囲碁・将棋 - 不思議な不正義2

囲碁・将棋

        

阪神タイガースと「将棋」と立冬

category - 囲碁・将棋
2017/ 11/ 08
                 
昨日が立冬でしたが逆に気温が上昇して黄葉の葉っぱも枯れ落ちて公園の敷地も茶色の絨毯が敷かれたようです。私の体も枯れてきたのか、体調が悪く今日、大腸カメラの検査の予約をしてきました。
ダウンロード


日ハム大谷、米大リーグ挑戦を表明 代理人も決定
11/07 23:28 更新



 プロ野球北海道日本ハムの大谷翔平選手(23)が7日、今オフにポスティングシステムを使って米大リーグに挑戦する意向を表明した。同日までに米大リーグの移籍交渉を委ねる代理人を決め、「向こうに行くためにこのタイミングで決めた」と話した。大谷選手が今オフの海外移籍の意思を自らの言葉で話したのは初めて。

 手術した右足首のリハビリに取り組んでいる千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で報道陣の質問に答えた。代理人は青木宣親外野手や田沢純一投手(マーリンズ)らも担当したネズ・バレロ氏が務める。
☆日ハムは、ダルビッシュや清宮と大物選手を獲得しますが、離脱する選手も多い不思議なチームですね。常に新陳代謝をしながら成長する自然の摂理を応用しているようですね~!一流選手には、大リーグは憧れの地ですから止めることは出来ません。しかし日本リーグの質の低下を招かないのだろうかと悩みます。来日する外国選手は、二流選手です。報酬額ではお互い高額ですから公平とも言えます。規定がある以上は選手の自由を重んじることが大切なことでしょう。!


 日本シリーズが4日に終了したことで、今季のフリーエージェント(FA)有資格者が権利を行使するための申請期間は6日に開始されることが決まった。申請期間は土日、祝日を除く7日間以内で、14日に締め切られる。申請した選手は15日に公示され、16日から他球団との交渉が解禁される。今季の有資格者は計85選手で、国内FA権は日本ハム中田、増井、西武牧田、野上、阪神俊介ら25人、海外FA権は日本ハム大野、ロッテ涌井、西武炭谷、オリックス平野ら60人が保有している。

平野、鶴岡がFA宣言/FA、退団選手移籍情報一覧
[2017年11月7日15時20分]


 日本シリーズが終了したプロ野球界はストーブリーグに突入。FA選手、退団選手らの動向は? 移籍情報などをチェック。なおFAスケジュールは6~14日が申請期間で、15日に公示され16日から交渉解禁となる。

 FA資格選手85人(セ44、パ41)の6日現在の動向、また主な選手の詳細は以下の通り。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711050000149.html?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=20171105-00045277-nksports-base
阪神・俊介は残留「タイガースの力になりたい」FA権は行使せず

大和が阪神へFA権行使を通達、3球団争奪戦突入へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000091-dal-base


「将棋コラム」

里見香奈倉敷藤花VS伊藤沙恵女流二段。最強のタイトル保持者に最強の挑戦者が挑む。第25期大山名人杯倉敷藤花戦の展望は?
昨年の24期は室谷由紀女流二段に2勝1敗で里見5冠が防衛した。女流棋戦のタイトル戦は6つ。タイトル保持者と挑戦者の番勝負は、春に開幕するマイナビ女子オープンを起点として、女流王位戦、霧島酒造杯女流王将戦、リコー杯女流王座戦、大山名人杯倉敷藤花戦、岡田美術館杯女流名人戦と続く。6冠を目指してマイナビ「女王」本戦トーナメントで戦っています。なお室谷由紀女流二段(大阪狭山市出身)が平成29年10月1日より大阪狭山市の観光大使に委託されることが決定いたしました。
 

振り駒の結界伊藤沙恵女流二段が先手となった。

第25期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負、里見香奈倉敷藤花に挑戦するのは伊藤沙恵女流二段。第1局は11月7日、東京・将棋会館で行われる。第2局は26日、第3局は27日に岡山県倉敷市「倉敷市芸文館」で行われる予定だ。
ダウンロード
倉敷美観地区の「倉敷市芸文館」

11月7日に行われた第25期倉敷藤花戦三番勝負第1局(里見香奈倉敷藤花vs伊藤沙恵女流二段)は、170手で里見香奈倉敷藤花が勝ちました。第2局は11月26日(日)に岡山県倉敷市で行われます。

三番勝負の模様は、大山名人杯倉敷藤花戦中継サイトと日本将棋連盟ライブ中継で中継をいたします。ぜひご覧下さい
http://live.shogi.or.jp/kurashikitouka/kifu/25/kurashikitouka201711070101.html

ダウンロード

現在進行中の第76期A級順位戦、11月8日(水)は、羽生善治棋聖VS三浦弘行九段 戦が東京・将棋会館で行われます。

この対局の模様は、AbemaTVと名人戦棋譜速報と日本将棋連盟ライブ中継でご覧いただくことができます。
現在までの成績は羽生棋聖が3勝2敗で2位、三浦九段は2勝2敗で7位です。尚1位は豊島8段の4勝0敗です。

「速報」
羽生棋聖が131手で勝ちました。23:10

羽生棋聖は4勝2敗で単独2位となりました。残りの4戦全勝しても1位の豊島8段が2敗しなければ名人挑戦者決定戦にも出られません。羽生棋聖は既に豊島8段に負けています。しかし豊島8段は残り6戦もあるのでまだマジックはでません。
「羽生棋聖の永世7冠は期待できる」
1996年に史上初の"同時7冠"を達成した羽生も、渡辺ら次世代の追い上げで今夏に王座を失い、現在は棋聖のタイトルのみ。往時の力が落ちたかと心配する向きもあるが、『将棋世界』の田名後健吾編集長はこう分析する。
「羽生さんの力が落ちているとするならば、竜王戦の挑戦者になれるはずもない。47歳にして第一線で活躍しているのはすごい。近年、コンピューターの影響で序盤技術が向上し、羽生さんは従来の定跡が通用しなくなって苦慮しているが、対応力は驚異的。永世7冠は十分期待できる」
 事実、羽生は名人位には史上初めて3度の復帰を遂げ、さらに7冠から1冠になった後も4冠へ戻すなど、見事な復活劇を演じてきた。「最近はAI(人工知能)研究にはまっている様子です」(羽生を知る元新聞記者)という衰えぬヒーローの大記録達成の瞬間が楽しみだ。
(粟野仁雄)
「蛇足」
ダウンロード

「3月のライオン」神木隆之介&尾上寛之がプロ棋士と対決!染谷将太は解説に
2017年3月24日 12:00 207

羽海野チカ原作による実写映画「3月のライオン」に出演する主人公・桐山零役の神木隆之介、二海堂晴信役の染谷将太、松本一砂役の尾上寛之が、プロ棋士による対局イベント「第零期 獅子王戦」にゲスト出演。その模様が、3月26日の17時よりニコニコ生放送にて配信される。

尾上寛之演じる松本一砂。


獅子王戦は劇中で、名人戦と並ぶ2大タイトルとして描かれている棋戦。1日限りのリアル対局として実現した同企画では、羽生善治三冠、加藤一二三九段、先崎学九段、藤井聡太四段によるトーナメント戦が繰り広げられる。神木と尾上はタッグを組み、エキシビションとして獅子王戦に出場したプロ棋士1名とスペシャル対局を実施。染谷は大盤解説側のゲストとして登場する。

映画「3月のライオン」の前編は公開中で、後編は4月22日に全国公開。出演者には神木、染谷、尾上のほか、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、加瀬亮らが名を連ねている。

セ・リーグの人気球団の年俸は3000万前後であるが、
12球団の2軍監督の年俸を平均すると2000万程度の年俸。


選手の年俸が高騰している割にコーチや監督の年俸は
ここ20年ぐらい上がっていないのが現状。

2軍監督は多くの場合朝7時8時に家を出て、球場に着いて昼から試合、
試合が終わっても帰って1軍のナイターの試合をTVで観戦して
その際、スタッフから随時電話があるらしく、
実質丸1日拘束されるぐらいハードという話。

もう少し年俸が上がってもいいような気がする。

「2017年紅白歌合戦」
「週刊文春」史上初のアンケート企画「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のランキングが確定した。アンケートは9月29日から11月6日まで、小誌メルマガ会員を対象に募集し、回答総数は4500票超にのぼった。「出てほしい歌手」部門の1位は1121票を集めた安室奈美恵(40)。「出てほしくない歌手」部門の1位は1879票の得票で和田アキ子(67)という結果になった。
「出てほしくない歌手部門」では、AKB48が2位に。「ひと枠でいい。AKBとか欅坂とか乃木坂とかキリがない」(52・女)といった意見が目立った。また、3位に嵐、8位にTOKIO、13位にSexy Zone、18位に近藤真彦が入るなど、毎年多数出場するジャニーズ所属のタレントに対し、「ジャニーズだからといって、枠が多すぎて他の歌手が少なすぎる」(13・女)といった指摘も散見された。
「出てほしい歌手部門」で注目すべきは、5位にランクインしたSMAPと6位の北島三郎(81)。SMAPは最後の出演が実現するかと注目を集めた昨年の紅白も結局は出場しなかったが、「いつの日か、また再結集して出てほしい」(53・男)といった声が多数寄せられた。また、演歌の大御所・北島三郎からは「週刊文春」にコメントが届いた。北島は2013年の紅白を最後に“卒業”しているが、「昔の紅白は、まさに歌合戦でした。時代の流れとともに、今では“観せる”紅白になってきた気がします」。
 11月9日(木)発売の「週刊文春」では、「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のトップ30とワースト30を評論家のコメントなどとともに詳報している。

(「週刊文春」編集部)


♪応援宜しくね~♪




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
   
スポンサーサイト
            

            
                                  
        

「将棋」竜王戦3局目。DENA逆点でリード!

category - 囲碁・将棋
2017/ 11/ 04
                 
 
(文化の扉)47歳羽生、挑む大記録 「永世七冠」なら史上初、最新研究怠らず
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13214065.html?_requesturl=articles%2FDA3S13214065.html&rm=150

臨江閣の隣にある、前橋東照宮。日光東照宮などと同じ、東照大権現(徳川家康)を祭る神社だ。今日は七五三の参拝客でにぎわっていた。

渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦する第30期竜王戦七番勝負は、第3局が11月4、5日(土、日)に群馬県前橋市「臨江閣」で行われます。これまで羽生棋聖が2連勝していますが、意表をつき珍しく中飛車に構え勝ちに出た感じがします。互いにアナグマに囲い羽生棋聖の攻勢、竜王の堅い守備という展開となり、僅かにポナンザの評価値も渡辺がリードしていた。

48 (1)

時刻は16時50分を回り、前橋の街が夕闇に包まれた頃に渡辺竜王が決断の一手を着手しました。図の△5七銀はいくつか予想されていた手のうち、最も直接的で激しくなりやすい手段です。控室では、黙って△5四同歩でも後手の模様がいいと見ていたため、△5七銀が着手されると大きなどよめきが上がりました。
ここまではポナンザの評価血は竜王の360くらいでリードをしていたが、△5七銀を見て羽生棋聖の50~70に触れた。!
明日の戦いが注目される。


1時間ほど考えて羽生棋聖が別室で封じ手を書く間、待つ竜王と藤井立会人等。

 img_0119 (1)


封じ手予想は検討陣が全員一致で▲4三歩を予想。しかし、「それじゃあ面白くないから、▲4三歩はぼくで、あとの人は違う手をあげなさい」と藤井九段。それを受けて、岩根女流三段が▲5三歩成、阿久津八段が▲2二角成、千葉六段が▲2六飛を挙げてくれた。


対局室のある臨江閣本館は夕闇に包まれている。

「将棋2日目」
 

封じ手は予想通り▲4三歩でした。竜王も直ぐ同銀と応じた。
    
「上州黒毛和牛幕の内弁当」





12時30分、図の局面で渡辺竜王が27分使って昼食休憩に入りました。消費時間は▲羽生5時間50分、△渡辺5時間6分。昼食の注文は、羽生棋聖が「上州黒毛和牛幕の内弁当」、渡辺竜王が「鴨せいろ」。対局は13時30分に再開します。


実は休憩中に、対局室に鳥(シジュウカラと思われる)が2羽入り込むトラブルが発生していた。関係者の必死の尽力で、外にお帰りいただいて事なきを得た。


図は15時20分頃の局面。
「ここで△5二飛がぴったり」と控室の検討陣。8二の銀取りと、△5七飛成▲同竜△4七角成の狙いです。
「これは急転直下で、形勢に差がつきそうです。ちょっと前まで互角に近いと思っていましたが、△5二飛の局面は、すでに大差で後手よしといってもいいと思います」(阿久津八段)

【15時36分追記】
渡辺竜王が△5二飛を着手しました。対して、羽生棋聖はノータイムで▲9一銀成としています。▲9一銀成まで、消費時間は▲羽生6時間47分、△渡辺6時間9分。
☆最後まで豊川七段の得意の洒落言葉の「毛切れより痛いといわれる歩切れ」に泣いた羽生棋聖でしたが、▲8八銀が負けを早めたようだ。中飛車戦法では負けたことが無かったのだが、自玉の防備を固めずに攻撃したことが2連勝の油断であったか?


投了図
竜王戦第3局は17時7分、108手で渡辺竜王が勝ち、シリーズ成績を1勝2敗としました。消費時間は▲羽生7時間6分、△渡辺7時間7分(持ち時間は各8時間)。第4局は11月23・24日(木・金)に新潟県三条市「嵐渓荘」で指されます。

里見香奈女流王座に挑戦するのは、加藤桃子女王です。
前期と立場を入れ替えての五番勝負になります。

前期は里見女流王座が全て中飛車で通したシリーズでした。
そうなると今期も対抗形が中心となりそうと予想するのが本線ですね。
今期からニコニコ生放送でも中継されることになりました。
タイトルホルダー同士のぶつかり合いが楽しみなシリーズになりそうです。



ダウンロード



第7期女流王座戦五番勝負 第1局
里見香奈(さとみ・かな)女流王座 対 加藤桃子(かとう・ももこ)女王
2017年10月26日(木)
<ザ クラウンパレス新阪急高知>
高知県高知市本町4-2-50
立会:谷川浩司(たにがわ・こうじ)九段
里見香奈女流王座に加藤桃子女王が挑戦する第7期リコー杯女流王座戦五番勝負第1局が、10月26日(木)に高知県高知市「ザ クラウンパレス新阪急高知」で行われ、加藤女王が先勝しました。第2局は11月11日(土)、大阪府大阪市「芝苑」で行われます。



DeNA ラミちゃん采配ピタリ DH抜てき白崎が同点弾、一気に逆転
11/4(土) 20:35配信 スポニチアネックス
DeNA ラミちゃん采配ピタリ DH抜てき白崎が同点弾、一気に逆転
<ソ・D>5回無死、左越えソロを放つDeNA・白崎
ダウンロード

 ◇SMBC日本シリーズ第6戦 ソフトバンク―DeNA(2017年11月4日 ヤフオクD)

 プロ野球のSMBC日本シリーズ(7試合制)は4日、ヤフオクドームに再び舞台を移して第6戦が行われ、3連敗後の2連勝で再び敵地に乗り込んだDeNAが5回に白崎の1号ソロで同点に追いつき、ロペスの2点適時打で一気に逆転に成功した。

 白崎は「7番・DH」で先発し、日本シリーズ初出場。2回に回ってきた初打席で右前へ安打を記録すると、1点を追う5回に先頭打者として回ってきた第2打席では左翼席へ同点の1号ソロを放った。ソフトバンク先発・東浜が投じた2ボールからの3球目、外角寄りの変化球をとらえて左翼スタンドへ運んだ。

 ラミレス監督はソフトバンクのホームで同じくDH制を取った第1戦(10月28日)では6年目の乙坂、第2戦(同29日)では1年目の細川をDHに起用。今回は5年目の白崎を起用し、それが当たった。

 白崎は「打ったのはスライダーだと思います。手応えはすごく良かったです。先発で起用してくれたチャンスを、結果で返したいと思っていました。今永が頑張って投げているので、逆転できるように頑張ります」と、少し興奮した様子で語った。

 白崎の同点弾で勢いづいたDeNAは1死後、倉本、桑原の連打で一、二塁とチャンスを広げ先発投手の東浜をマウンドから引きずり下ろすと、2番手・嘉弥真から梶谷がバントを決めて2死二、三塁とし、ここでスイッチした3番手・石川からロペスが左前へ2点適時打を放って逆転に成功した。

日本一おめでとう!
ソフトバンク工藤監督、涙の日本一「苦しかった」
[2017年11月4日23時25分]
ダウンロード

ソフトバンク対DeNA DeNAに勝利して優勝を決め胴上げされる工藤監督(撮影・加藤哉)
ダウンロード

11回裏ソフトバンク2死一、二塁、川島慶三はサヨナラ打を放ち歓喜の輪に飛び込む(撮影・栗木一考)


<SMBC日本シリーズ2017:ソフトバンク4-3DeNA>◇第6戦◇4日◇ヤフオクドーム

 日本一に輝いたソフトバンク工藤公康監督(54)が、球史に新たな記録を刻んだ。

 監督では自身2年ぶり2度目の日本一。選手時代の11度(西武8、ダイエー1、巨人2)を含めれば、13度目の栄冠を手にした。選手と監督合わせてシリーズ優勝13度以上は、森祗晶(17度=選11、監6)、川上哲治(15度=選4、監11)、王貞治(13度=選11、監2)に続いて4人目となった。

 延長11回、サヨナラ勝利の死闘だった。選手たちの手で8度宙に舞うと、こらえきれずに天を仰ぎ涙を流した。

 勝利監督インタビューでは「苦しかったです」と率直な心境をもらした。「3点取られた後も絶対に勝つ、ここで決めるんだと選手を信じて采配を振っていました。選手たちが実力以上のものを出してくれて、強いホークスをヤフオクドームの皆さんの前で見せることができて、何より幸せです!」とファンに感謝していた。

