「将棋」羽生三冠が勝利&道内10日連続真夏日で夏バテ







九州豪雨 死者32人
謹んでお悔やみ申し上げいたします。合掌


道内は14日も朝から気温が上昇し、正午までにオホーツク管内津別町と十勝管内本別町で35・1度の猛暑日となるなど、85地点で最高気温が30度以上の真夏日となった。道内の真夏日は10日連続。猛暑日は7月に入って4日目。札幌管区気象台によると、道内で7月に10日続けて真夏日を観測するのは1997年以来20年ぶり。また、7月に猛暑日を4日記録するのは2004年以来13年ぶり。(道新)
例年なら,朝夕は涼しく扇風機も不要であったが、今年は本州顔負けの猛暑で、扇風機最大にしても、室温28度もあり過ごしづらく寝苦しい夜が続いています。聊か夏ばて気味ですが、水分補給はもとより体力が落ちないように栄養あるものも十分摂取しなければなりません。糖尿とのバランスが大変です。汗)

  kesshou (2)
佐々木勇気6段は阿久津8段に勝っています。

最後の”永世”獲得を目指し羽生三冠(1組2位)が登場!対するは序盤のマエストロ(イタリア語で芸術家・専門家の敬称)・村山七段(3組優勝)!
竜王戦決勝トーナメントは14日(金)9・50分から行われました。




感想戦終了の挨拶


羽生三冠が勝利
99▲羽生-△村山戦は22時16分、99手で羽生三冠が勝ちました。消費時間は▲羽生4時間57分、△村山4時間59分(持ち時間は各5時間)。羽生三冠はベスト4に進出。次戦の相手は稲葉陽八段(2組優勝)です。





注目の棋士C1組千田 翔太 六段(今年渡辺棋王に挑戦して2勝3敗で負ける)は1回戦に勝ちました。!

☆昨年のNHK杯で準優勝と、このところ各棋戦で好成績を挙げて居る中堅の村山七段は中盤では△6五桂で羽生三冠の王に詰み筋が発生し、長考の末▲5四角の攻防手を放ち最後は即詰みで勝利しました。素晴らしい熱戦でした。
まだ、中堅、若手には負けない強さを持っています。!

将棋ニュース

棋士会役員のお知らせ


2017年5月29日に行われた日本将棋連盟棋士会総会において、棋士会役員が下記の通り選任されました。任期は2年です。


【日本将棋連盟棋士会 役員一覧】(2017年5月29日~)
会 長 中村 修九段(54歳) 再任
副会長 久保利明王将(41歳) 再任
 〃  畠山 鎮七段(47歳) 新任
※副会長 室田伊緒女流二段は退任いたしました。
なお三浦九段の冤罪問題で谷川連盟会長が引責辞任した時、佐藤康光九段が棋士会長だったのをやめ現在将棋連盟会長となっています。


 


奨励会三段リーグ

        師匠   
西山朋佳 伊藤博     21歳    6勝  4敗
里見香奈 森けい     25歳    3勝  7敗
9月まで18回戦戦い上位2名が4段昇級(棋士となる)現在西山3段が残り8試合で全勝か7勝すれば可能性があります。トップは8勝2敗です。



ミライ☆モンスター
ミライに羽ばたく金のタマゴ応援番組。将棋塚田恵梨花(18)藤井聡太四段の29連勝新記録樹立で話題沸騰中の将棋界で新星女流棋士を発見!昇級賭け対局に臨む


塚田恵梨花(18)女流1級は塚田泰明9段・高群佐知子女流 三段夫妻の長女。塚田恵梨花女流は、2014年9月に女流棋士になったのだが、棋士・女流棋士で、両親が棋士・女流棋士である例は初めてとのこと。そしてこの3人はひとつ屋根の下に暮らしている、まさに将棋一家。羨ましい環境です。
同じく将棋界において、どちらかの親が将棋のプロ棋士であるのは、棋士では木村義徳(父:木村義雄十四世名人)・神田鎮雄(父:神田辰之助)・板谷進(父:板谷四郎)・西川和宏(父:西川慶二)藤森哲也(母:藤森奈津子)の5例、女流棋士では伊藤明日香(父:伊藤果)・飯野愛(父:飯野健二)の2例です。



「囲碁情報」
 



第2回扇興杯女流囲碁最強戦 【主催:日本棋院 協賛:センコーグループホールディングス株式会社】 の準決勝が7月14日(金)に滋賀県東近江市の迎賓庵『あけくれ』で行なわれ、 謝依旻扇興杯と藤沢里菜女流本因坊が勝ち決勝進出を決めた。
扇興杯 女流囲碁最強戦
主催 日本棋院
後援 -
特別協賛 -
協賛 センコーグループホールディングス株式会社
特別協力 -
協力 関西棋院、囲碁将棋チャンネル
優勝賞金 優勝 800万円 準優勝 400万円


「野球情報」
阪神・ロジャースは昇格見送り 当面は2軍戦で調整へ


Photo By スポニチ


 阪神の新外国人、ジェイソン・ロジャース内野手(29=前パイレーツ3A)は17日の後半戦開幕に合わせた昇格見送りが濃厚になった。14日は甲子園球場での1軍練習に参加し、当面は2軍戦で出場を重ねながら状態を上げていく方針が固まった。
スポンサーサイト

