押しが無く無勝利だったが今日は打線の援護もあり初勝利。!気分良く来週からの宿敵巨人を迎え撃つことが出来る。虎は、動物園を脱出したのだ。☆






「負けてニュースになるおかしなニュース」
中学3年生の藤井四段 非公式戦の公開対局で敗れる
5月7日 18時17分
史上最年少で将棋のプロ棋士になり、デビュー以来の公式戦の連勝記録を16に伸ばしている愛知県の中学3年生、藤井聡太四段が7日、地元、愛知県で開かれた「将棋まつり」の非公式戦の公開対局で、同じく愛知県出身の豊島将之八段に敗れました。
愛知県岡崎市で開かれた7日の将棋まつりでは、非公式戦ながら、話題の藤井四段と豊島八段の公開対局が行われるとあって、応募のあった770人の中から抽選で選ばれた250人が対局を観戦しました。

藤井四段は中盤から攻められる展開となり、時々首をかしげながら駒を進めていましたが、92手で投了しました。豊島八段の勝利を確認すると、対局を見守っていた観客からは歓声が上がって、2人に大きな拍手が贈られていました。

対局後、藤井四段は「気合いを入れて臨みましたが、中盤で差がついて、競り合いにならずに残念でした。中盤に甘いところがまだあるので、そういったところを直して強くなりたい。大勢の人に集まってもらって、将棋を指したのはいい経験になりました」と話していました。

対局を観戦した小学2年生の男の子は「楽しく見させてもらいました。藤井さんが負けてしまったけど、内容のよい将棋だったので、よかったです」と話していました。

藤井四段の公式戦の次の対局は今月12日に予定されています。
            

            
                                  
        

北朝鮮の脅威を煽りながらGWに外遊する自民党とタイガーの守乱

category - 阪神タイガース
2017/ 05/ 03
                 
   





北朝鮮危機そっちのけ 大臣11人「GW外遊」に税金10億円

さんざん危機を煽っておきながらいい気なものだ――。北朝鮮情勢が緊迫する中で迎える今年のゴールデンウイーク。思い切りはしゃげない人もいるかも知れない。ところが、恒例の閣僚の“GW外遊”は相変わらず。27日、安倍首相がロシアに出発するのに続き、閣僚たちも世界各地に飛び立つ。20大臣のうち、半数の11大臣がノンビリと外遊する予定である。

 11閣僚(別表)の他にも10副大臣、8政務官が外遊予定。費用はVIP待遇の大臣は1回につき約5000万円といわれている。副大臣以下を半分と見積もっても、10億円を超える出費である。

☆今日は憲法記念日だ。平和を守る日でも有る。安倍首相は岸信介からの遺言とも言われる「憲法改正」をもくろんでいます。父方の祖父安倍寛は反東条派の硬骨漢でしたが、専ら岸信介に傾倒している。洋子ママにも頭が上がらないくだらない次男坊カラスといわれる所以です。喝)国内では福祉・子育てで苦しんでいる人が沢山います。貴重な税金を使って外遊とは・・いい加減にせい・・と怒り心頭です。爆)



 
7回、勝ち越しを許し悔しさにひざまずく秋山(撮影・飯室逸平)

金本監督防げるミスに「もう、いいでしょう」またも守備に乱れ

 

 「ヤクルト4-1阪神」(2日、神宮球場)
 防げるミスが出ればムードは高まらない。報道陣に、守備の乱れを問われた阪神・金本知憲監督(49)は、少しあきれるような雰囲気で笑みを浮かべながら「もう、いいでしょう。それは」とだけ話した。記録に表れないものも含め、チームとしての「悪癖」は改善されないままだ。
 二回の失点は、2死からの中村の飛球を、高山がグラブに当てながらも捕りきれなかったプレーから。さらに六回だ。1死からの山田の打球は、マウンドのやや一塁側寄りへのフライとなったが、これを内野陣がお見合い。ポジション的にはキャンベルが捕るべきところで、失点にはつながらなかったものの、敗戦の結果と合わせて後味の悪さが残った。
 打線も、前回の対戦で8回1失点と抑えられたブキャナンを攻略できなかった。「まあいいピッチャーやし。あと1本が出なかったという。それも野球ですから。結果として」。攻守ともに、今後への課題がはっきりと出た黒星。受けとめた上で、切り替えて3日の勝利を目指すだけだ。