ダウンロード

健闘をたたえ合うソフトバンクの工藤監督(左)とDeNAのラミレス監督=4日、ヤフオクドーム【時事通信社】
ラミレス監督、激闘の末に終戦「後悔はなにもない」

 試合後、ラミレス監督は「去年はCSファイナルで負けたが、今年はここまで勝ち上がってきた。ここにくるまでに、何をすべきか分かった。来年は優勝を目指して準備したい。何事にも甘く見てはいけない。すべてのプレーで、気を抜いてはいけないということを学んだ。人間なのでミスはつきもの。数々の決断をしたが、うまくいった部分があった。かなり学ぶことができた。自信にもなった。後悔したくなかったし、今日も後悔はなにもない。ベストの決断をして、選手がベストのプレーをしてくれた」と話した。



♪応援宜しくね~♪




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
   
            

            
                                  
        

台風と「将棋」と血糖値

category - 囲碁・将棋
2017/ 10/ 29
                 
 

 

 

 
台風22号情報がありますが、幸い雨も降らず久し振りに近くの熊野沢公園散策に出かけました。糖尿病は血糖値のコントロールが1番重要で運動がすべてと医師から言われていたので、寒いので重武装でコンデジをもって森林の中へと進んでいった。

鳥も蝦夷リスも姿を現してくれず、寒いので犬を連れての散歩人もいなく奥地の沢まで降りていきました。しかし、生き物には全く出っくわすことが無く、何時も歯の治療でお世話に成っている勤医協歯科診療所の前に出た。足腰が弱ってるので歩数は増えませんが時間は結構小一時間ほど歩いた事になる。毎日は無理としてもせめて一週間に2・3回くらい出来たらHbA1cの数値も下がるのだろうが人間の意志もそう固くは無いものだ。汗)

「竜王戦2日目対局開始」
  (防波堤の近くに一本松が見えてきた)


対局場の大船渡市民文化会館(愛称はリアスホール)は、建築家の新居千秋氏によって設計された建物。穴通磯をモチーフにデザインされています。東日本大震災のときには、避難所として使用されました。

 

(2日目朝、1日目の指し手を再現する両対局者)
渡辺竜王が先に戻り、十数秒して羽生棋聖が席に着きました。羽生棋聖は座るなり前傾姿勢になり、険しい表情で盤をにらみます。やがて「いやー」とつぶやきました。渡辺竜王の封じ手は予想通り△4六金でした。
82 (1)

△6四桂は15時ごろの局面。竜を作った後手の攻めの調子がよいように見えましたが、先手玉をどう追い込むかははっきりしないようです。控室では「激戦」といわれています。



時刻は17時になりました。△5一金に渡辺竜王の残り時間は27分を切っています。控室の評判は「後手ペース」で、渡辺竜王がここで時間を使っているのは、苦戦を意識した「苦慮」ではないかという意見も出ています。金銀4枚に守られた後手玉が遠い。開き直って▲9一角成△4五角▲5五馬と進めるのは、一気に△7八角成▲同金△8九銀と迫られても怖い。継ぎ盤の前に座る屋敷九段は「桂が使いにくいですね」と話す。先手は後手玉に対して有効な攻め筋が見えてこないのがつらいところ。
「羽生棋聖、2連勝」

将棋界の最高棋戦で、渡辺明竜王(33)に羽生善治棋聖(47)が挑む、第30期竜王戦七番勝負第2局(読売新聞社主催)は28日から岩手県大船渡市の市民文化会館で行われ、29日午後6時22分、羽生棋聖が128手で勝った。
  

(終局直後)

 「永世竜王」、「永世七冠」が懸かるシリーズで2連勝となった。第3局は11月4、5日に前橋市の臨江閣で行われる。
☆愈々羽生棋聖の「永世竜王」と未曾有の「全七冠永世」(現在は叡王位が出来て8大タイトルとなる)の夢が現実に近づいた事を思うと”生きていて良かった”と感激に咽ぶものがあります。万歳!!(笑泣き)


DeNAがシリーズ連敗 中継ぎ陣がリード守れず 逆転の本塁生還、リプレー検証にも泣く

ダウンロード

7回、ベンチで厳しい表情のラミレス監督(右から4人目)ら首脳陣(撮影・飯室逸平)

 「日本シリーズ・第2戦、ソフトバンク4-3DeNA」(29日、ヤフオクドーム)
 リーグ3位から下克上での“日本一”を目指すDeNAだが、パ1位のソフトバンクに連敗。一時は逆転に成功したが、中継ぎ陣が強力ソフトバンク打線に屈した。
 1点ビハインドの六回、梶谷が東浜から右越えにソロ弾を放ち、追いつくと、この回、宮崎がシリーズ初安打となる2ランを代わった森から左中間へと運び、勝ち越しに成功した。
 先発した今永は6回1失点、10三振を奪う快投を披露。七回から継投に入ったが、中継ぎ陣が大誤算。2番手の三上はいきなり代打・明石に左中間への二塁打を許し、犠打バントで三進されると、左の柳田を迎えて砂田が登板。しかし、砂田が柳田に中前への適時打を浴び、1点差とされた。
 ラミレス監督はパットンを1死一塁でマウンドに送った。今宮は注文通りの二ゴロに仕留めたが、併殺を狙った柴田の送球を倉本が捕球ミスで一、二塁に。デスパイネは三振も内川に四球を与えて、2死満塁とし、中村晃の右前打が2点適時打となり、逆転された。
ダウンロード (1) ダウンロード (2)


 勝ち越しのランナーとなった2走の今宮が本塁生還について、球審はアウト判定だったが、リプレー検証で判定がセーフに覆るアンラッキーな出来事もあった。
 九回はソフトバンクの守護神・サファテから1死二塁の同点機をつくったが、得点には至らず1点差での悔しい敗戦となった。
 日本シリーズ第3戦は31日、場所を横浜スタジアムに移して、午後6時30分試合開始。



            

            
                                  
        

「将棋」竜王戦第2局目。民進党と希望の党。

category - 囲碁・将棋
2017/ 10/ 27
                 


悲願の「永世竜王」を射程圏内に納めた最強の挑戦者・羽生善治棋聖。
迎え撃つは通算11期獲得で唯一「永世竜王」の資格を持つ、竜王戦の顔・渡辺明竜王。
棋界の頂上決戦にふさわしい豪華なカードがここに実現!

第1局が10月20、21日(金、土)に東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」で行われ、95手で羽生棋聖が勝利しました。
羽生棋聖は渡辺竜王に他棋戦にて4連勝中の勢いをそのまま見事に発揮し幸先の良い勝利を収め5連勝をしています。王位、王座の連続失冠のショックも無く淡々と戦う羽生棋聖のタフさを見れば「永世竜王」も夢ではないと思われる元気さです。大いに期待されます。☆
渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦する第30期竜王戦七番勝負第2局は、10月28、29日(土、日)に岩手県大船渡市「大船渡市民文化会館」で行われます。
☆10・28
  

9時、定刻通りに対局が開始されました。先手番の渡辺竜王は、初手▲7六歩。羽生棋聖は△8四歩と応じています。


(18時になると、渡辺竜王はすぐに封じ手の意思表示をし、奥の部屋に消えた)



羽生は何度か小さくうなずいてから、駒台の歩を手に取った。「敵の打ちたいところに打て」で▲6六歩を防ぐ。とはいえ忙しい状況は変わらず、ここから▲6六同金△6四銀▲6七金引で再び▲6六歩を狙われたときに、後手はうまい手段を求められることになる。継ぎ盤では▲6六同金△6四銀▲6七金引△4五歩▲同桂△4四銀▲2四歩△同歩▲6六歩△4五銀▲2四角△同角▲同飛△2三歩▲2八飛△3三角という順を調べている。先手が逆に桂損になり、楽しみの▲6五歩がなかなか指せない。「これは後手十分です」と飯塚七段。先手はどこかで変化したい。
1日目 午後のおやつ
15時、両対局者におやつが運ばれました。渡辺竜王は「かもめの玉子」とホットコーヒー。羽生棋聖は「黄金海道三陸」と紅茶です。「かもめの玉子」は黄身あんをカステラ生地とホワイトチョコで包んだお菓子、「黄金海道三陸」はごまの風味を生かした焼き菓子。どちらも大船渡市に会社を置く「さいとう製菓」のものです。






ダウンロード

希望“小池批判”3時間の大醜態 「血しぶき舞い散る選挙」「責任取るべき」…民進出身者が大騒ぎ
小池百合子代表(都知事)率いる希望の党が、絶望的な醜態をさらしている。小池人気をあてにして衆院選前に合流した民進党出身議員の一部が、選挙が終わった途端、小池氏の「排除」発言などを問題視して、「辞任しろ」「解党しろ!」と大騒ぎしたのだ。日本維新の会でも、若手議員の言動に、橋下徹前大阪市長がブチ切れ、法律顧問辞任を宣言した。「何でも反対」「責任転嫁」の万年野党精神が骨の髄まで染み付いているのか。メディアに取り上げられて勘違いしているのか。

小池百合子 希望の党
 「私の言動で苦労をかけたことを謝りたい」「政党たるもの、理念・政策が一致しなければいけないという点を強調したが、言葉の方が歩いてしまった」「多くの方々を傷つけてしまった」

 小池氏は25日、国会内で開いた希望の党の両院議員懇談会の冒頭、こう謝罪した。衆院選敗北の要因とされた「排除」発言についても釈明した。

 その後、記者団をシャットアウトして行われた懇談会では、民進党出身者が次々と小池氏に牙をむいた。

 「ウソつき、非国民と言われた」

 「『血が流れる』ではなく、血しぶきが舞い散る選挙だった」

 「仲間がこれだけ死んでいるのだから責任を取るべきだ」

 「(小池氏が)引責辞任される以外、再出発できない」

 「結果責任だ。民進党の前原誠司代表と合わせ(進退を)判断すべきだ」

 小池氏に近い樽床伸二代表代行らが比例代表で優遇されたことなど、不透明な公認決定過程への批判も相次いだ。

ダウンロード ダウンロード
前原氏、特別国会前に辞任=民進存続、新代表選出へ
10/27(金) 15:15配信 時事通信
前原氏、特別国会前に辞任=民進存続、新代表選出へ
民進党両院議員総会で代表辞任を表明し、謝罪する前原誠司代表。11月1日の特別国会召集前に辞任する考えを表明、新たな執行部で再スタートを切るよう呼び掛けた=27日午後、東京・永田町の同党本部
 民進党は27日、両院議員総会を党本部で開いた。

 希望の党に合流する当初の方針を撤回し、民進党を存続させることを正式に決定する見通し。前原誠司代表は11月1日の特別国会召集前に辞任する考えを表明、新たな執行部で再スタートを切るよう呼び掛けた。これを受け、同党は後任の代表選びに入った。

 前原氏は、民進党分裂について「おわびを申し上げたい。結果が全てであり、責任を痛切に感じている」と陳謝。「特別国会を前に一定の方向性を決めた上で辞任したい」と述べた。2019年の統一地方選や参院選に向けた態勢立て直しも訴えた。

 両院総会には、参院議員と、党籍を残したまま衆院選で無所属で当選した議員が出席した。前原氏の後継として、無所属組の岡田克也元代表が有力視されている。


会合に臨む、無所属で当選した民進党系の衆院議員=25日午後、国会

☆惨敗した希望の党と民進党は議員総会・懇談会を開き小池代表と前原代表の謝罪があった。確かに「安倍政権を倒す」には大きな塊が無ければ勝てないと思い連合会長を含め秘かに3人で新党を立ち上げることを決めたのだが、前原代表は20年も掛けて出来た民主党の伝統を軽んじ勝手に合流を発表した。民進党は支持率も上がらず小池新党の名前の下なら或いは・・と思ったのも無理からぬ人情ですが「希望の党」の小池さんは自民党や新進党時代から党運営にかかわったことの無い素人議員なのである。役員も決まってないし政策理念・政策も形式的なもので、前原が民進党全員を希望公認と思い合流を決めたのだ。(一応民進党の了解は出来た)そのときの勢いなら確かに政権交代も不可能ではないというくらいだったが、小池代表が「改憲・安保法制」の踏み絵を突きつけ「排除する」の厳しい言葉を浴びせた。騙した女狐が悪いのか騙されたイケメンが悪いのか・・といまさら騒ぎ立てているわけだ。維新の橋下大阪市長が言うように、負けてから文句を言うのは男らしくないのだ。しかし、民進党も立憲民主党と無所属、希望の党の3分裂となったが、3党合わせれば、自民党より得票数は多いのだ。希望の党と言っても95%以上が民進党議員である。希望の党員は「共産党」とだけは協力できないというが、もとを考えれば、野党共闘でまとまっていたのだから、次の選挙までには「自公政権打倒」に向かい選挙協力のあり方を合理的に話し合うことがあっても、野合には当たらないと思う。小池さんは都知事で悠々自適、前原さんは一兵卒からやり直すべきである。喝)


♪応援宜しくね~♪




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
     
            

            
                                  
        

「将棋」竜王戦始まる。!衆院選、血糖値。

category - 囲碁・将棋
2017/ 10/ 21
                 
<衆院選>あす投開票 台風接近、影響は…どうなる投票率

2017年10月21日
 22日投開票の衆院選は終盤に入り、都内の各陣営は投票率がどうなるかに気をもんでいる。台風21号が勢力を増しながら日本列島に接近、都内も悪天候になるとみられており、投票率に影響する可能性もある。(榊原智康)
 都内では二十五の小選挙区に、二〇一四年の前回と同じ計九十七人が出馬。比例東京ブロック(定数一七)には、十の政党から小選挙区との重複を含め計百四人が立候補している。
 前回、小選挙区の投票率は都内で54・36%。戦後最低だった一九七九年の53・19%に次ぐ低さだった。前回も突然の解散で、主な争点は安倍政権の経済政策「アベノミクス」の是非などだった。
 今回は、共同通信が十五~十七日に行った全国電話世論調査で、衆院選に「関心がある」は全体の77・6%と、前回の同時期調査を6・9ポイント上回っている。都選挙管理委員会によると、十一~十五日の期日前投票も、都内の小選挙区は前回同期と比べ一・三一倍と好調だ。
 都内のある陣営からは「有権者の関心も前回よりは高く、投票率は上がりそう」との声が上がる。一方で、天候が投票率に影響するとみる陣営も少なくない。
 一般的に、雨だと外出を控え、晴れると行楽に出掛けるため、投票率が上がるのは曇りの日だとされる。戦後最低の七九年は「雨」、ワースト2の前回は「晴れのち雪」だった。
 気象庁によると、超大型で強い台風21号は二十二日から二十三日に、西・東日本に接近して上陸する可能性がある。東京でも二十二日は大雨や大荒れになる恐れもある。都選管は「期日前投票も活用してほしい」と呼び掛けている。(東京新聞)



 
2ヶ月に1度の血糖値検査の日、今回は午後からでしたので午前中公園を一回り歩いて淡い期待を抱いて検査を受けた。Drの検査票を見せてもらい愕然とした。血糖値247(食後2時間後)HbA1c8・4と前回より高いのだ。正常値は血糖値が空腹時126以下、(随時200以下)HbA1cは6・5以下である。おまけにHDL(善玉コレストロール)34~普通は40~139、中性脂肪242、尿蛋白(糖定性)が初めて+3であり、Dr「食事療法や運動療法だけでは困難ですので、薬物療法中でも、低血糖などの副作用の無い血糖降下剤を配合します」ということになり、血糖コントロールの維持に努め「食事・運動・生活習慣の改善」で危険水域の8・0以下になるべく頑張ることを誓った次第。俄か運動や時々の断酒では快方へとは、向かわず、定期的な継続の励行と生活習慣の改善が大切だということを痛感した次第です。汗)


 

羽生永世七冠の誕生なるか。羽生VS渡辺、竜王戦七番勝負の展望は?

渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦する第30期竜王戦七番勝負は、第1局が10月20、21日(金、土)に東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」を皮切りに開幕しました。

将棋界の最高位を争う第30期竜王戦七番勝負が遂に開幕を迎えたのである。

今期は渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦するシリーズで、竜王戦七番勝負における両者の激突は今期で3度目だ。1度目は2008年の第21期、渡辺・羽生のいずれにも「永世竜王」が懸かったシリーズであった。この時は挑戦者の羽生がいきなり3連勝し、奪取確実と思われたが、4局目で渡辺が打ち歩詰めによる奇跡的な自玉の不詰めで、土壇場で九死に一生を得る。これで流れが変わったか、以降は渡辺の連勝で3勝3敗のとなり、最終第7局は勝者が永世称号の資格を得る大一番となった。対局者双方に永世称号が懸かる番勝負は、前代未聞のことであり、ましてや「勝利した方が永世称号を獲得する対局」は空前絶後と言ってよいだろう。
ダウンロード

第21期竜王戦七番勝負第1局対局開始の模様。永世竜王を懸けた戦いは、フランス・パリで開幕した。撮影:常盤秀樹

この世紀の一戦を制したのは渡辺で、初の永世竜王に。羽生の「永世七冠」はお預けとなった。両者2度目の激突は2010年の第23期。挑戦者決定戦三番勝負では神懸かり的な指し回しをみせて久保利明王将を下した羽生に、今度こそとの声も高まったが、七番勝負では渡辺に一日の長があり、4勝2敗で再び渡辺が防衛。




挑戦者に決まっていた棋士が直前に出場停止処分を受ける異例の事態となった将棋の竜王戦は、21日から最終局が行われ、タイトルを持つ渡辺明二冠が急きょ挑戦者となった丸山忠久九段を破り、防衛を果たしました。

今回の竜王戦をめぐっては、当初挑戦者に決まっていた三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いがあるなどとして、日本将棋連盟が開幕直前の10月に出場停止処分を決め、挑戦者が急きょ丸山九段に変更されました。「第三者による調査委員会で、不正は認められず」との結論であったが三浦九段は挑戦できず、谷川連盟会長以下全員が棋士総会で解任されるという異常な事件に発展した。渡辺竜王が連盟に訴え,、文春にリークしたことが事の始まりでした。
佐藤康光新連盟会長と後に和解をしたが冤罪事件と騒がれた経緯がある。

渡辺と丸山の七番勝負はここまで3勝3敗で、10月21日から新潟県南魚沼市で最終局が行われました。

対局は丸山さんが積極的に攻める展開となりましたが、終盤は渡辺さんが優勢に進め、22日午後3時53分に丸山さんが投了して、107手までで渡辺さんが勝ちました。渡辺さんは竜王戦2連覇で、「竜王」の通算獲得数は11期となりました。

対局のあと渡辺さんは、直前で挑戦者が変更されたことについて、「簡単に割り切れるものではなく、いろいろなことを思いながら対局していました。去年、竜王に返り咲き、すぐには手放したくなかったので防衛できてよかったです」と話していました。また、丸山さんは、急きょ挑戦者として出場したことについて、「ちょっとびっくりしましたが、ベストを尽くそうと思って指しました」と話していました。
☆この様に竜王戦はいわく付きの因縁深い経緯があり「渡辺は竜王だけで飯を食い」と揶揄された。また永世竜王を掛けて争われたときの渡辺氏の言動がフアンから無礼とされ彼のブログが炎上していまだにコメント欄は閉鎖状態です。人格者の羽生棋聖は一向に無礼とも思っていないのですが、事勝負となると話は別です。最近の棋戦では羽生棋聖が4連勝しています。王位(菅井竜也)と王座(中村太地)を連続奪取されて10歳ほど下の渡辺竜王には期する物があると思う。

  


島九段、中村太王座、佐藤康九段による封じ手予想は、すべて▲3四同飛だった。

「▲3四同飛に対しては、△2三銀のほかに△5四銀も考えられますね」(島九段)

「ここからは羽生棋聖が攻めて渡辺竜王が受ける展開になると思います。その中でどちらの読み・構想がうまくいくかという勝負です」(中村太王座)

「検討では、▲3四同飛以下△2三銀▲3五飛△2四銀▲3三飛成△同桂(△同銀は▲1二歩△同香▲4五角)▲2五歩△1三銀▲1二歩△同香▲2一角という順を調べていました。それは先手の攻めが細い気もしますが、分からないですね。いずれにせよ、先手の飛車を巡る攻防になると思います。飛車は後手の何かの駒と交換になるはずですが、どのタイミングで振り替わりになるかが注目ですね」(佐藤康九段)



(島九段が「封じ手は▲2五飛です」と読み上げると羽生棋聖が着手)

「速報」
  

終局直後の様子
第30期竜王戦七番勝負第1局は、95手までで羽生棋聖が制しました。終局時刻は16時28分。消費時間は▲羽生6時間34分、△渡辺7時間26分。七番勝負第2局は、10月28日(土)・29日(日)に岩手県大船渡市「大船渡市民文化会館」で指されます。
☆おめでとうございます。☆
羽生棋聖先手で相掛りとなり積極的攻勢に出て互いに苦しい激戦でしたが、昼食休憩後の▲5五銀打ちから僅かに優勢を確保きわどい将棋を勝利しました。永世7冠に向かい幸先の良いスタートを切りました。☆



♪応援宜しくね~♪




にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
 
            

            
                                  
        

【野球】囲碁名人戦。安倍一強の崩壊。

category - 囲碁・将棋
2017/ 08/ 31
                 
 

今日で8月も終わりますが、関東では気温が低下する予報です。夏は終わり秋桜の花が咲き誇っています。「コスモス」の語源は、ギリシャ語の「kosmos」に由来します。これは、「秩序」「美しい」「調和」などを意味します。・・と有りますが自民党内には「秩序」「美しい」「調和」が崩れ始めて来たようです。

日本の明日を創る会の設立総会に臨み、自民党の渡辺博道氏(奥右)と話す平沢勝栄氏(同左)ら=25日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)
日本の明日を創る会の設立総会に臨み、自民党の渡辺博道氏(奥右)と話す平沢勝栄氏(同左)ら=25日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)

漂う「安倍降ろし」ムード 自民党「明日を創る会」初会合 首相に耳の痛いことを言った方が閣僚になれる!?
自民党の有志議員でつくる勉強会「日本の明日を創る会」が25日設立し、国会内で初会合を開いた。東京都議選惨敗を受けて次期衆院選への危機感が強まる中、勉強会に講師を招いて政府・自民党に対する厳しい意見を「拝聴」することで、党勢回復の契機にしたい考えだ。ただ、出席者らの顔ぶれをみると「安倍降ろし」の雰囲気が漂う。

 初会合には衆参両院議員19人、代理を含めると約30人が出席した。呼びかけ人の一人で会長に就いた竹本直一元財務副大臣は「政権を支える立場だ」と強調したが、党幹部は「反安倍だ」と不快感を示す。
http://www.sankei.com/politics/news/170825/plt1708250038-n1.html

■自民党「日本の明日を創る会」への出席議員(19人)

 ▽衆院【細田派】奥野信亮【麻生派】田中和徳、原田義昭【額賀派】渡辺博道、鈴木隼人【岸田派】竹本直一、辻清人【二階派】平沢勝栄、桜田義孝、山本拓、秋元司、木内均【石破派】後藤田正純、鴨下一郎、赤沢亮正、古川禎久【石原派】赤枝恒雄

 ▽参院【石原派】木村義雄【無派閥】丸山和也

■呼びかけ人の欠席議員(17人)

 ▽衆院【麻生派】中山展宏、山際大志郎【額賀派】船田元、大塚高司【岸田派】木原誠二、大西宏幸、武井俊輔、藤丸敏【二階派】伊東良孝、小林鷹之【石破派】平将明、門山宏哲【石原派】鬼木誠【谷垣G】逢沢一郎【無派閥】秋葉賢也、城内実、田中英之

 ▽参院 なし
加計白紙化で臨時国会冒頭解散の観測、窮地の安倍政権がすがる奇策

前回、加計学園の獣医学部新設を白紙撤回することが政権内部で検討されていることを書いた。いくつかのメディアでも「白紙撤回」が論じられ始めた。政権不信の泥沼から抜け出すには、国民が納得する禊(みそぎ)が欠かせない。さらに安倍政権が模索するもう一つの奇策、それが年内解散だ。

 前原誠司が民進党代表になれば民共共闘はギクシャクする。小池新党との連携には時間がかかる。野党の選挙協力が固まらないうちに解散・総選挙に打って出るとしたら、加計疑惑に蓋をすることが必要だ。

 臨時国会の開催は9月末、25日ごろ臨時国会を開くことが自民党の二階幹事長と公明党の井上幹事長で話し合われたという。
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%8A%A0%E8%A8%88%E7%99%BD%E7%B4%99%E5%8C%96%E3%81%A7%E8%87%A8%E6%99%82%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E5%86%92%E9%A0%AD%E8%A7%A3%E6%95%A3%E3%81%AE%E8%A6%B3%E6%B8%AC%E3%80%81%E7%AA%AE%E5%9C%B0%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%94%BF%E6%A8%A9%E3%81%8C%E3%81%99%E3%81%8C%E3%82%8B%E5%A5%87%E7%AD%96/ar-AAr0gB9#page=2


「少し古いが本当の話」
自民党が策動する「安倍おろし」 非公開の額賀派会合で安倍氏への悪口が噴出

2017.7.12 07:00週刊朝日#安倍政権
https://dot.asahi.com/wa/2017071100037.html

人脈図はここで拡大できます。↑
   


「ポスト安倍」をめぐる人脈図(週刊朝日 2017年7月21日号より)



【囲碁情報】


中之島にそびえ立つ超高層ツインタワー。名人戦の対局室があるコンラッド大阪は、左側の「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」の最上層に入る=大阪市北区

井山が97手目を封じる【第42期名人戦挑戦手合七番勝負第1局】
2017年08月30日

棋戦情報
 


 高尾紳路名人に井山裕太六冠が挑戦する第42期名人戦挑戦手合七番勝負(主催:朝日新聞社)が8月30日(水)に大阪府大阪市「コンラッド大阪」で開幕した。
 握りの結果、井山挑戦者の黒番と決まり9時より対局が始まった。

 1日目は黒番の井山が97手目を封じて打ちかけとなった。封じたのは17時31分、持時間8時間のうち消費時間は黒番の井山が3時間29分、白番の高尾が4時間2分だった。この対局は31日(木)9時に再開され、同日夜に終局の見込み。
<ニコニコ動画>で放映されます。

名人が先勝

第42期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第1局は31日、大阪市北区のホテル「コンラッド大阪」で2日目が打ち継がれ、午後7時8分、高尾紳路(しんじ)名人(40)が挑戦者の井山裕太六冠(28)に271手までで白番半目勝ちした。初防衛に向け、好スタートを切った。持ち時間各8時間のうち、残りは井山挑戦者が3分、高尾名人が9分。第2局は9月12、13日に東京都文京区で打たれる。

毎日新聞・囲碁‏ @mainichi_igo

天元戦の挑戦者決定戦は、一力遼七段が山下敬吾九段を降し、井山裕太天元への挑戦権を得ました。一力七段は王座戦の挑戦者にもなっていて、秋から冬にかけ、井山6冠との「十番勝負」となりました。


ダウンロード


糸井がプロ初のサヨナラ本塁打 「甲子園で打てて最高の気分」
ダウンロード

サヨナラ本塁打を放ち歓喜の輪に飛び込む阪神・糸井嘉男(7)=撮影・飯室逸平
ダウンロード

延長10回、サヨナラソロを放つ阪神・糸井嘉男=甲子園(撮影・田中太一)




 「阪神4-3ヤクルト」(30日、甲子園球場)

阪神先発・岩田は5回1/3を5安打2失点で降板した。
 初回を3者凡退に抑えるなど、順調な立ち上がり。ただ、2点リードで迎えた六回に先頭坂口に左前打、続く山崎に右前打され無死一、二塁に。3番・バレンティンを空振り三振に抑えたが、山田に四球を与えて1死満塁とした所で2番手・藤川への交代が告げられた。
 ピンチの場面で登板した藤川は、リベロを148キロの直球を高めに投じて空振り三振。ただ、2死満塁から荒木に初球を中前へ運ばれる2点タイムリーを打たれ同点に追い着かれた。

 阪神・糸井嘉男外野手が延長十回、プロ初となるサヨナラ本塁打を放った。近藤から12号ソロを右翼席へとたたき込んだ。
 プロ通算137本塁打目が値千金のサヨナラ弾となった糸井は、お立ち台で「やりましたー」と絶叫。「最高です。一戦も落とせない戦いが続いているので、何とか次につなげようと打席に入りました。この甲子園でサヨナラホームランを打てて最高の気分です」と笑顔を見せていた。

ダウンロード images (49)
5回裏2死満塁で藤川が2点適時打を打たれた事を謝る岩田投手。


☆ 阪神は2-2の同点で迎えた八回、4番手・マテオが登板。1死から山田に勝ち越しの20号ソロ本塁打を許した。1点を追うその裏、1死満塁から大山の中犠飛で追いつき、延長に入った。この時点で巨人とDeNAが勝利している。阪神は負けるわけには行かないのだ。ところが9回表、高橋投手は1・3塁のピンチを迎える。力投で無得点に抑えて勝利のお膳立てが出来上がった。10回は守護神ドリスである。
その裏、ドラマは起きた。!矢張りこの人である。超人糸井選手である。ライトスタンドに高々と勝利のボールを叩き込んだのだ。!
阪神ヤクルトに2連勝!”今年の虎は強い”!

阪神が日本ハム・メンドーサの獲得を申請

日本ハム・メンドーサ
阪神が日本ハム・メンドーサの獲得を申請

 阪神が30日、ウエーバー公示されていた日本ハムのルイス・メンドーサ投手(33)の獲得を申請した。
 四藤球団社長は「申請しました。総合的にピッチングスタッフの状況と今後の日程を踏まえて」と、説明した。大黒柱のメッセンジャーが右足骨折で離脱するなど、先発陣が手薄で補強ポイントと重なっていた。

 メンドーサは来日4年目の今季20試合登板で3勝7敗、防御率3・97だった。

【阪神】メンドーサ入団会見「優勝に貢献したい。プレーオフで投げたい」
2017年8月31日15時15分 スポーツ報知


 阪神が獲得したルイス・メンドーサ投手(33)が31日、西宮市内で入団会見を行った。「こういうチャンスを与えていただき、みなさんに感謝したい。チームが優勝できるように、貢献したい。シーズン終盤の大事な時期だと承知している。自分は(日本ハム時代に)プレーオフの雰囲気も知っている。プレーオフで投げたい」と抱負を語った。

 トレードや新外国人補強は7月31日が期限だが、メンドーサは若手を積極起用する日本ハムの方針で、今月24日にウェーバー公示手続きを取られていた。ウェーバー選手の獲得は8月以降も可能なため、メッセンジャーが右足ひ骨の骨折で離脱し、先発陣が手薄となっていた阪神が獲得を決めた。




広島、またもやマジック消滅 打線粘るも届かず

8回、巨人・橋本に適時打を浴びた広島・一岡竜司。 9回広島2死一、二塁、広島・新井貴浩は空振り三振に倒れ、試合終了となる。
 「巨人6-4広島」(30日、東京ドーム)
 広島は追い上げも届かず巨人戦ビジターでの連勝が7で止まった。阪神が勝ったため、またもや優勝マジックが消滅した。


【1日の予告先発】DeNA・井納VS巨人・菅野ほか
2017年8月31日18時36分 スポーツ報知


 【セ・リーグ】

 ◆ヤクルト・星―広島・ジョンソン(18時・神宮)

 ◆DeNA・井納―巨人・菅野(18時・横浜)

 ◆阪神・青柳―中日・笠原(18時・甲子園)

 【パ・リーグ】

 ◆ロッテ・酒居―日本ハム・高梨(18時30分・ZOZOマリン)

 ◆オリックス・ディクソン―西武・野上(18時・ほっと神戸)

 ◆ソフトバンク・東浜―楽天・岸(18時・ヤフオクドーム)


「阪神超速報」
阪神・秋山がチーム単独トップの12勝目 8月月間成績は17勝9敗

7回、大松を空振り三振に仕留め、雄叫びを上げる秋山(撮影・北村雅宏)
ダウンロード

ヤクルトに連勝し、首位・広島を追い上げる阪神・金本知憲監督は阪神・鳥谷敬とタッチを交わした。
 「阪神1-0ヤクルト」(31日、甲子園球場)
 阪神の先発、秋山拓巳投手が、7回を投げ7安打無失点でチーム単独トップとなる12勝目(4敗)を挙げた。
 三者凡退は四回だけ。二回の2死一、三塁と七回の1死二塁と2度、得点圏に走者を置くなど、四回以外は毎回安打を許したが、無四球の粘り強い投球でいずれも後続を断った。秋山は「ランナーをずっと背負ってしんどかったが、粘り強く投げることができました」と振り返った。
ダウンロード
 打線は四回、鳥谷が先制適時打。福留が右前打で出塁し、続く大山は四球で1死一、二塁と先制のチャンスを作り、2000安打まで残り「9」としていた鳥谷が中前へとはじき返した。鳥谷は阪神の生え抜き選手では、史上2人目となる2000安打まで、残り8本とした。(藤田平選手の2064本)
 このリードを八回以降は、岩崎、マテオ、ドリスとつないでチームとして今季9回目の完封勝利。ドリスは33セーブ。
 チームは今季4度目の同一カード3連勝で今季最多の貯金15とし、首位・広島との差も5・5ゲームに縮めた。また、8月の月間成績は、17勝9敗と大きく勝ち越した。

 ヤクルトは先発したブキャナンが6回を5安打1失点と好投も、打線が決定打を欠き、援護することがきなかった。
☆カープとは最大11ゲーム差があったが8月で5・5差に縮めた。8月、9月を制するものがペナントを獲得するのだ。明日からの、中日3連戦を大事に戦い、その後のカープとの3連戦に決戦を望みたいところだ。☆




阪神・榎田、1軍今季初昇格へ!掛布2軍監督「上に行くよ」
9/1(金) 7:00配信 サンケイスポーツ
 阪神・榎田大樹投手(31)が1軍に今季初昇格することが31日、わかった。前日30日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)での好投を受け、掛布2軍監督が推薦。「上に行くよ。ただ先発か中継ぎか、いつ投げるかとかはわからない。外国人(メンドーサ)獲ったから、その兼ね合いもあるからね」と話した。榎田は今季ウエスタンで27試合に登板し、3勝3敗、防御率3・31。
            

            
                                  
        

「将棋情報」と冷やし中華。阪神タイガース

category - 囲碁・将棋
2017/ 08/ 11
                 
台風一過、川べりで花火大会が各地で行われ、お盆の夏季休暇で渋滞がありますが、事故の無い楽しい休暇としたいものですねー。!
 

右端が先崎九段

日本将棋連盟は10日、先崎学九段(47)が一身上の都合で来年3月末まで休場すると発表した。先崎九段はエッセーなどの執筆でも知られる。今月2日の名人戦順位戦B級2組は村山慈明七段(33)に不戦敗だった。今後の順位戦など各棋戦は不戦敗となる。【山村英樹】

☆随分長い休場だが理由は分かりません。女性なら妊娠とか結婚等と想像できるが、男性の場合は体調不良しか思いつきません。しかも重病かと・・連盟の隠蔽体質は今、始まったことでは無いが、対局結果の発表も、もう少し早くして欲しいものだ。財政上人不足なのか、主催新聞社とかネット運営者に遠慮しているのか、分かりませんが本家のHPを見れば直ぐわかるようにしてほしい。汗)先崎九段の休養も妙な憶測を呼び返って本人や家族には気の毒に思う。

棋士番号 185
生年月日 1970年6月22日(47歳)
出身地 青森県
師匠 (故)米長邦雄永世棋聖
竜王戦 4組(1組:6期)
順位戦 B級2組(A級:2期)
☆(せんちゃん)事、天才少年・先崎九段の奥さんは囲碁棋士の穂坂 繭3段です。林葉直子さんは妹弟子、二人とも師匠の怒りをかい破門されている。小学校のとき札幌で過ごしているので余計親しみの持てる棋士の一人です。子供のときから吃音で苦しみ「浪曲で直せます」という故元総理田中角栄を尊敬していた。いわゆる「羽生世代」と呼ばれている。早く治ってまた早見えのする将棋と面白い話を聞きたいものです。

名人戦 ・順位戦A級    10日

(左が勝ち)

稲葉八段 99手 深浦九段

(2勝1敗)(1勝1敗)



順位戦C級2組3回戦目が行われ藤井聡太4段(45位2勝)は高見泰地五段(9位2勝)と対戦して珍しく藤井4段後手番、矢倉戦法で戦い序盤から優勢・勝勢勝利へと進み見事勝利3連勝しました。。一期で抜けるには負けられない試合でした。順位が下のほうなので、同率では不利になります。50名中上位3人が昇級します。藤井4段は昇級するには9勝1敗が限度です。ちなみに昼食は「冷やし中華」でした。タイトル戦以外は原則自前で払います。昔と違いテレビの前で財布からお金を払う姿は妙な感じがいたします。笑)

「阪神タイガース情報」

ダウンロード

メッセンジャー負傷降板 阿部の打球右足直撃…最悪抹消も

「巨人5-2阪神」(10日、東京ドーム)
 用意された車いすを拒否した。エレベーターでの移動を勧められても首を横に振った。右足首にアイシングをしながら、ケンケンでドーム内の階段を上がり都内の病院へ向かった阪神・メッセンジャー。悪夢のような緊急降板に、その大きな背中からは怒りのオーラがにじみ出ていた。
 2-2で迎えた七回、先頭の阿部が放った痛烈なライナーが右くるぶし付近を直撃した。その場で何度も跳びはね、激痛に顔をゆがめた右腕。すぐさまトレーナー、香田投手コーチが駆け寄り、ベンチに下がるとマウンドにはもう戻れなかった。
 交代がコールされると、大きな悲鳴に包まれた東京ドーム。香田投手コーチは「病院に行っているけど、大事に至らないことを願うしかない」と言った。診断結果を見て、今後の措置は11日にも判断するが「ちょっときついかな…。明日の状況を見てだけど、考えないといけない」と同コーチ。登板間隔をあけるだけでなく、最悪の場合は登録抹消の可能性すらある。
 この日、ウエスタン・広島戦で藤浪が好投したこともあり「詳しい内容はまだ見てないけど、結果もよかったみたいだし。選択肢の一つ」とローテ再編を示唆した香田コーチ。ただ、中5日で登板を刻み、安定した結果を残していた大黒柱の代わりはいない。金本監督が「そこが一番、心配」と語ったように秋山も離脱した今、メッセンジャーが軽症であることを祈るしかない。(デイリーニュース)

☆おまけに、この打球で安倍が2000本安打に後3本に迫ったのは皮肉であった。巨人を上回る安打を打ちながら、バントミスでの勝ち越しが出来なかった事がこの試合を負けにした。メッセの怪我により急遽桑原を投入しなければならなかった事で「勝利の方程式」も狂い8回裏に出たマテオが満塁から寺内に2点2塁打を打たれた。泣)バントを命じた金本采配の弱気も勝てる試合を落とした原因の一つであった。この日福留の休み番も響いた。広島カープも中日に連敗し何が起こるか分からなくなった。今日からDeNAとの2位争いである。岩田よ頑張ってくれ!と願うものだ。!
            

            
                                  
        

「将棋」藤井4段と安倍政権&民進党の断末魔

category - 囲碁・将棋
2017/ 07/ 27
                 
 

このお方ほんとに司法試験合格してるのでしょうか!?早稲田も顔枠で・・?

毎日、真夏日が続く酷暑のなか、安倍内閣も飽和状態で稲田防衛相が辞任を決めた。加計問題で追い込まれている内閣もこれ以上、稲田大臣をかばうのは得策で無いと判断したようだ。「丁寧に説明する」と言うことは「物静かに答える」ということと錯覚している安倍首相の内心を有権者に見透かされ崖っぷちに立たされた証拠である。安倍政治は許されない


野田幹事長との執行部は民進党の「解体論」に発展している。其れが正しい道である。!

民進党の蓮舫代表は27日午後、国会内で記者会見し、党代表を辞任する考えを表明した。「どうすれば遠心力を求心力に変えることができるのか。より強い受けになる民進党を新たな執行部に率いてもらうことが最善の策だ」と述べた。後継選びに前原、枝野氏らが意欲。




史上最年少棋士・藤井聡太四段(15)は27日、関西将棋会館(大阪市福島区)でさされた第26期銀河戦予選で平藤真吾七段(53)と対局し、101手で勝利。公式戦34勝目(2敗)を挙げた。次戦は8月4日の王将戦第1次予選決勝で好調の菅井竜也七段(25)と対戦する。
銀河戦予選は持ち時間各25分。ブロック別トーナメントを突破すれば、16人で優勝を争う決勝トーナメントに進出する。

 藤井四段は2017年度の成績で見れば、24勝2敗。対局数、勝ち数、勝率のランキングでいずれも首位に立っている。

 次回は8月4日、八大タイトル戦の一つ、王将戦の1次予選突破を懸け、実力者の菅井竜也七段(25)と対戦する。

 早指し将棋は65分間、先手番101手で完勝。「早指しはあまり得意ではないとテレビで話していたが?」との質問に「持ち時間は長ければ長い方がいいけど、早指しは早指しの面白さがあるので。間合いも持ってる。特に苦手だと言うことはありません」と堂々と返した。平藤七段との92日ぶり2度目の対戦に勝ち、銀河戦本戦トーナメント進出が決定。「銀河戦はテレビ棋戦なので多くの方に見て頂ける。熱戦を演じて勝ち上がっていけるように頑張りたい」。公式戦通算34勝2敗とした。


ダウンロード (12)
4回、逆転3ランを放つ中谷(撮影・飯室逸平)!
ダウンロード (13) 


同率2位に1日で再浮上 中谷、大山が貴重な一発 中谷「流れを変えられた」


中谷を迎える岩田投手

4回阪神1死一、二塁、左越えへ逆転3ランを放つ阪神・中谷将大。投手。DeNA・石田健大=甲子園(撮影・田中太一)
 「阪神10-3DeNA」(27日、甲子園球場)
 阪神がDeNAに逆転勝ちし、3タテを食い止め、同率2位に1日で再浮上した。

ダウンロード (15) ダウンロード (16)


ヒーローインタビューでガッツポーズをする(左から)阪神・中谷将大、岩田稔、大山悠輔=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)

 先発した岩田が5回2失点で今季初勝利。2015年9月20日のヤクルト戦(甲子園)以来、676日ぶりの勝利となった。
 お立ち台に上がった岩田は「最高です。終わると思っていたので…。このタイミングで呼んでいただいたので自分を出せるようにと臨んだピッチングですけど、フラフラで申し訳ない。めちゃくちゃ感謝しています」と感慨の様子でファンの声援に応えていた。
 また、四回にチームトップの11号の逆転3ランを放った中谷は、「(本塁打の感触は)ほんと良かった。流れを変えられたんじゃないかなと思います」と笑顔。
 八回に貴重な追加点を生む3号2ランの大山は「(感触は)完璧でした。きょうはきのう、本当に守備で迷惑をかけてしまったのでなんとかチームの役に立ててよかった。ホッとしました」と振り返っていた。


yjimage (27) yjimage (25)


☆岩田投手はⅰ型糖尿病を患いながら1軍で懸命に猛練習をして掛布監督のお墨付けをもらい一軍にに上がった根性の投手である。野球をやめようかと思ったこともあり、今日は選手全体が岩田の復帰を祝福するかのように打撃陣が打ちまくった。涙が出ることでした。お立ち台の岩田も感無量で涙ぐんでいた。泣)3-2のまま膠着していたところルーキーの大山が2ランホームランで引き離す。是で岩田の勝利投手は間違いないと思った。!しかし、雨で中断後8回表、北條のエラーから2死2・3塁のピンチを向かえ
桑原が良く抑えた。今は桑原次第の「勝利の方程式」である。この日はホームランこそ出なかったが三遊間を見事に抜くヒットを打ち長打者がパンダ事・ロジャース、中谷、大山と3人揃い今後に明るい材料となった。

「蛇足」
yjimage (28) 

巨人“ポスト由伸監督”に「松井秀喜」がそっぽを向くワケ
・・・だが、球団の本音としては、この人しかいない。
「人気もあり、人望も厚い松井秀喜でしょうね。そもそも、原の後任として球団が描いていたのが、松井でした。そして、高橋に引き継ぐという構想だったのですが、前回、松井に断られてしまった経緯があります」(同)
 しかし、残念なことに今回も、叶わぬ夢となりそうだ。その理由は、
「ナベツネさんですよ。ヤンキース移籍の際に、好条件を提示して慰留したにもかかわらず、心変わりしない松井について“裏切り者”と怒鳴り散らしました。ヤンキースタジアムに読売新聞が看板広告を出した時には、“いつまで巨人は俺を追いかけてくるんだ”と嫌がっていたそうです」(同)
 現状では可能性はほぼゼロ。しばらくは頭を抱えることになりそうだ。詳しくはデイリー新潮↓
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06210558/?all=1

「将棋竜王戦決勝トーナメント」


動画で見る最強将棋棋士伝説 TOP タイトル保持者 渡辺明第26期銀河戦 本戦Fブロック ▲広瀬章人八段 − △渡辺明竜王【棋譜再生】

第26期銀河戦 本戦Fブロック ▲広瀬章人八段 − △渡辺明竜王【棋譜再生】



            

            
                                  
        

「将棋」羽生三冠が勝利&道内10日連続真夏日で夏バテ

category - 囲碁・将棋
2017/ 07/ 15
                 






九州豪雨 死者32人
謹んでお悔やみ申し上げいたします。合掌


道内は14日も朝から気温が上昇し、正午までにオホーツク管内津別町と十勝管内本別町で35・1度の猛暑日となるなど、85地点で最高気温が30度以上の真夏日となった。道内の真夏日は10日連続。猛暑日は7月に入って4日目。札幌管区気象台によると、道内で7月に10日続けて真夏日を観測するのは1997年以来20年ぶり。また、7月に猛暑日を4日記録するのは2004年以来13年ぶり。(道新)
例年なら,朝夕は涼しく扇風機も不要であったが、今年は本州顔負けの猛暑で、扇風機最大にしても、室温28度もあり過ごしづらく寝苦しい夜が続いています。聊か夏ばて気味ですが、水分補給はもとより体力が落ちないように栄養あるものも十分摂取しなければなりません。糖尿とのバランスが大変です。汗)

  kesshou (2)
佐々木勇気6段は阿久津8段に勝っています。

最後の”永世”獲得を目指し羽生三冠(1組2位)が登場!対するは序盤のマエストロ(イタリア語で芸術家・専門家の敬称)・村山七段(3組優勝)!
竜王戦決勝トーナメントは14日(金)9・50分から行われました。




感想戦終了の挨拶


羽生三冠が勝利
99▲羽生-△村山戦は22時16分、99手で羽生三冠が勝ちました。消費時間は▲羽生4時間57分、△村山4時間59分(持ち時間は各5時間)。羽生三冠はベスト4に進出。次戦の相手は稲葉陽八段(2組優勝)です。





注目の棋士C1組千田 翔太 六段(今年渡辺棋王に挑戦して2勝3敗で負ける)は1回戦に勝ちました。!

☆昨年のNHK杯で準優勝と、このところ各棋戦で好成績を挙げて居る中堅の村山七段は中盤では△6五桂で羽生三冠の王に詰み筋が発生し、長考の末▲5四角の攻防手を放ち最後は即詰みで勝利しました。素晴らしい熱戦でした。
まだ、中堅、若手には負けない強さを持っています。!

将棋ニュース

棋士会役員のお知らせ


2017年5月29日に行われた日本将棋連盟棋士会総会において、棋士会役員が下記の通り選任されました。任期は2年です。


【日本将棋連盟棋士会 役員一覧】(2017年5月29日~)
会 長 中村 修九段(54歳) 再任
副会長 久保利明王将(41歳) 再任
 〃  畠山 鎮七段(47歳) 新任
※副会長 室田伊緒女流二段は退任いたしました。
なお三浦九段の冤罪問題で谷川連盟会長が引責辞任した時、佐藤康光九段が棋士会長だったのをやめ現在将棋連盟会長となっています。


 


奨励会三段リーグ

        師匠   
西山朋佳 伊藤博     21歳    6勝  4敗
里見香奈 森けい     25歳    3勝  7敗
9月まで18回戦戦い上位2名が4段昇級(棋士となる)現在西山3段が残り8試合で全勝か7勝すれば可能性があります。トップは8勝2敗です。



ミライ☆モンスター
ミライに羽ばたく金のタマゴ応援番組。将棋塚田恵梨花(18)藤井聡太四段の29連勝新記録樹立で話題沸騰中の将棋界で新星女流棋士を発見!昇級賭け対局に臨む


塚田恵梨花(18)女流1級は塚田泰明9段・高群佐知子女流 三段夫妻の長女。塚田恵梨花女流は、2014年9月に女流棋士になったのだが、棋士・女流棋士で、両親が棋士・女流棋士である例は初めてとのこと。そしてこの3人はひとつ屋根の下に暮らしている、まさに将棋一家。羨ましい環境です。
同じく将棋界において、どちらかの親が将棋のプロ棋士であるのは、棋士では木村義徳(父:木村義雄十四世名人)・神田鎮雄(父:神田辰之助)・板谷進(父:板谷四郎)・西川和宏(父:西川慶二)藤森哲也(母:藤森奈津子)の5例、女流棋士では伊藤明日香(父:伊藤果)・飯野愛(父:飯野健二)の2例です。



「囲碁情報」
 



第2回扇興杯女流囲碁最強戦 【主催:日本棋院 協賛:センコーグループホールディングス株式会社】 の準決勝が7月14日(金)に滋賀県東近江市の迎賓庵『あけくれ』で行なわれ、 謝依旻扇興杯と藤沢里菜女流本因坊が勝ち決勝進出を決めた。
扇興杯 女流囲碁最強戦
主催 日本棋院
後援 -
特別協賛 -
協賛 センコーグループホールディングス株式会社
特別協力 -
協力 関西棋院、囲碁将棋チャンネル
優勝賞金 優勝 800万円 準優勝 400万円


「野球情報」
阪神・ロジャースは昇格見送り 当面は2軍戦で調整へ


Photo By スポニチ


 阪神の新外国人、ジェイソン・ロジャース内野手(29=前パイレーツ3A)は17日の後半戦開幕に合わせた昇格見送りが濃厚になった。14日は甲子園球場での1軍練習に参加し、当面は2軍戦で出場を重ねながら状態を上げていく方針が固まった。
            

            
                                  
        

「将棋」羽生棋聖10連覇と藤井4段

category - 囲碁・将棋
2017/ 07/ 11
                 


プロ野球ランキング


本道では珍しい4か連続の真夏日で、朝1で温泉に行こうとバス停で待っていたが、定期点検で休みと言うことだった。小さなことでも、こまめにメモを取っておくことが必要だと痛感しました。やむなく冷房の効いたデパートの店で藤井4段の将棋番組と羽生名人の棋聖戦を見ながら愉しんできた。時代も変わったものだ。尤も将棋専門喫茶も昔からあったが・・将棋を指すことが一義であった。今はただ大型テレビで観戦できるのである。感謝デスねー。

 



羽生善治棋聖に斎藤慎太郎七段が挑戦する第88期棋聖戦五番勝負第4局は、7月11日(火)に新潟県新潟市「高島屋」で行われ羽生善治棋聖が10連覇を果たしました。47歳になっていまだに、若い棋士相手に10連覇を出来る棋士は羽生3冠を於いてはおりません。



人生は、将棋に似ている。どちらも“読み”の深い人が勝機をつかむ。“駒づかい”のうまい人ほど、機縁を活かして大成する。 “着眼大局、着手小局”もまた、両者に共通する真理であろう。 升田幸三 さんの格言である。藤井4段と同じく羽生さんも子供のときから「詰み将棋」を専門に勉強したことは良く似ているが、終盤の逆転力は ここから生まれたものだ。第4局は、厚みのある攻めを見せた羽生三冠が優勢に進め、斎藤七段も懸命の粘りを見せましたが、午後7時23分、127手までで斎藤七段が投了して羽生三冠が勝ちました。
羽生三冠は3勝1敗でタイトルを防衛して棋聖戦10連覇を果たし、自身の持つ棋聖戦の最長連覇記録を更新しました。

また、羽生三冠はすでに、王座戦で19連覇、棋王戦で12連覇と、それぞれ最長連覇記録を持っていて、これで大山康晴十五世名人以来、史上2人目となる3つのタイトル戦で2桁の連覇を達成した棋士となりました。

さらに、自身が更新を続けている八大タイトルの通算獲得数の最多記録も、これで98期となり100期の大台まであと2つに迫りました。

対局のあと羽生三冠は「結果が出せてよかったです。勢いのある若手の棋士がたくさん出てきているので大きな刺激になっています。ほかのタイトル戦も進行中なので、前に向かって行きたいです」と話していました。




藤井聡太四段が都成竜馬四段を下す

honsen (3)


7月11日(火)に行われた第7期加古川青流戦トーナメント、藤井聡太四段と都成竜馬四段の対局は、130手で藤井聡太四段が勝ちました。勝った藤井四段はベスト8進出を決めました
先手番の都成四段が玉頭から攻め込み、あと一歩まで迫ったが、藤井四段が反撃。秒読みに追われた都成四段が対応を誤り、最後は藤井四段が寄せきった。

 藤井四段は「序盤から難しかった。中盤も自信のない展開だったが、勝てたのは良かった」。都成四段は「どちらかと言えば勝ちがあると思っていたが、終盤にミスをしてしまった」と述べた。

 今月19日が誕生日の藤井四段にとって、14歳最後の公式戦。「周りの環境も含めて大きく変わったが、自分でも成長できた1年だった。次の1年も、この1年以上に強くなれるよう頑張りたい」と話した。




▲阪口 悟五段(0勝1敗)-△佐々木 勇気五段(1勝0敗)
竜王戦での活躍が話題の佐々木五段、本局に勝てば勝敗規定により六段昇段となります。
佐々木5段が勝ち6段に昇段しました。おめでとうございます。!