秋山好投に神宮拍手、勝たせたかった…“拙守”に足引っ張られ不運2失点

 7回、勝ち越しを許し悔しさにひざまずく秋山(撮影・飯室逸平)
 「ヤクルト4-1阪神」(2日、神宮球場)
 何とか勝たせてあげたかった。阪神・秋山拓巳投手(26)は七回途中を8安打2失点と粘りの投球を見せたが、わずか1点の援護しかなく敗戦投手となった。バックの拙守も重なり、逆転負けを喫した。首位・広島とは2ゲーム差に広がり、3位・巨人に0・5差まで迫られた。チームにとっても、秋山にとってもここが正念場。チーム一丸で乗り越えてくれ!
 神宮のファンが大きな拍手を送った。勝ち越し点を奪われて降板する投手に対して、異質の光景が広がった。誰も秋山は悪くないことは分かっていた。味方に足を引っ張られても奮闘した姿-。七回途中2失点での交代に、背番号46には大歓声が降り注いだ。
 ミスさえなければ…。完封していたかもしれないと思わせる内容だった。1点リードの二回、2死から中村の飛球を高山が落球。チェンジから一転、2死二塁のピンチを招き「相手がうまかった」と外角低めのカーブを谷内に拾われた。
 これが同点適時打となったが、最少失点で切り抜けた秋山。打線の援護がない中でも、ブキャナンと真っ向から投げ合った。六回には山田の飛球を内野陣がお見合いして招いた2死二、三塁のピンチも切り抜けた。
 しかし七回、1死三塁から代打・大松を二ゴロに仕留めたと思われたが、三走・中村が上本の送球よりも早く生還。続く坂口に左前打を許したところでマウンドを降り、秋山は「七回までは投げ切りたかった」と唇をかんだ。それでも金本監督は「安定したいいピッチングをしているから」と右腕を責めることはない。
 開幕からしっかりと先発の責任を果たし「一気に崩れることはなくなった」と明かす。この日も、高くて傾斜がきつい神宮のマウンドに最初は戸惑った。それでも二回以降はきっちりとアジャストし、好投につなげた。
 先発投手にとってもっとも必要な適応力-。昨季から秋山はプレートの位置をこれまで踏んでいた三塁側から真ん中に変えた。習得したシュートを生かすためだったが、副産物として、両コーナーに投げ分けられる制球力も身に付けた。
 自分に合わないマウンドでも適応し、持ち前の制球力を乱すことなく四球はゼロ。4試合連続無四球と自ら崩れる“スキ”を相手に与えない。敗戦にも「自信にしていきたいと思います」と言った秋山。もはや先発ローテに欠かせない存在だからこそ、勝ちたかった。いや、勝たせてあげたかった。

☆鳥谷のサードのエラーが特に多いので、THAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)を配備するべきと思う。笑)
後は、もう何も言うことはありません。アーメン!南無。♪まけたらあかん東京には・・・♪




「速報」
 ◆ヤクルト4―8阪神(3日・神宮)

 阪神・福留孝介外野手(40)が、4月26日に40歳となってからは初となる4安打の固め打ちで、勝利に貢献した。1点差の9回1死一塁から、この日4安打目となる左中間への適時二塁打。さらに続く代打・北條の左前安打で本塁まで生還する“激走”もみせた。

 2日のヤクルト戦(神宮)では走者を置いた場面で4度凡退。打線のブレーキとなったが、そのうっぷんを晴らすかのように大暴れ。お立ち台では9回の走塁について問われ「まだまだ走れます!」と語り、不惑を迎えても頼もしかった。


            

            
                                  
        

2ヶ月振りの「荒野の血糖値」

category - 阪神タイガース
2017/ 04/ 28
                 
 
小雨ぱらつく、新札幌駅南側         初めて見た自然のチューリップ
 
科学館付近の公園                  新札幌循環器病院

あいにくの雨模様であったが、♪傘になれよと・・♪という歌にあるように親孝行が出来なかった拙者は、昔から傘を持っていくことが嫌いな男です。汗)幸い、病院に付くまでには、雨があがり助かった。

担当医のDr.S先生は道内でも有名な心臓外科医です。多忙なので私の予約時間はたいてい午後3~4時が多い。このところの2ヶ月間は、寒い日が続き燗酒にちゃんこ鍋やジンギスカンが多かったので、血糖値の数値は高いと覚悟はしていたが、もしや・・・という期待もあった。正直なものである。血糖値が206・でHbA1c7・3でした。普段は「大丈夫・・大丈夫」という先生ですが、今日は「要注意ですね~~」と言われ内心がっかりしました。涙)

糖尿病の原因といわれる生活の三大不摂生「不規則な生活、食べ飲み過ぎ、運動不足」を満たすに余る生活では当然の結果でした。それでも「これから暖くなりますから、とにかく歩くことです」とあくまで優しいDrでした。


薬を受け取りバス停に向かうころは、暗くなり急に冷えこんで来た。前も実行・成功しているので今夜から禁酒ではなく、断酒をしようと誓った。



 