稀勢の里、力なく2敗目=大相撲


栃ノ心(左)に寄り切りで敗れた稀勢の里=11日、愛知県体育館
 途中休場明けの稀勢の里が早くも2敗目。3月の春場所で痛めた左の上腕と胸の不安を払拭(ふっしょく)できず、取組後は何を聞かれても「うーん」と生返事を繰り返すだけだった。

 けんか四つで怪力の栃ノ心に右前まわしを取られて守勢となり、得意の左もねじ込めず、寄り切られた。今場所は3日間いずれも、左四つの自分の形になれていない。

 今後も対戦相手は稀勢の里の左を封じてくるだろう。有効な打開策も見当たらない中、「あしたしっかりやるだけ」と言葉を振り絞った。

ダウンロード  西岡剛




阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャーは8勝目阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャーは8勝目阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャーは8勝目阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャーは8勝目阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャー8勝目。
 「阪神10-1中日」(11日、倉敷マスカットスタジアム)
 阪神が14安打10得点で大勝し2連勝。先発・メッセンジャーは7回8安打1失点で8勝目(5敗)を挙げた。
 0-1の二回、中日の先発・ジョーダンの2個のボークで同点。三回は上本の左越え5号ソロと福留の右越え7号2ランで3点を勝ち越し。四回は上本の右前適時打で1点を追加。
 5-1の五回は大山の左越え2点二塁打、梅野の左前適時打、メッセンジャーの左中間適時二塁打、上本のこの日4安打目となる左中間適時二塁打で5点を追加し、2桁得点に乗せた。
☆阪神は5点を先取すれば「勝利の必勝方程式」で勝てるチームだと言うことを証明している。小さな体で2番を打ちたまに貴重なホームランを打つ上本は貴重な核弾頭に思えて頼もしい。ニチハム・オリックス時代の糸井選手はあまり見たことが無いのだが、怪我をしていることを考えても絶好球を打ち損ねる場面が多く、失礼だが、破壊力に乏しく思えて仕方が無い。年齢36歳が災いしているのか勝利に貢献する,長打は期待できないと思う時がある。涙)ロジャースや復帰間近の西岡あたらに期待する事が近道と思う次第。汗)

【前半戦総括】金本監督、ロジャース&西岡に「新しい風と期待している」
https://www.daily.co.jp/tigers/2017/07/12/0010364120.shtml
            

            
                                  
        

「将棋」藤井四段 初黒星の後は白星で30勝目 順位戦2勝目

category - 囲碁・将棋
2017/ 07/ 07
                 

プロ野球ランキング

九州豪雨、死者3人 心肺停止3人、安否不明19人
謹んでお見舞い申し上げいたします。

家屋近くで心肺停止の夫婦が発見され、消防隊員らに搬送された=6日午後7時6分、福岡県朝倉市山田、池田良撮影
 九州の記録的な大雨は6日も北部の福岡、大分両県を中心に降り続き、他県にも拡大した。福岡、大分両県では6日夜までに3人が死亡し、3人が心肺停止状態で見つかった。一方、両県によると、行方不明者や連絡が取れない安否不明者は計19人。気象庁は両県に出していた大雨特別警報を6日午後2時すぎに解除したが、雨は7日夜まで断続的に降る見通しで、さらに警戒を呼びかけている。





朝イチは黒沢&貞升コンビ。AbemaTV

藤井四段 初黒星の後は白星で30勝目 順位戦2勝目
 昨年12月のデビュー以降無敗で「29」連勝を達成し、連勝記録を更新した中学3年生の最年少棋士・藤井聡太四段(14)が6日、関西将棋会館で順位戦C級2組の対局に臨み、中田功七段(49)を破った。2日の対局で佐々木勇気五段(22)に公式戦初黒星を喫して以来、藤井四段が公式戦で対局するのは初めて。
 冷静な差し回しで勝利した。午前10時、先手の藤井四段は普段通りお茶をすすってから初手を指し、居飛車穴熊の形に駒組みを行った。中田七段は得意とする三間飛車の形で対抗し、夕食休憩後には、藤井四段が押される展開となっていた。しかし、終盤戦で激しい責め合いとなると、中田七段の攻めを受けきった藤井四段が形勢を逆転した。
 藤井四段は6月26日には、デビュー以来無敗で、歴代連勝記録を塗り替える快挙を達成した。しかし、30連勝の大台の期待の掛かった2日の竜王戦本戦2回戦で佐々木五段に敗れ、連勝記録は「29」でストップ。本局が仕切り直しの一局となった。
 藤井四段は順位戦で、6月15日に瀬川晶司五段(47)を破り、1勝を挙げている。残り8局を戦い、C級1組への昇級を目指す。
 次回は11日に加古川青流戦で都成竜馬四段(27)と対局する。

藤井聡太四段が中田功七段に勝ちました。2日に連勝が止まりましたが、崩れませんでした。藤井四段によると、中盤で誤算があり苦しくなったと感じていたようです。藤井四段は2連勝、中田七段は2連敗となりました。




C級2組順位戦の藤井聡太四段―中田功七段戦、藤井四段の玉が打ち歩詰めの局面になっています。一見、危ないように見えますが、中田七段の持ち駒の関係で寄り筋はないようです。藤井四段が優位に立ったとみられています。これだけ打ち歩詰めの局面が続くのは珍しいです。

☆羽生名人と渡辺竜王が永世竜王をかけて戦った4戦目を思い出します。羽生名人(永世6冠保持)が3連勝後4連敗して唯一永世竜王位を逃したのでした。藤井4段は30連勝を逃したショックは全く感じられず不利な局面から得意の終盤戦での逆転劇を見ると、1年でC2級2組からC1級1組に昇級出来ると確信できた試合でした。またアシスタントの貞升南女流初段は三人兄弟の真ん中で、医者の姉と銀行員の弟がいると言うエリート一家の31歳の2児の親でもあり、NHK杯司会の藤田綾女流2段と並び人気の有る女流棋士です。


村山七段が佐藤康九段を下し、次は羽生三冠と対戦

勝った村山七段、次戦は羽生善治三冠(1組2位)との対局になります。


 

羽生三冠にとっては、立て続けに若手棋士たちに胸を貸すタイトル戦だ。棋聖戦五番勝負では、24歳の斎藤慎太郎七段と対戦中。今回も25歳の菅井七段を迎え撃つ。29連勝し、一躍時の人となった藤井聡太四段(14)のこともあり、羽生三冠といえども若手の台頭を意識せずにはいられない。4日に行われた前夜祭では「最近は非常に若い世代との対局が増えています。それを刺激にしながら、私自身も前に進んで行けたらいいなと思っています」と抱負を語った。

 対する菅井七段は、初のタイトル戦とあってか緊張しきりだった。持ち時間8時間の長丁場に「不安なところで、もっと練習したかったのですが、みんなに断られてしまいました」と苦笑いした。それでも対局については「自分なりに一生懸命やっていくしかないと思っています。羽生先生とできることは、自分の将棋人生にとっても幸せなことなので」と、全力でぶつかる意気込みだった。



感想戦
菅井七段が先勝 王位戦 
 将棋の第58期王位戦7番勝負の第1局は5、6の両日、三重県菰野町で指され、挑戦者で後手の菅井竜也七段(25)が144手で羽生善治王位(46)を破り、先勝した。

 菅井七段は初タイトルが懸かり、羽生王位は7連覇を目指す。

 第2局は25、26日に福岡市で行われる。







佐藤天彦名人(29)への挑戦権を争う第76期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の2回戦、深浦康市九段―渡辺明竜王戦は5日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、深浦九段が107手で勝った。1回戦は抜け番だった深浦九段は1勝0敗、渡辺竜王は1勝1敗になった。


「野球情報」
中谷が場外へ同点2ラン「相手に流れがいきかけたので良かった」




3回、左越えに同点2ランを放つ中谷


 「DeNA5-10阪神」(6日、横浜スタジアム)
 阪神が今季節目の40勝に到達した。
 2点ビハインドの三回、中谷の8号場外2ランで同点。さらに原口も続き、連弾となる6号決勝弾で勝ち越しに成功。その後も得点を重ね、乱打戦を制した。
 左翼スタンドの上空を越えていく同点2ランを放った中谷は、「良い感じで振れたので、結果が場外となっただけで、しっかりいいホームランが打てた。有利なカウント(2ボール1ストライク)で思い切りいけたので感触も良かった。相手に流れがいきかけたので、あそこでしっかり点が取れたことが良かった。きょうはスタメンで結果が出て良かった」などと表情を引き締めながら語った。


 

新外国人ロジャースが来日、7日午後に会見へ

 阪神は6日、獲得を発表した新外国人のジェイソン・ロジャース内野手(29)=前パイレーツ傘下3A=が、米国から空路で来日したことを発表した。
 7日午後に兵庫・西宮市内で入団会見を行う。今季はパイレーツ3Aのンディアナポリスで69試合に出場。打率率・289、9本塁打、34打点の成績を残している。
 金本監督は以前から「(最初は)2軍になるのかな、分からないけど」と話しており、まずはウエスタン戦で状態を見極める方向。1軍戦デビューは早くても、後半戦初戦の17日・広島戦(甲子園)からになりそうだ。

☆ある球団幹部によれば、阪神の外国人調査のポイントに以前よりも「性格」「品格」がかなり重要視されるようになったという。球界の盟主と呼ばれる巨人は以前からそう言われるが、阪神が神経質になるのは、マートンのトラウマが少なからずあるのだろう。
しかし大相撲ではないのだから、品格があっても「打てない打者」では意味が無い。ヘーグ、キャンベルがその部類であった。汗)
昨夜の試合には高山、糸原、梅野の名前が先発から外された。保守には16年D1の坂本が入った。1塁には大山の代わりに中谷が入り見事ホームランを打った。久し振りに捕手には16年D1の坂本が入った。1塁には大山の代わりに中谷が入り見事ホームランを打った。久し振りに金本監督の采配が当たった感じである。☆


北海道で2年ぶりの猛暑日 音更町で35.6度





猛暑日となった7日、公園の噴水で涼む親子=帯広市、池田敏行撮影


 高気圧に覆われた北海道は7日、朝から気温が上昇し、音更町で35・6度、帯広市で35・2度に達した。

 北海道内で最高気温が35度以上の「猛暑日」となったのは、2015年8月5日以来2年ぶり。札幌市でも最高気温が30度を超え、今年初めての真夏日となった。(大久保泰)

広島が九回に驚異の大逆転 一挙6点、新井が逆転3ラン ヤクルトは6連敗




 「ヤクルト8-9広島」(7日、神宮球場)
 広島が驚異的な大逆転劇を見せた。

 5点を追う九回。無死からバティスタ、菊池の本塁打。さらに、松山の適時二塁打で2点差に追い上げると、2死一、三塁から代打・新井がセンターバックスクリーンを直撃する逆転の3ランを放った。
 ヤクルトは主砲・山田の3安打4打点の活躍などで一時は6点差をつけたが、九回に登板した4番手の小川が6失点と大誤算。チームは6連敗を喫した。


是が首位を走る強さなのだろうが、ヤクルトも山田がもう少し本領を発揮して後半戦を面白くしてほしい。頑張れ!




阪神の新外国人選手 ロジャースが入団会見
7月7日 20時27分
ロジャース選手は、7日午後、兵庫県西宮市内で記者会見し、「阪神は伝統があり、熱狂的なファンが多いと聞いていて、早くプレーするのが楽しみだ。打率も残せるし、パワーにも自信があるのでチームの優勝に向けて貢献したい」と抱負を述べました。

契約は今シーズン終了までで、年俸は推定で3400万円、背番号は「48」に決まりました。
            

            
                                  
        

「速報」佐々木五段勝利で藤井四段記録更新ならず

category - 囲碁・将棋
2017/ 07/ 02
                 
 




 
投了図

7月2日(日)に行われた第30期竜王戦決勝トーナメント、佐々木勇気五段ー藤井聡太四段戦は101手で佐々木勇気五段が勝ちました。藤井聡太四段の連勝は29で止まりましたが、これは歴代一位の記録となります。関係者のコメントは以下になります。

◆佐藤康光日本将棋連盟会長・九段
ここまで将棋界の枠を超えた注目が集まる中、14歳という若さで夢を与え続けてくれたことに感謝します。彼の棋士人生はまだ第一歩を踏み出したばかり。とてつもなく強くなってほしいと思います。
◆杉本昌隆七段
竜王戦本戦という大舞台を経験し、ここまで将棋界を盛り上げてくれたことに関し、師匠として、一人の棋士として「ありがとう」と言いたい気持ちです。連勝は止まりましたが、14歳の藤井四段はここからが本番。今までどおりの将棋好きの少年の気持ちを忘れずに。一喜一憂せず、次の記録に向かって精進してください。
◆母・藤井裕子様
勝負なので負けは仕方のないことだと思います。経験を糧にしてこれからも「強くなる」という目標に向かって進んでいってほしいです。(日本将棋連盟)

☆佐々木勇気5段は、評判どおり研究熱心な序盤の巧妙さで藤井4段の陣形を乱し僅かにリードを奪い中盤も堅実な指し回しで藤井4段の反撃を許さず、逆に差を広げて行った。夕食休憩後には藤井4段も負けを覚悟したようだ。しかし最後の最後まで勝負を諦めずに最善手を探して向かう姿勢には好感を持てた。29連勝の新記録を達成したのだから今後も臆せずに再び挑戦する気概を捨てないでほしいと祈った。先ずは一区切りが付き棋界やメデイアの注目から開放されて伸び伸びと休んでほしい。!
本当に夢と希望を与えてくれた14歳の棋士に感謝をいたします。御苦労様でした☆

第76期順位戦 C級2組 中田功七段 vs 藤井聡太四段

3日に対戦する順位戦。30年ぶりに連勝記録を塗り替え歴代連勝記録の単独トップに立った藤井聡太四段。
対するは大山康晴十五世名人門下であり、佐藤天彦名人の師匠の中田功七段。
果たしてこの対局を制するのはどちらなのか?!


都民ファースト圧勝、「小池勢力」で過半数の勢い 自民は惨敗


【都議選】池上彰氏が公明党に質問。都議会でも「与党でいたい?」
http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/02/ikegami-koumei_n_17368240.html
            

            
                                  
        

「号外」藤井聡太4段29連勝達成!棋界未曾有の大記録樹立!

category - 囲碁・将棋
2017/ 06/ 26
                 
 
増田4段が投了した瞬間           優勢から勝勢へと指した絶妙手5三桂
将棋 藤井四段が29連勝 30年ぶりに記録更新6月26日 21時27分





将棋の藤井聡太四段、29連勝の新記録達成 30年ぶりに塗り替え

笑顔の藤井四段
時事通信 6/26(月) 22:32配信
記者会見で報道陣から贈られた記念品を手に笑顔を見せる藤井聡太四段=26日夜、東京都渋谷区の将棋会館
 
解説は中村 太地6段


【藤井聡太四段@竜王戦】
29連勝の金字塔を打ち立てた#藤井聡太 四段。感想戦で手を振り返りました。
竜王戦決勝トーナメント▲藤井聡太四段-△増田康宏四段戦は、91手まで藤井四段の勝ちとなりました。消費時間は▲藤井4時間30分、△増田4時間48分。藤井四段はデビューからの公式戦連勝記録を29に伸ばし、歴代連勝記録単独1位になりまし… twitter.com/i/web/status/87931…

将棋の公式戦で一度も負けずに歴代最多の連勝記録に並んでいた中学3年生の藤井聡太四段が、26日、東京で行われた対局に勝ち、連勝を「29」に伸ばしました。藤井四段は連勝記録を30年ぶりに更新し、プロ1年目にして歴代単独1位となりました。
藤井聡太四段は、去年10月に史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となったあと公式戦で一度も負けることなく勝ち続け、今月21日の対局で連勝記録を「28」に伸ばして、昭和62年に神谷広志八段が達成した最多連勝記録に並びました。




藤井四段は26日、東京の将棋会館で竜王戦の挑戦者を決める「決勝トーナメント」の初戦に臨み、午前10時から増田康宏四段(19)と対局しました。

対局は先ほど増田四段が投了して、藤井四段は連勝を「29」に伸ばし、最多記録を30年ぶりに更新してプロ1年目にして歴代単独1位となりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170626/k10011031171000.html?utm_int=all_contents_just-in_001 

藤井聡太4段本当におめでとうございます。!

☆昨日はニコニコが谷川件の解説だったので主に見ていたが、藤井4段も谷川の「高速の寄せ」と同じく終盤が実に強い。羽生三冠と同じく「詰め将棋」を主体に勉強しただけある。中盤でponanzaの評価値が藤井のー368を表示したときは確かに増田4段が作戦成功に思われた。藤井4段はかねてからの構想で5三桂打ちの局面まで大局観として頭に入っていたのだと思う。ちょっとの隙を見逃さず攻撃する積極性は羽生三冠が7冠王達成時の勢いを彷彿とさせた。天才はどこか皆共通性があるものだ。!
次回の対局予定は
30戦目 竜王戦決勝T二回戦 対佐々木勇気五段(C級1組)(7月2日)
31戦目 竜王戦決勝T三回戦 対阿久津主税八段(B級1組)(30戦目に勝った場合)
32戦目 順位戦C級2組二回戦 対中田功七段
となっていますが、先ずは異色のイケメン強豪佐々木勇気5段に勝つ事が問題です。2004年、同4年(出場時は3年)のとき、小学生将棋名人戦で優勝(準優勝は、菅井竜也)。4年生の優勝は、1994年の渡辺明以来、史上2人目の最低学年記録である。同年9月に6級で奨励会に入会。
5級時代に一度降級点を喫したが、概ね順調に昇級・昇段し、2008年4月に三段に昇段。中学2年の4月での三段昇段は、豊島将之と並ぶ当時の最速タイ記録であり、現在は2015年10月に中学1年で三段昇段した藤井聡太に次ぐ記録である。


「阪神タイガース悲報」
阪神が今季初の5連敗…広島とは最大の6差に 押し出しの1得点のみ



4回、ゲレーロにソロを打たれる秋山(撮影・飯室逸平)

 「中日3-1阪神」(27日、浜松球場)
 阪神が今季初の5連敗を喫した。首位広島が勝ったため、ゲーム差は今季最大の6に広がった。
 阪神の先発・秋山は初回に京田、荒木の連続安打でピンチを迎えると、ゲレーロに先制の左犠飛を浴びた。四回には再びゲレーロに甘い球を捉えられ、今度はバックスクリーンまで運ばれた。6回4安打2失点と粘ったが、結果的には重い2点となった。
 七回に糸井が押し出し四球を選び1点差としたが、八回には2死満塁で登板した阪神4番手の藤川がゲレーロに押し出し死球を与えた。
 中日の先発・鈴木は6回1/3を1失点で4勝目(3敗)。出身地の浜松市で故郷に錦を飾った。
















            

            
                                  
        

「藤井4段と加藤九段の引退、安倍首相の留任

category - 囲碁・将棋
2017/ 06/ 21
                 
 

 

あり日の加藤さん

将棋界現役最年長の加藤一二三九段(77)が20日、東京・将棋会館であった竜王戦6組昇級者決定戦で
高野智史四段(23)に敗れ、62年10カ月に及ぶ現役生活を終えた。

終局後、加藤九段が感想戦を行わずに大勢の報道陣を振りきって脱出する一幕があった。

img_0_m (3)

矢倉戦となり、途中まで対藤井4段と同じように進んだが、▲66銀が悪手。

 端攻めから高野4段が一気に優勢になり98手までで高野4段の勝利。

 加藤九段は投了後、感想戦もなく、足早に去っていった。

 気持ちの整理がつかなかったのかな~。(森下九段)

20日の将棋・竜王戦予選で敗れ引退した加藤一二三・九段(77)は同日夜、自身のツイッターでファンや関係者への感謝の思いを表明した。加藤九段のツイートは以下のとおり。

 10歳のとき新聞の観戦記に触れ将棋の本質を悟ったわたくしが、天職である将棋に、最善の環境の中、生涯を懸け全身全霊を傾け打ち込むことができましたのは、御支援賜りましたスポンサー、将棋ファンすべての皆様おひとりおひとりのおかげに他なりません。幸せな棋士人生をありがとうございました。
長い将棋人生ご苦労様でした。愉しませていただき有難うございました。!
「加藤九段伝説」
一二三九段って何段?
4段で1234段・10段で12310段!
10段!10段!10段!
対局中相手の後ろから盤を見つめ長いネクタイが頭に当たる。(ヒフミン・アイ)
野良猫に餌付けして近隣住民から提訴される。犬派だったが猫の助け合いを見て猫派に替わる。(クリスチャン)
凡才ならず、神武以来の天才といわれる。
安倍首相は、昭和以来の盆栽のボケ!?

「将棋の藤井四段、28連勝に挑む対局始まる 」
2017/6/21 10:15



 プロデビューから無敗を続ける将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)が公式戦連勝記録の最多タイとなる28連勝に挑む王将戦1次予選が21日、実力者の澤田真吾六段(25)相手に大阪市の関西将棋会館で始まった。

 最多記録は、神谷広志八段(56)が1987年に達成した。昨年12月の初対局から快進撃を続ける中学生棋士が、将棋界の大記録に並ぶか、大きな注目が集まる。

 藤井四段は10日、25連勝として丸山忠久九段(46)を抜いて、単独2位に浮上。15日はサラリーマンからプロとなった異色の棋士、瀬川晶司五段(47)を破って26連勝をマークした。17日には、アマチュアで東京大1年の学生名人、藤岡隼太さん(19)を破り、連勝を27まで伸ばした。

 澤田六段とは2度目の対戦。王将戦1次予選は持ち時間各3時間で、21日夜には終局の見込み。〔共同〕
 

                                                   山口恵梨子女流二段      
 
午後3時ごろの局面、角換わりの中盤に差し掛かり難解な局面です。


☆澤田6段とは2日対局して20連勝したが、「千日手」で指し直し負けた将棋を奇手で大逆転勝利をした因縁の対局である。
勝負というだけあり終わって見なければ分からない将棋です。いつかは負けるのです。愛知県瀬戸市の自宅から通う中学生で授業を持っているので多忙過ぎて疲れているのではと心配しています。しかし視聴者・将棋フアンは藤井4段を注目しているでしょう。
ちなみに大相撲の連勝記録は
順位 力士名 連勝                     期間          止めた力士
1位 双葉山定次69 1936年(昭和11年)1月場所7日目~1939年(昭和14年)1月場所3日目 安藝ノ海
2位 白鵬翔 63 2010年(平成22年)1月場所14日目~2010年(平成22年)11月場所初日 稀勢の里
3位 千代の富士貢 53 1988年(昭和63年)5月場所7日目~1988年(昭和63年)11月場所14日目 大乃国
4位 大鵬幸喜 45 1968年(昭和43年)9月場所2日目~1969年(昭和44年)3月場所初日 戸田

双葉山の記録に並べば、棋王と竜王のタイトルを取り二冠王になっているのかな~~?しかし、タイトル戦は来年だったよね~無理か・・汗)兎に角、神武以来の天童の引退と同じ時期に平成の天才が28連勝を記録したことは不思議な因縁と思う。本当におめでとうございます。☆


「号外」
藤井四段28連勝 歴代1位タイ

毎日新聞2017年6月21日 16時51分(最終更新 6月21日 16時51分)



 





 将棋の史上最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第67期王将戦(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)1次予選で澤田真吾六段(25)に勝ち、神谷広志八段(56)が1987年に達成した歴代1位の連勝記録、28連勝に並んだ。デビュー戦から無敗での達成は初めて。単独トップの29連勝がかかる次戦は26日、竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(19)と対局する。この日の昼には、勝負飯として「ごまみそとじうどん」を食べて中盤の戦いに臨んでいた。

 澤田六段とは今月2日の棋王戦予選で対戦し、千日手指し直しの末、20連勝を飾った。この日の王将戦予選も、棋王戦予選の2局と同じ角換わりの戦型となり両者の意地がぶつかり合った。中盤から読み比べのねじりあいが続き、藤井四段が難敵を降した。

 藤井四段は中学2年だった昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。12月24日、当時現役最年長棋士の加藤一二三九段(77)とのデビュー戦に勝利した。4月4日の王将戦予選で小林裕士七段(40)を破り、デビュー戦からでは新記録となる11連勝を達成。今月17日の朝日杯予選で学生名人の藤岡隼太アマ(19)を破って27連勝まで記録を伸ばしていた。【新土居仁昌】


藤井四段、師匠との絆 会見で見つめ合い沈黙…オリジナルグッズは師匠が愛用

   


午前10時から始まった対局は午後4時47分に決着。藤井四段が99手で制した。対局を終えると、師匠の杉本昌隆七段(48)とともに会見。笑顔で握手する2人は、これまでの師弟関係で結ばれた強い絆を垣間見せた。
 藤井四段は「師匠には技術的なものだけでなく、将棋や対局に臨むことについて、たくさんのことを教えていただいた」と感謝。杉本七段とのエピソードについて聞かれると、たくさんの思い出を整理できない様子で、考え込みながら杉本七段を見つめた。・・・
詳しくは↓
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/21/0010302422.shtml
藤井四段【一問一答(下)】「熟語で表すのは難しいですね」
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/21/0010302579.shtml




「自民党の支持率最大幅で下がる」
☆一方安倍首相の国会での答弁は「森と加計」を同じ様にさす「禁じての二歩」を指し敗退したのに、詭弁を弄して逃げ回り自民党が嫌われているというより以上に安倍個人が嫌われ始めたのです。自民党の支持率も極端に下がりさすがに安倍さんも「築城は3年かかり、落城は1日である」と述べています。当然といえば当たり前の話です。誰も連勝を期待していないことを自覚すべきである。喝)

岡山・加計学園
  

獣医学部新設問題 萩生田氏「首相と加計氏の間柄、最近知った」 4年前、笑顔の3ショット

https://mainichi.jp/articles/20170621/ddm/041/100/133000c#cxrecs_s

真っ赤な嘘だった・・喝)

「加計」苦しさ増す政権 首相側近発言の新文書

(NEWSポストセブン)
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4818/
 思わず「ほんとかよ」とうなってしまいましたが、この噂話が報道記者の間で出回っているのは事実です。そこで繋がってくるのが週刊新潮による「安倍倒閣を狙う麻生太郎」副首相兼財務相という、いつか見た光景の再現であり、いかにも週刊誌が書きそうな「ネタ」でした。

 しかしながら私も昨日記事のようなことを申し、現状にして「安倍内閣の末期を予感したから」と申すとまたお叱りを受けそうなので、私の得た情報の皆さんに対する提供の仕方について、再考しなければなりません。現段階に於いて決定的なことを申せないのなら、一切提供すべきではありませんでした。既定路線通り「内閣改造を」と申しておきましょう。くしくもそう申した翌日に「八月から九月に内閣改造」という報道が出たのですが。。。。



籠池氏が昭恵氏経営の店を訪問 「100万円返しに」
学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、学園の籠池泰典前理事長(64)が21日夜、安倍晋三首相の妻昭恵氏が開いた東京都千代田区の飲食店を訪れた。訪問後、記者団に対し「昭恵氏から寄付を受けた100万円を返却しに来たが、受け取ってもらえなかった」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASK6P6H1YK6PUTIL0DX.html
            

親ありて

将棋四段・藤井聡太さんの母 裕子さん/上 没頭している時は止めず


https://mainichi.jp/articles/20170607/ddm/013/100/014000c

            
                

続きを読む

                 
        

「将棋」「藤井聡太4段負けなし27連勝」と阪神タイガース大魚を逸す

category - 囲碁・将棋
2017/ 06/ 18
                 
「藤井聡太4段負けなし27連勝」

昨年12月のデビュー戦から公式戦26連勝中と快進撃を続けている将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が17日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の1次予選1回戦で勝ち、連勝を「27」に伸ばした。神谷広志八段(56)が、五段時代の1987年につくった歴代1位の連勝記録「28」に並ぶまで、あと1勝に迫った。


感想戦で対局を振り返る藤井聡太四段(右)と藤岡隼太さん=17日午後4時19分、大阪市福島区の関西将棋会館、安冨良弘撮影

この日は、東京大1年で、学生名人の藤岡隼太(はやた)さん(19)と対戦。中盤で優位を築くと、終始攻め続け、106手で勝った。40分の持ち時間を2分残しての快勝だった。


 終局後、藤井四段は「プロとして負けられないという気持ちはあったが、自然体で臨んだ。早指し戦なので積極的にいった。ここまで連勝できたのは非常に幸運です」。藤岡さんは「自分の力を出そうと臨んだが、序盤から機敏に動かれて苦しかった。さすがプロだなと思った」と話した。55秒まで読まれたところで藤岡アマが駒台に手をかざす。「負けました」と発して投了した。玉をどこに逃げても詰む。一例は▲7七玉△6六金▲7八玉△5八飛▲7九玉△6八飛成▲8九玉△8八竜まで。終局時刻は15時44分。消費時間は▲藤岡アマ40分、△藤井38分(チェスクロック使用)。勝った藤井はデビュー以来の連勝を27に伸ばし、史上最多タイの連勝記録まであと1勝と迫った。本棋戦では次に大石直嗣六段と対戦する。 ※局後の感想※ 31手目▲6五歩が目標にされてまずく、代えて▲7七桂なら一局だった。また遡って25手目▲6五歩に代えて▲5八金も一局。本譜は藤井が機敏に戦機をとらえている。感想戦は16時36分に終了した。 感想戦に先立ち、両対局者に共同インタビューが行われている。前後するが、以下にまとめて記す。 藤井「終始攻める展開になったので、持ち時間の短い将棋としてはうまくいきました。(2日前は持ち時間が6時間ある順位戦だったが)本局は短いので積極的にいきたいと思っていました。44手目△9五歩から48手目△9六歩と詰めた辺りで指しやすいかなと。最後に詰みが見えて勝ちを意識しました。27連勝については、ここまで連勝できたのは非常に幸運です。次の対局では気負わず、記録を意識せずに自然体で臨めたらと思います。対局中に盤上以外のことを考えてもいいことはありません」 藤岡アマ「(緊張したかと問われて)昨日はなかなか眠れませんでした。準備については(藤井の)過去の棋譜を並べて東大将棋部のメンバーと話し合った結果、『お前のやりたいようにやれ』といわれました。31手目▲6五歩は目標にされてしまい、もう少し慎重になるべきでした。序盤の動きから緩手をとがめられ、甘さを痛感しました。(藤井に対して)連勝されて畏敬の念を持っています」


 歴代1位タイをかけた藤井四段の次の対局は、21日の王将戦1次予選。20連勝の時に戦った澤田真吾六段(25)と再び戦う。意気込みを聞かれた藤井四段は「相手は強敵で、厳しい戦いになる。記録は意識せず、気負わず臨みたい。思いっきりぶつかって全力を尽くしたい」と語った。勝てば、26日の竜王戦決勝トーナメント1回戦、増田康宏四段(19)との10代対決が、30年ぶりの新記録達成をかけた対局になる。(深松真司)

毎回インタビューでの語彙に驚かせているが、母親の裕子さん(47)によると、小学校高学年で司馬遼太郎「竜馬がゆく」や沢木耕太郎「深夜特急」などを読破した。新聞を読むのが日課といい、活字から吸収した知識や文章力が役立っているようだ。裕子さんは「わからない言葉を辞書で調べている姿も見かける。(僥倖などの言葉遣いも)家では普段使わないが、意外な感じはしなかった」という。
☆藤井4段は、頭の中が小宇宙であらゆる棋譜が詰め込まれている様に思えた。それを多くの引き出しから繰り出していく。得意の「角換わり」を自在に駆使して序盤・中盤・終盤へとミスも無く攻撃する力は、既にA級棋士に近いと思った。お母さんとの自由な関係も「勝利の女神」を呼び込むものと思う。☆




羽生善治棋聖に斎藤慎太郎七段が挑戦する第88期棋聖戦五番勝負第2局が6月17日(土)に愛知県豊田市「ホテルフォレスタ」で行われ、先手の羽生棋聖が勝ち、2連勝とし、防衛にあと1勝としました。終局時刻は、19時14分。
第3局は、7月1日(土)に静岡県沼津市「沼津倶楽部」で行われます。


「阪神速報」
神2-8楽(17日) 楽天、連敗3で止める



 8回楽天2死、ペゲーロが中越えに満塁本塁打を放つ=甲子園

 楽天が連敗を3で止めた。2-2の八回に島内の適時三塁打で勝ち越し、ペゲーロの満塁本塁打で突き放した。先発の美馬は6回2失点。阪神は同点に追い付いた後の好機を生かせず、八回に救援のマテオ、松田が乱れた。
☆2-2で迎えた阪神は7回桑原、8回マテオと勝利の方程式に入ったと思いきや島内に痛い適時三塁打を打たれ万事休した。広島がソフトバンクに勝ったので、再び3ゲーム差となり、4位の巨人が3位のDeNAに3・5差まで追い上げてきた。広島・阪神。巨人の三つ巴のCSとなりそうな状態になってきた。ここはDeNAにがんばり突き放してほしいものだ。(他力本願))



目玉は進次郎厚労相…加計隠しで電撃「内閣改造」急浮上

 安倍政権が加計学園疑惑を一気に“幕引きモード”に持っていこうとしている。16日で国会は事実上閉幕。これに合わせて懸案事項を全て処理し、逃げ切りを図るつもりだ。

 文科省文書の再調査に1週間もかかったのに、急に決まった内閣府の調査はあっさりきょう公表。野党が求めていた安倍首相出席の集中審議(参院)も受け入れた。

 天下りに関する全府省庁調査もドサクサに紛れてこの日発表され、「組織的な違反は文科省だけ」と結論づけた。文科省を悪者にしてシャンシャンというわけだ。

「都議選の告示が来週23日に迫った。最新の情勢調査では、小池新党が自民党を上回ってしまったようだ。加計問題を終わらせ、週明けに、ガラリと局面を変えなければ、戦えません」(自民党関係者)

 そこで官邸周辺で急浮上してきたのが、電撃的な内閣改造だという。今回は、加計問題をただ収束させただけでは、止血はできても傷口はふさげない。落ちた支持率をアップさせるため、都議選前にアッと驚く仕掛けが必要ということらしい。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/207561


宜しくお願いいたします。!☆



プロ野球ランキング
            

 公式戦の連勝記録を26に伸ばした15日の第76期順位戦の対局は、午前10時に始まり午後10時53分に終わった。藤井四段にとって、これまでで最も遅い終局時刻だった。報道陣から「疲れはないか」と問われると、「特に問題ないです」と笑顔で応えた。その後も感想戦があり、会場を後にした時には午前0時を回っていた。

 将棋の対局では、タイトル戦を除くと名人戦の予選にあたる「順位戦」が一番時間がかかる。持ち時間が6時間ずつあり、持ち時間を使い切ったあとでも「1分将棋」で対局は続く。40分間の休憩も2回ある。最近では、今月13日の順位戦で、持将棋(引き分け)による指し直しを経て、終局時刻は翌日午前2時53分だった。

 労働基準法では、午後10時~午前5時の深夜労働については原則、「満18歳に満たない者を使用してはならない」と定める。そもそも、「満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまで」は原則、労働させてはならない。

 ただし、この労働基準法が適用されるのは、あくまで雇用されている「労働者」の場合で、「個人事業主」は対象外。厚生労働省労働基準局監督課は「使用者に指揮命令を受けて働いているか、働いた時間に対して報酬を得ているかなどが、労働者かどうかの判断になる」という。

 では、藤井四段の場合はどうなのか。日本将棋連盟は「棋士は個人事業主。なので、労働時間の制約は特になく、棋士自身の意思で対局しています」と説明する。ただ、学業に配慮し、対局は学校が休みの土日、祝日にできるだけ入れるようにしたいという。「勉学に支障がないよう、最大限、努めていきたい」としている。