キャンベル待ってました!初先発で初安打初打点 新助っ人がベール脱いだ

 お立ち台で笑顔を見せる(左から)糸井、キャンベル、ドリス(撮影・飯室逸平)

 「阪神5-2DeNA」(27日、甲子園球場)
 試合を決定付ける一打に聖地が歓喜した。来日後初の適時打。阪神・キャンベルにスマイルが飛び出した。1軍合流2戦目にしてお立ち台に上がり「アリガトウゴザイマス!」と日本語で感謝の意を表すと、「長い野球人生で最高のファンの方々だと思います」と盛り上げた。
 記念すべき初安打に初打点。キャンベルにとっても忘れられない一日になった。「5番・一塁」で初スタメン。三回先頭の第2打席で左前打を放ち、さらに2点リードの七回2死三塁でも低めの変化球をうまく拾い、ライナーで左前に落とした。3点差に広げる貴重な一打に「みんながつないでくれた。大きな1点を挙げることができたよ」と笑顔がはじけた。
 当初、予定にはなかったこの日のスタメン入り。金本監督は「練習で一番よかったしね。練習の状態で決めようかというところで5番のところに、カッコしてあったんだけど。練習見て、バッティングコーチもいこうか、ということで」と説明。マルチ安打で見事に応えた。
 意外な一面を持つ助っ人。アメリカでは鳥などの野生動物を狩猟し、調理していたという。日本では不可能。だが「できないから、スーパーで鶏肉とか、魚を買ってさばく。自分で料理するんだよ」と自ら腕を振るい、異国の環境に順応しようと努力している。
 左手首腱鞘(けんしょう)炎で出遅れ、開幕後の2軍調整が続いた。悔しい思いもあった。「もどかしさを感じていたよ」。鳴尾浜では表情も暗かった。それでも「チームの勝利に貢献するために日本に、このチームに来たんだ」と熱く話したキャンベル。またファンの笑顔が見たい-。野手唯一の助っ人が、何度も何度も歓喜をもたらす。

☆帰宅して直ぐTVを見たら阪神が連打で3点を奪っていた。珍しい速攻です。キャンベルは長打者ではないが、シュアなバッテイングには定評があり、本来は3塁手なのだが、鳥谷が3塁に回り2000安打にも挑戦している関係で、1塁5番になっているが、今後、鳥谷の成績によっては、変わる可能性もある。阪神は先行逃げ切り型のチームであり、抑えのドリスの安定さは真に心強い。
セ・リーグ一のストッパーである。
その様な訳で、断酒前の最後の晩餐会となった次第。今夜から断酒開始です。☆


 

「速報」
阪神 投打で助っ人が活躍 メッセンジャーは4勝目、キャンベル連夜のお立ち台

ヒーローインタビューを終え、笑顔でサムアップするキャンベル


 「阪神6-0中日」(28日、甲子園球場)
 阪神のメッセンジャーがハーラーリーグ単独トップとなる4勝目を挙げた。中日打線を7回6安打無失点と封じ込めた。チームの貯金は今季最大の4となり、首位・広島とのゲーム差は1・0となった。
 月間MVP級の活躍に助っ人右腕は、「タイムリーヒットを打ってくれる打者陣、自分の後に投げてくれるチームメイトをいるから」と感謝の言葉を並べた。
 打線は四回にキャンベルが右方向への適時二塁打を放ち、先制。この一打が決勝点となった。
 キャンベルは4打数2安打1打点で2試合連続のマルチ安打をマーク。2夜連続のお立ち台にも上がり、「本当にこういう形でここに来られてうれしい」と白い歯を見せた。
 先制適時打については、「2ストライクなっていたので手元までボールを呼び込んで逆方向という意識だった」と振り返っていた。
            

            
                                  
        

阪神が逆転負け 苦手の左腕、田口に6連敗

category - 阪神タイガース
2017/ 04/ 22
                 

    
今日は朝から雨模様で新札幌駅前も閑散としていた。道東では雪が降ったところもあり、異常気象が続いています。

阪神も中々思うようには行かず今日の巨人戦は苦手の田口とはいえ6連敗はいけません。汗)

「巨人4-1阪神」(22日、東京ドーム)
 連勝を狙った阪神が逆転負けを喫した。
 初回、2死二塁の得点機を作ると、4番・福留の一、二塁間を破る適時打で先制。2試合連続の先制打で流れを呼んだが、三回に坂本の中前適時打で2点を返された。先発・能見は自らの失策と四球が絡んでの失点。「自分のミスから始まってしまい、何とか抑えようという気持ちが、力みに代わってしまった部分がありました」と肩を落とした。