            
                

続きを読む

                 
        

「将棋」藤井聡太四段・後2勝と羽生棋聖の10連覇

category - 囲碁・将棋
2017/ 06/ 17
                 
「加計学園問題」

竜馬は「今一度この国を洗濯致し候」と姉に手紙を送ったが
大手マスコミと友人議員は、忖度してるんだ自分たちの利益のために。
世の中変わらぬ汚れたままじゃ・・

「将棋」


第11回朝日杯将棋オープン戦一次予選が始まります。開幕は、プロアマ戦全10局が東京・中央区「朝日新聞東京本社」と大阪・福島区「関西将棋会館」で行なわれます。
対局は、午前10時から東京で3局、関西で2局が行われ、午後2時から同様に5局が行われます。デビュー以来負けなし26連勝中の藤井聡太四段は、午後2時から関西将棋会館で藤岡隼太アマと対戦します。


pm3時ころの局面

藤井四段は17日、第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の1次予選1回戦で、東京大1年で学生名人の藤岡隼太(はやた)アマ(19)と戦う。(深松真司)(朝日新聞)



今年5月に学生名人戦で優勝した藤岡隼太(はやた)さん(19)=東京都三鷹市=。プロを目指したものの断念し、今春、東京大に入学。「時の人」との対戦を控え、「夢のよう」と心を躍らせている。藤岡さんは松山市出身。地元の将棋センターで腕を磨き、小学5年の時には山根ことみ女流初段(19)らと共に小学生の団体戦で全国優勝した。6年の時、棋士養成機関「奨励会」に6級で入会。週末に松山からフェリーに乗って大阪で開かれる例会に通い、棋士を目指す日々が始まった。

藤井四段の次の対局は17日午後、第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の1次予選1回戦で、東京大1年で学生名人の藤岡隼太(はやた)アマ(19)と戦う。(深松真司)(朝日新聞) 今年5月に学生名人戦で優勝した藤岡隼太(はやた)さん(19)=東京都三鷹市=。プロを目指したものの断念し、今春、東京大に入学。「時の人」との対戦を控え、「夢のよう」と心を躍らせている。
http://www.asahi.com/articles/ASK6F7DGVK6FUCVL02P.html



「藤井4段負けなし27連勝」!
55秒まで読まれたところで藤岡アマが駒台に手をかざし、「負けました」と発して投了した。終局時刻は15時44分。消費時間は▲藤岡アマ40分、△藤井38分(チェスクロック使用)。勝った藤井は、本棋戦では次に大石直嗣六段と対戦する。
毎回インタビューでの語彙に驚かせているが、母親の裕子さん(47)によると、小学校高学年で司馬遼太郎「竜馬がゆく」や沢木耕太郎「深夜特急」などを読破した。新聞を読むのが日課といい、活字から吸収した知識や文章力が役立っているようだ。裕子さんは「わからない言葉を辞書で調べている姿も見かける。(僥倖などの言葉遣いも)家では普段使わないが、意外な感じはしなかった」という。






羽生棋聖VS斎藤七段。西のイケメン王子は王者の10連覇を止めることができるか?!棋聖戦五番勝負の展望は?


更新: 2017年06月17日


羽生善治棋聖に斎藤慎太郎七段が挑戦する、第88期棋聖戦五番勝負がただいま進行中。開幕の第1局は羽生棋聖が貫録を示したが、まだシリーズとしては序盤。今後の展開はどうなるだろうか。


第88期棋聖戦五番勝負第1局では、勝利とならなかった斎藤七段だが、第2局以降の巻き返しに期待がかかる。撮影:潤(棋聖戦中継plusより)

挑戦者の斎藤七段は、現在最も勢いのある若手棋士の1人と言えるだろう。2015年度は40勝12敗の勝率0.769、16年度は27勝9敗の0.750で、2年続けて勝率一位賞に輝いている。プロデビューは2012年だが、順位戦をC級2組が1期、C級1組が3期、B級2組は1期と短期間に駆け上がり、今期は初参加のB級1組で戦う。B級1組までは羽生棋聖の昇級スピード(C2、C1、B2はそれぞれ各2期)より速い。タイトル挑戦が早くから期待されており、今期は満を持しての登場となった。

結果は羽生3冠の2連勝となった。力が落ちたと言われるが若い棋士にも負けない強さは、やはり日本一である。


羽生三冠の考える、プロとアマチュアの一番の違いとは?【子供たちは将棋から何を学ぶのか】

羽生三冠に「プロとアマチュアの将棋で一番の違いは何ですか?」と伺ったことがあります。羽生三冠は、「なかなか寄せられない終盤戦をいかに耐えて行くか。その我慢の力ですかね」とおっしゃっていました。

勝利を目前にして勝ちに向かうとき、あるいは負ける寸前だが可能性はまだ残されているとき。そうした踏ん張りどころこそ、もっとも自分が試されるときであり、一流のプロ棋士は、そこをぐっと耐えることができるのです。
子供たちは将棋から何を学ぶのか
Vol.1 将棋における「3つの礼」
Vol.2「負けました」から得られる成長
Vol.3 感想戦に込められたメッセージ
Vol.4 無言の声援がつなぐ親子の絆
Vol.5 弱さを認めて本物の強さを育てる
Vol.6 自分の弱さを知ることで手に入れられるもの
Vol.7 挑戦し続ける子供は、失敗を怖がらない
Vol.8 考える力を伸ばすことで応用力を身につける
Vol.9 次世代へ引き継ぎたい先人たちの想い
Vol.10 駒を仕舞う作法の大切さ
vol.11 相手の立場になって考えるということ

ライター安次嶺隆幸
私立暁星小学校教諭。公益社団法人日本将棋連盟学校教育アドバイザー。 2015年からJT将棋日本シリーズでの特別講演を全国で行う。中学1年生のとき、第1回中学生名人戦出場。その後、剣持松二九段の門下生として弟子入り。高校、大学と奨励会を3度受験。アマ五段位。 主な著書に「子どもが激変する 将棋メソッド」(明治図書)「将棋をやってる子供はなぜ「伸びしろ」が大きいのか? 」(講談社)「将棋に学ぶ」(東洋館出版)など。

「阪神速報」
神2-8楽(17日) 楽天、連敗3で止める



 8回楽天2死、ペゲーロが中越えに満塁本塁打を放つ=甲子園

 楽天が連敗を3で止めた。2-2の八回に島内の適時三塁打で勝ち越し、ペゲーロの満塁本塁打で突き放した。先発の美馬は6回2失点。阪神は同点に追い付いた後の好機を生かせず、八回に救援のマテオ、松田が乱れた。
☆2-2で迎えた阪神は7回桑原、8回マテオと勝利の方程式に入ったと思いきや島内に痛い適時三塁打を打たれ万事休した。広島がソフトバンクに勝ったので、再び3ゲーム差となり、4位の巨人が3位のDeNAに3・5差まで追い上げてきた。広島・阪神。巨人の三つ巴のCSとなりそうな状態になってきた。ここはDeNAにがんばり突き放してほしいものだ。(他力本願))



目玉は進次郎厚労相…加計隠しで電撃「内閣改造」急浮上

 安倍政権が加計学園疑惑を一気に“幕引きモード”に持っていこうとしている。16日で国会は事実上閉幕。これに合わせて懸案事項を全て処理し、逃げ切りを図るつもりだ。

 文科省文書の再調査に1週間もかかったのに、急に決まった内閣府の調査はあっさりきょう公表。野党が求めていた安倍首相出席の集中審議(参院)も受け入れた。

 天下りに関する全府省庁調査もドサクサに紛れてこの日発表され、「組織的な違反は文科省だけ」と結論づけた。文科省を悪者にしてシャンシャンというわけだ。

「都議選の告示が来週23日に迫った。最新の情勢調査では、小池新党が自民党を上回ってしまったようだ。加計問題を終わらせ、週明けに、ガラリと局面を変えなければ、戦えません」(自民党関係者)

 そこで官邸周辺で急浮上してきたのが、電撃的な内閣改造だという。今回は、加計問題をただ収束させただけでは、止血はできても傷口はふさげない。落ちた支持率をアップさせるため、都議選前にアッと驚く仕掛けが必要ということらしい。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/207561


宜しくお願いいたします。!☆



プロ野球ランキング
            

            
                                  
        

「将棋」藤井4段25連勝と若手女流棋士の台頭

category - 囲碁・将棋
2017/ 06/ 12
                 
夏至(21日)も近づくというのに、毎日が寒い日が続きます。それでもヨサコイソーラン祭りは熱く燃えています。私は血糖値を気にして断酒をしてますが、先日伊達名物の兜饅頭を昼食代わりに食べましたが、呑兵は基本的に甘党でもあり、一長一短ですね。汗)
ところで藤井4段の連勝は止まりませんですねー。!どうせなら、竜王戦まで勝ち進みタイトル獲得をしてほしいと願うものです。しかしそこには羽生3冠やA級棋士がずらりと並んでいます。


藤井四段が「大志」と揮毫(きごう)した上扇子が東西の将棋会館で発売された。四段としては異例の発売に「つたない字ながら『大志』という扇子を発売させていただいて、自分が書いた字が扇子になるのはうれしかった。『大志』という字は文字通り、上を目指して長くいきたいという気持ちを込めました」と説明。目指す“上”については「最終的にはタイトルを狙いたいですが、今はまだ力を蓄える時期だと思ってますので、それに専念したい」と話した。





里見香奈女流王位に伊藤沙恵女流二段が挑戦する第28期女流王位戦五番勝負第4局が、6月7日(水)に徳島県徳島市「JRホテルクレメント徳島」で行われ、伊藤女流二段が勝ち2勝2敗のタイとなりました。第5局は6月27日(火)に東京都渋谷区「将棋会館」で行われ
ます。


いとう・さえ 1993年、東京都武蔵野市生まれ。屋敷伸之九段に入門し、2004年に奨励会6級で入会。14年、同1級で退会し、女流初段でプロ入りした。15年、女流王座戦でタイトルに初挑戦し、女流二段に昇段。加藤桃子女流王座(当時)に2勝3敗1持将棋(引き分け)で敗れた。女流王位戦は挑戦者を決める紅白リーグ在籍2期目で、初挑戦。受け重視の棋風で、厚みを生かし押さえ込む展開を好む。

女流棋界も若い棋士が続々現れ里見4冠も防衛に容易ではなくなりました。藤井4段の出現で俄かに将棋ブームが起こり子供さんが将棋塾に通う人が増えたようです。故米永永世棋聖が都議会教育委員をされていたとき、小学校に将棋教室を設けるよう努力されて効果を挙げていましたが、国会議員の将棋会を通じて永田町や霞が関と 関係を深くすることで、いずれは将棋関連の予算を獲得したり、義務教育に将棋を必修 化させる時代も遠くないと思う。


「野球速報」
13日の予告先発
2017年06月12日 15時41分

 ◇交流戦
巨人・菅野―ソフトバンク・東浜(東京ドーム)
ヤクルト・石川―楽天・釜田(神宮)
DeNA・石田―ロッテ・石川(横浜)
中日・又吉―日本ハム・加藤(ナゴヤドーム)
阪神・秋山―西武・野上(甲子園)
広島・薮田―オリックス・金子(三次)


阪神新外国人にルナ浮上 キャンベル代役獲り本腰

  



16年の広島在籍時のルナ



 阪神が昨年に広島でプレーしたエクトル・ルナ内野手(37)の獲得調査を行っていることが12日、分かった。新戦力のキャンベルが打撃不振で2軍に降格。糸井も負傷で2戦連続でスタメンから外れるなど、打力の低下が不安視されている。球団は外国人野手の獲得に本格着手。日本野球の経験者もリストアップされており、ルナらが候補に挙がっている。球団は新外国人の補強に関しては静観の構えを見せていたが、チーム力維持のため、本格的に動きだした。三塁は好調の鳥谷が守っており、一塁手、外野手を条件に選定作業を進めている。球団関係者は「リストアップはしている。スムーズに働いてもらうために、日本野球経験者も検討している」と話す。

 そこで浮上したのが、昨年まで広島でプレーしたルナだ。13年から3年間、中日に所属。14年にはベストナインを受賞する活躍を見せた。長打はないが、確実性のある打撃には定評がある。昨年はCSファイナルステージで負傷。「右肩関節唇損傷」などで全治3カ月と診断され、オフに広島を自由契約となった。
 ◆エクトル・ルナ 1980年2月1日生まれ、ドミニカ共和国出身。リセオ・ホセ・マルティン高から99年インディアンスと契約。04年に移籍したカージナルスでメジャー昇格。メジャー通算339試合、打率2割6分2厘、15本塁打、96打点。13年に来日し中日入り。14年セ・リーグ三塁手のベストナイン。16年は広島でプレー。187センチ、99キロ。右投げ右打ち。




巨人堤GM退任決定的 鹿取GM特別補佐が後任候補



 巨人が今日13日、株主総会と取締役会を都内で開く。巨人の親会社である読売新聞グループ本社首脳が42年ぶりに球団ワーストを塗り替える13連敗の原因追究と打開策について話し合うことになる。

 編成部門をつかさどる堤辰佳GM(51)が退任することが決定的となっている。昨オフに史上初めてFA選手3人を獲得し、マギーら助っ人も含めて約30億円を投じた大補強を敢行した。だが陽岱鋼、山口俊が故障で出遅れて1軍復帰が6月になるなど、低迷の大きな要因となった。

 本社サイドはFA組の開幕後の不在を問題視しており、堤GMも低迷の責任を痛感。シーズン途中で、編成トップの交代が行われる情勢となった。後任は鹿取義隆GM特別補佐が候補として挙がっている。


 記者会見を終え、握手する巨人の石井一夫新社長(左)と鹿取義隆新GM兼編成本部長=13日午後、東京・大手町の球団事務所
巨人は13日、東京・大手町の読売新聞東京本社で株主総会と取締役会を行い、GMの交代が決まった。株主総会で取締役でもある堤辰佳GM(51)は選任されたが、同GMは42年ぶりに球団ワースト記録を塗り替える13連敗を喫するなど不振の責任をとり、就任辞退届を提出。球団は辞任を受領し、後任の新GM兼編成本部長に鹿取義隆GM特別補佐(60)が就任した。(日刊スポーツ)
            

            
                                  
        

ジャイアンツの11連敗と、14歳藤井四段21連勝 !

category - 囲碁・将棋
2017/ 06/ 07
                 
14歳藤井四段21連勝 谷川九段唯一の弟子・都成四段を下す 竜2枚で挟み撃ち
将棋の藤井聡太四段(14)は7日、大阪市福島区の関西将棋会館であった若手の早指し棋戦「上州YAMADAチャレンジ杯」1回戦で都成竜馬(となり・りゅうま)四段(27)に93手で勝ち、デビュー戦以来の公式戦連勝記録を21に更新した。全体の連勝記録では、引退した有吉道夫九段(81)の20連勝を抜き、歴代単独6位。同日午後1時から、阪口悟五段(38)との2回戦がある。阪口戦にも勝てば、引き続き3回戦の対局がある。【新土居仁昌】
images (42)


羽生3冠&谷川九段が藤井四段絶賛 勝負のカギは7日の早指し



トークショーを行う(左から)羽生善治三冠、谷川浩司九段、室田伊緒女流二段
(スポニチアネックス)
 スポニチ後援「eoプレゼンツ 関西将棋まつり2017」が3日、大阪・茶屋町のMBS1階ちゃやまちプラザで始まり、羽生善治3冠(46)が谷川浩司九段(55)とトークショーを行った。2日にデビューからの公式戦連勝記録を20とし、最多連勝記録28を見据える藤井聡太四段(14)にも言及。一日で最大3局指す7日の上州YAMADAチャレンジ杯が、最多連勝記録へのキーポイントとの見方を示した。詳しくは↓
https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/nation/sponichi-spngoo-20170604-0016

☆今日中にも23連勝が達成される可能性がある。!

            

            
                                  
        

将棋名人戦と棋界情報

category - 囲碁・将棋
2017/ 06/ 06
                 

野党から、加計学園理事長の加計氏との関係の追及受けて
 5日の衆院決算行政監視委員会と参院決算委員会で、野党は安倍晋三首相と加計学園の加計孝太郎理事長の関係を追及した。また安倍晋三首相の妻昭恵氏が、米国とフィリピンにある加計学園の提携先を訪問していたことが分かった。民進党の宮崎岳志衆院議員が指摘した。首相は「良いことをやっているのだから一緒にやるのは当然だ。(米国の提携先には)天皇陛下も行っている」と反論した。首相は「何回も何回も答えているように、親友である」と述べ、親しいことは認めたうえで、特別の便宜は図っていないと反論した。この答弁は国会軽視も甚だしく真実を隠蔽し、嘘を正当化する何時ものアベゾウリの国民無視の悪態である。世論調査による相次ぐ支持利率低下を受けて都議選でも自民党に離党届を突きつけられ小池知事主導の「都民フアースト」に追い上げられ正念場を迎えています。体重減少と顔の窶れが正直に露われている。目を覚まさないでと願う国民の声も聞こえるのだろうか?




第6局が開催されている甲府市の常磐ホテルは、1929(昭和4)年の創業。ロビーを入ると、緑あふれる見事な日本庭園に迎えられる。井伏鱒二や山口瞳など作家も多く訪れた宿で、松本清張が「波の塔」の一部を執筆した部屋も残る。
 名人戦は、森内九段(当時)が羽生名人(同)から名人位を奪取した2011年の第7局以来の開催。名人戦以外にも、竜王戦や囲碁名人戦など、タイトル戦が多く開催されている。
 2階のギャラリーにある「名人の小径」と名付けられた展示スペースには、そうした宿ゆかりのタイトル戦の写真や棋士の色紙、封じ手などが展示されている。この場所で長い時間を過ごす将棋ファンの宿泊客も多いそうだ。
 大山康晴や升田幸三など伝説の棋士たちの色紙と一緒に、王座戦や対局イベントでホテルを訪れている佐藤名人の色紙も。「清心」とある。(滝沢)

 

第75期名人戦 第6局 今期初の相掛かり戦

☆「将棋は礼に始まり、礼により終わる」といますが、厳かな姿が美しいです。将棋棋道訓の一つですが、戦中は「将棋は戦闘なり、奮闘すべし」。の一項目を入れて漸く存在を認められた経緯があります。多くの棋士が先陣に派遣されました。文化への政治介入は恐ろしいことです。喝)☆


名人戦
第75期名人戦七番勝負・


 佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に稲葉陽(あきら)八段(28)が挑戦、佐藤の3勝2敗で迎えた第75期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第6局は5日午前9時、甲府市の常磐ホテルで始まった。

 21年ぶりとなる20代対決の七番勝負は終盤に。第5局で今期初のリードを奪った佐藤が初防衛を決めるか、稲葉が追いついて最終局決戦へ持ち込むか。

 稲葉、佐藤の順に入室し、立会の高橋道雄九段が声をかけて対局開始。先手番の稲葉は2六歩と飛先の歩を突…佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に稲葉陽(あきら)八段(28)が挑戦する第75期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第6局が5日朝、甲府市の常磐ホテルで始まり、午後6時30分、稲葉挑戦者が31手目を封じて1日目を終えた。まだ本格的な戦いが始まる前の段階で、神経を使う読み合いが続いている。

1日目の対局詳報
 持ち時間各9時間のうち、稲葉挑戦者が4時間34分、佐藤名人が3時間38分を消費した。6日朝、再開する。

 ここまで佐藤名人が3勝2敗と、防衛まで1勝と迫った。対局は午前9時に始まった。先手番の稲葉挑戦者の作戦は、激しい戦いになる可能性を秘めた相懸かり。昨年以降は2回しか採用しておらず、後のない一番で思い切った選択だ。

 昼食休憩を挟み、午後は1時間以上の考慮が3手続いた。後戻りのできない手順も想定されるため、互いに慎重に手を進めている。




 解説を務める副立会人の村山慈明七段は「名人戦でも、ここまでのスローペースは珍しい。あと数手進めば、急戦になるか持久戦になるかが、ようやく見えてくるでしょう」と話した。(村瀬信也)

稲葉挑戦者が封じ手の意思を表示しました。
 X三段に改めて封じ手予想を聞きます。
 「封じ手は▲3六歩と予想します。これに対して後手が△7三銀と銀を立てば、先手も▲3七銀と同様に銀を立つのが自然です。その後、仮に△6四銀▲4六銀となると、後手の方が一足早く銀を前線に進めることになりますが、一方で、そのような展開になると、後手の玉が4二玉と戦場に一路近いのが損になる可能性もあります」
 「持ち時間が短い将棋なら、▲3六歩に対して△7三桂と跳ねてみたいですけどね。▲4八金と中央に備えても、例えば△7五歩▲同歩△9五歩▲同歩△8六歩▲同歩△6五桂と殺到する。ただその瞬間▲6八角とかわして受けられてどうか。△4四角(2六の飛車取り)▲2五飛(6五の桂取り)△6四歩▲4六歩△3三桂▲2七飛が一例です。そこで後手が何を指すかというと難しいのですが、6五の桂は簡単には取られない。取られにくい五段目の桂はポイント、という考え方です」
 X三段、明日もご登場いただく予定です。お楽しみに。(山口)



「2日目」
」」」時前、佐藤名人、稲葉挑戦者の順に入室。両者が1日目に指された30手目までを並べ直し、定刻の9時、立会人の高橋道雄九段が封じ手を開封した。稲葉挑戦者が前日に封じていた31手目は▲3六歩だった。


☆両者譲れない大事な6局目ですが、さすがに慎重な進行です。しかし、相掛かり戦法は中盤が激しく一気に終盤戦となることが多く一手の緩みも許されず、また思わぬ好手を打つと優勢になります。将棋は優勢・勝勢から勝利へとすすみますが、コンピューターと違い間違い、錯覚もありポナンザの評価地は当てになりません。現在の評価地は稲葉が+128点でリードしてますが、800点が勝負の分かれ目とされています。両者とも「諦めない」粘り強い棋士ですので意外に終局は遅くなると思います。☆

「号外」
佐藤名人が初防衛
  6 (2)

将棋名人戦第6局は後手の佐藤天彦名人が挑戦者の稲葉陽八段を下し、4勝2敗で名人初防衛を果たした。
佐藤は第74期にA級順位戦1期目で挑戦者になり、羽生善治名人(当時)を4勝1敗で破って実力制名人戦史上13人目の名人になった。

 日本将棋連盟関西本部所属棋士として11期ぶりの名人挑戦者となった稲葉は、20期ぶりの関西勢の名人位奪取はならなかった。【山村英樹】







里菜無念、呉政娥4連勝【第7回中国姜堰黄竜士精鍛科技杯世界女子団体戦第2R】
2017年06月03日
棋戦結果
 第7回中国姜堰黄竜士精鍛科技杯世界女子団体戦の第2ラウンドが6月3日(土)から第2ラウンドが中国江蘇省姜堰区にて行われている。日中韓3ヵ国で争われる女流の勝ち抜き団体戦だ。
 日本のメンバーは謝依旻六段、藤沢里菜三段、向井千瑛五段、王景怡三段、牛栄子初段の5名。
第1ラウンドで日本選手は、牛初段が1勝をあげたものの、王三段、向井五段が敗れ、第2ラウンドの残り選手は謝六段と藤沢三段の2名。中韓の残り選手はそれぞれ3名だ。
 3日の第8戦、第9戦は、韓国の呉政娥三段が午前、午後ともに中国の魯佳二段、日本の藤沢三段を破って4連勝と勝ち星を伸ばした。
 4日午前は呉三段と中国選手、午後はその勝者と日本の謝六段の対戦となる。



里見香奈女流王位に伊藤沙恵女流二段が挑戦する第28期女流王位戦五番勝負第3局が、5月31日(水)に福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」で行われ、里見女流王位が勝利し2勝1敗としました。第4局は6月7日(水)に徳島県徳島市「JRホテルクレメント徳島」で行われます。
☆注目の3段リーグの成績は里見香奈3段が2勝4敗と苦戦ですが西山朋佳3段が6勝2敗で有望となりました。


「野球速報」
<日本生命セ・パ交流戦:オリックス4-11阪神>◇6日◇京セラドーム大阪



 阪神鳥谷敬内野手(35)2号3ランを放った。



 3回2死一、二塁。オリックス金子の内角への142キロ速球を振り抜いた。高々と舞った打球は、そのまま右翼席最前席に飛び込んだ。「とにかくランナーを返すことを心がけて打席に入りました。インコースのボールでしたがうまく反応することができましたし、最高の結果になってくれて良かったです」。この1発で交流戦通算305安打とし、和田一浩を抜いて単独トップに立った。

 3回は鳥谷の本塁打の他にも上本、高山、原口がタイムリーを放ち、一挙6点を奪取。逆転に成功した。



巨人が42年ぶり11連敗 長嶋政権1年目以来球団ワーストタイ

逆転を許しベンチで渋い表情を見せる高橋監督(中央)=撮影・三好信也

 「交流戦、西武8-5巨人」(6日、メットライフドーム)
 巨人が逆転負けで1975年以来42年ぶりとなる球団ワーストタイの11連敗を喫した。

 巨人は三回に今季初スタメンの陽岱鋼の2点適時打、四回には阿部の適時打などで3点をリード。しかし、エース菅野が四回に4連打を含む5安打を浴び2失点。六回に2点を加点してもらいながらその裏、栗山に4号ソロなど3長短打で3点を失い同点とされた。
 七回から登板した桜井は3四球で1死満塁のピンチを作って降板。3番手・西村はメヒアに勝ち越しの押し出し四球を与え、続く外崎に右犠飛を打たれ2点のリードを奪われた。

 先手を取りながら逆転負け。11連敗で5位に転落した高橋監督は「相手もあること。なかなかうまくいかないが、頑張ってやるしかない」と言葉を絞り出した。試合については「菅野には常に(長いイニングを)行ってほしいが、常に調子がいいとはいかない。攻撃ももう少し点を取れたかもしれないし…」と振り返った。
 救援陣の乱調で勝ち越し点を奪われたが、連敗ストッパーに期待した菅野も6回5失点とエースとしてはふがいない結果だった。
 1975年は長嶋茂雄監督1年目で最下位になっている。負の連鎖が止まらない。不振にあえぐ巨人は6日、メットライフドームで行われた西武との交流戦に5―8で逆転負けを喫し、ついに11連敗で5位転落。2度の3点リードも守り切れず、球団唯一の最下位に終わった1975(昭50)年の球団ワーストに並んだ。42年前は1分けを挟んでの11連敗だったが、11戦11敗は球団史上初めてという屈辱となった。




宜しくお願いいたします。!☆



プロ野球ランキング
            

            
                                  
        

将棋と阪神タイガースの隆盛と安倍首相の衰退

category - 囲碁・将棋
2017/ 05/ 26
                 
  
佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に稲葉陽(あきら)八段(28)が挑戦する第75期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第5局が26、27日、岡山県倉敷市の料理旅館・鶴形で指される。ここまで両者2勝2敗。勝った方が名人位にあと1勝と迫る。
過去の4局では後手番が全部勝っています。このたびは稲葉が後手番です。果たして稲葉が勝って王手をかけられるか注目の一戦です。会場の岡山県倉敷市は故大山15世名人の出身地です。佐藤名人は孫弟子にあたります。

将棋の中学生棋士の、藤井4段がプロデビュー後の連勝記録を19に伸ばし史上最年少で竜王戦の本戦に出場を決めました。
思えば三浦九段がソフト冤罪事件で竜王挑戦者を強制的に辞退させられました。先日佐藤康光連盟会長と慰謝料支払いで合意に達しましたが、偏に三浦九段の将棋愛と連盟の混乱を避けるための厳しい勇断だったのです。発端となった渡辺竜王と連盟は、三浦九段の正義と良心を広く社会に公布する必要がある。三浦九段の今後の活躍を心より期待し祈るものです。!私情としては藤井4段に渡辺竜王からタイトルを奪ってほしいと奇跡を願うものです。!


「阪神タイガース」


25日巨人戦に代打で出場した鳥谷
 鼻骨骨折を負いながら黒色のフェースガードを着用して試合に出場した阪神・鳥谷敬内野手が海外でも話題となっている。
キャンベル バックスクリーンへ来日1号弾 28打席目でついに

  


 「阪神6-1巨人」(25日、甲子園球場)
 甲子園に駆け付けた3万8909人の大歓声を力に変えた。快勝劇の打の主役は阪神・キャンベルだ。5月2日・ヤクルト戦以来のスタメン出場で、来日初アーチを含む2安打3打点と大暴れした。
 阪神移籍後、初の1番に起用された糸井が初回に巨人・大竹からいきなり中前打を放ち、自身29打席ぶりとなる安打で出塁。続く上本の適時二塁打で早くも先制した。この回には「6番・三塁」でスタメンのキャンベルに来日1号となる2ランも飛び出し、いきなり4点を奪った。
鳥谷は連続試合出場記録を「1795」となった。この試合を落としたらと思うと月とすっぽんの差が有りほっとした。!
メッセンジャーはハーラートップの6勝目を上げた。






一方政治の闇はどん底に入り込んでいる。安保関連法に続き共謀罪の強行突破で、実際に罪を犯していなくても罪を着せられかねないあやふやな悪法は、戦前の治安維持法を思い起こす。国会議員様は本当に何も問題が無いと思って賛成したのだろうか、内心が知りたいものだ。地元で演説会や公聴会も開かず、ただ選挙の公認候補になりたいだけでは落選してもらいたい。
派閥同士で争う中選挙区が懐かしく思う次第である。

「将棋速報」
 佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に稲葉陽(あきら)八段(28)が挑戦する第75期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第5局は27日、岡山県倉敷市の料理旅館・鶴形(つるがた)で2日目が指し継がれ、午後7時32分、先手番の佐藤名人が107手で勝った。佐藤名人は対戦成績を3勝2敗とし、名人初防衛まであと1勝と迫った。第4局までいずれも後手番が勝っており、今シリーズで初めて先手番が勝利した。

応援宜しくね~!

            

            
                                  
        

【AbemaTV1周年】藤井聡太四段、羽生善治三冠に勝利☆

category - 囲碁・将棋
2017/ 04/ 24
                 


異常気象なのか、寒暖の差が激しく桜が咲くのかと心配になる今日この頃ですが、ようやくもみじ台の公園の草木もうっすらと色ずいてきました。☆


炎の七番勝負もいよいよ最終局。将棋界の絶対王者とも言える羽生善治三冠が最後の対戦相手だ。羽生は15歳3カ月でプロデビュー。19歳で初タイトルの竜王位を獲得し、25歳の時に前人未踏の七冠制覇の偉業を達成。100の大台も目前となっているタイトル獲得数97はもちろん史上第1位の記録である。自分と同じく中学生棋士となった藤井の現在の気持ちは、羽生自身が一番わかっているかもしれない。

炎の七番勝負の最終局、まさに「ラスボス」とでも呼びたくなる羽生に対し、14歳の天才少年・藤井がどういう戦いを見せるのか。






注目の大一番は両者の得意戦法とも言える角換わりに進み、現代角換わりの課題局面ともなっている▲4五桂ポン早仕掛けに進んだ。

「この形は先手が指せるという印象を持っていたので、羽生三冠がそう進められたのはちょっと意外でした」と藤井は言う。
☆残念ながら棋譜はダウンロードできませんでした。☆


なんとなんと14歳の藤井は絶対王者の羽生も破ってしまった。

炎の七番勝負は猛者ぞろいの相手に対し、藤井が6勝1敗という堂々たる勝ちっぷりで幕を閉じた。シリーズ開始前に藤井の師匠・杉本昌隆七段が「藤井が7戦全勝しても私は驚きません」と言っていたが、その言葉を裏切らない大型新人が登場してきたことを証明した格好だ。藤井がタイトル戦のひのき舞台に立つ日もそう遠くないのではないだろう。

対局:藤井聡太四段
羽生善治三冠
解説:阿久津主税八段
ゲスト解説:佐藤天彦名人
聞き手:中村桃子女流初段
司会:永田実
読上げ:飯野愛女流1級
記録:塚田恵梨花女流2級


            

            
                                  
        

将棋名人戦第2局始まる。

category - 囲碁・将棋
2017/ 04/ 20
                 
昨夜の阪神の負け方は、今年の阪神の特徴といえるかも知れず、早いうちに対処しなければなりませんですねー。
阪神鳥谷敬 9回裏 サヨナラタイムリーエラー&中日京田陽太の俊足!(2017年4月19日)

遊撃手時代には球界の名手として何度もゴールデングラブ賞を受賞しているのだが昨年からエラーの連発で加齢のためか目が悪くなったのではと心配されています。!?しかし、今年は打率が阪神トップで下ろしようが無い。新外国人のキャンベルが手首の腱鞘炎から復帰を目指しているが今後は併用が良いかもしれないですね。


  
藤田綾女流2段は藤田記念庭園にあやかったのか・・笑)藤田記念庭園は、弘前公園に隣接し、弘前市出身の藤田謙一氏が大正八年に別邸を構える際、東京から庭師を招いてつくらせた江戸風な景趣の庭園です。
  その後、弘前市が市政施行百周年記念事業として整備し、平成三年七月に開園しました。
  総面積は約21,800m2(約6,600坪)あり、東北地方においては平泉毛越寺庭園に次ぐ大規模な庭園です。


 園内は高さ13mの崖地をはさんで、高台部と低地部に分かれており、高台部は岩木山を眺望する借景式庭園で、洋館、和館、考古館が建ち、建物の中を見学する事ができます。
 低地部は池泉廻遊式庭園で、歩きながら、ハナショウブ、ツツジの群落、滝、などの景趣の変化を楽しむことができます。

今日は将棋の日のように多くのタイトル戦があります。

佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に稲葉陽(あきら)八段(28)が挑戦している第75期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局が20日朝、青森県弘前市の藤田記念庭園で始まった。
 稲葉挑戦者の先勝で幕を開けた20代同士の頂上決戦第2幕。初防衛をめざす佐藤名人が追いつくか、稲葉挑戦者の2連勝か。シリーズ序盤の大きな一番だ。

将棋の格言には人生に当てはまる言葉が多いですね。
『王の早逃げ八手の得(おうのはやにげはってのとく)』とは、敵の本格的な攻撃が始まる前に手数を使って王を安全地帯へ逃がした方が、終盤になって手得につながるという格言。

『王手は追う手(おうてはおうて)』とは、闇雲に王手をかけても意味がないという格言。

何の策もなく闇雲に王手をかけても、相手の王を安全地帯に逃がすだけになり、よくありません。
森友疑惑から逃げる安倍首相と追求する民進党に似ています。昭恵夫人付きの谷さんもアフリカに栄転したとか・苦笑)

今までは動画といえば「ドワンゴ」さんのニコニコ動画しかありませんでしたが、AbemaTVさんの動画は入会手続きも簡単でとてもありがたいですねー。!


藤井4段はA級連盟会長の佐藤9段にも勝ちました。佐藤九段は会長就任後、公式戦で負けなしの10連勝中である。唯一の黒星を付けたのが非公式戦とはいえ、本局の藤井四段なのだ。もうその実力を疑う者はいないだろう。

AbemaTV1周年スペシャルプログラム実施中!1ヶ月間毎日スゴイ(4/8〜)天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第7局の相手は将棋界の頂点に君臨する羽生善治三冠。かつて羽生も中学生棋士としてプロデビュー、トップの地位を守り続けてきた。天才vs天才、究極のラストバトル。
https://abematimes.com/posts/2272138/>



上田初美女流三段は産休明けから好調で挑戦戦者決定戦で里見香奈名人を破っての挑戦者となりました。

加藤桃子女王に上田初美女流三段が挑戦する第10期マイナビ女子オープン五番勝負第1局が4月11日(火)に神奈川県秦野市「元湯 陣屋」で行われ、加藤女王が開幕戦を制しました。第2局は4月20日東京都港区「明治記念館」で行われます。

「速報」
加藤桃子女王が連勝しました。