「将棋」羽生棋聖10連覇と藤井4段



プロ野球ランキング


本道では珍しい4か連続の真夏日で、朝1で温泉に行こうとバス停で待っていたが、定期点検で休みと言うことだった。小さなことでも、こまめにメモを取っておくことが必要だと痛感しました。やむなく冷房の効いたデパートの店で藤井4段の将棋番組と羽生名人の棋聖戦を見ながら愉しんできた。時代も変わったものだ。尤も将棋専門喫茶も昔からあったが・・将棋を指すことが一義であった。今はただ大型テレビで観戦できるのである。感謝デスねー。

 



羽生善治棋聖に斎藤慎太郎七段が挑戦する第88期棋聖戦五番勝負第4局は、7月11日(火)に新潟県新潟市「高島屋」で行われ羽生善治棋聖が10連覇を果たしました。47歳になっていまだに、若い棋士相手に10連覇を出来る棋士は羽生3冠を於いてはおりません。



人生は、将棋に似ている。どちらも“読み”の深い人が勝機をつかむ。“駒づかい”のうまい人ほど、機縁を活かして大成する。 “着眼大局、着手小局”もまた、両者に共通する真理であろう。 升田幸三 さんの格言である。藤井4段と同じく羽生さんも子供のときから「詰み将棋」を専門に勉強したことは良く似ているが、終盤の逆転力は ここから生まれたものだ。第4局は、厚みのある攻めを見せた羽生三冠が優勢に進め、斎藤七段も懸命の粘りを見せましたが、午後7時23分、127手までで斎藤七段が投了して羽生三冠が勝ちました。
羽生三冠は3勝1敗でタイトルを防衛して棋聖戦10連覇を果たし、自身の持つ棋聖戦の最長連覇記録を更新しました。

また、羽生三冠はすでに、王座戦で19連覇、棋王戦で12連覇と、それぞれ最長連覇記録を持っていて、これで大山康晴十五世名人以来、史上2人目となる3つのタイトル戦で2桁の連覇を達成した棋士となりました。

さらに、自身が更新を続けている八大タイトルの通算獲得数の最多記録も、これで98期となり100期の大台まであと2つに迫りました。

対局のあと羽生三冠は「結果が出せてよかったです。勢いのある若手の棋士がたくさん出てきているので大きな刺激になっています。ほかのタイトル戦も進行中なので、前に向かって行きたいです」と話していました。




藤井聡太四段が都成竜馬四段を下す

honsen (3)


7月11日(火)に行われた第7期加古川青流戦トーナメント、藤井聡太四段と都成竜馬四段の対局は、130手で藤井聡太四段が勝ちました。勝った藤井四段はベスト8進出を決めました
先手番の都成四段が玉頭から攻め込み、あと一歩まで迫ったが、藤井四段が反撃。秒読みに追われた都成四段が対応を誤り、最後は藤井四段が寄せきった。

 藤井四段は「序盤から難しかった。中盤も自信のない展開だったが、勝てたのは良かった」。都成四段は「どちらかと言えば勝ちがあると思っていたが、終盤にミスをしてしまった」と述べた。

 今月19日が誕生日の藤井四段にとって、14歳最後の公式戦。「周りの環境も含めて大きく変わったが、自分でも成長できた1年だった。次の1年も、この1年以上に強くなれるよう頑張りたい」と話した。




▲阪口 悟五段(0勝1敗)-△佐々木 勇気五段(1勝0敗)
竜王戦での活躍が話題の佐々木五段、本局に勝てば勝敗規定により六段昇段となります。
佐々木5段が勝ち6段に昇段しました。おめでとうございます。!


稀勢の里、力なく2敗目=大相撲


栃ノ心(左)に寄り切りで敗れた稀勢の里=11日、愛知県体育館
 途中休場明けの稀勢の里が早くも2敗目。3月の春場所で痛めた左の上腕と胸の不安を払拭(ふっしょく)できず、取組後は何を聞かれても「うーん」と生返事を繰り返すだけだった。

 けんか四つで怪力の栃ノ心に右前まわしを取られて守勢となり、得意の左もねじ込めず、寄り切られた。今場所は3日間いずれも、左四つの自分の形になれていない。

 今後も対戦相手は稀勢の里の左を封じてくるだろう。有効な打開策も見当たらない中、「あしたしっかりやるだけ」と言葉を振り絞った。

ダウンロード  西岡剛




阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャーは8勝目阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャーは8勝目阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャーは8勝目阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャーは8勝目阪神2連勝、上本が5号含む4安打3打点、メッセンジャー8勝目。
 「阪神10-1中日」(11日、倉敷マスカットスタジアム)
 阪神が14安打10得点で大勝し2連勝。先発・メッセンジャーは7回8安打1失点で8勝目(5敗)を挙げた。
 0-1の二回、中日の先発・ジョーダンの2個のボークで同点。三回は上本の左越え5号ソロと福留の右越え7号2ランで3点を勝ち越し。四回は上本の右前適時打で1点を追加。
 5-1の五回は大山の左越え2点二塁打、梅野の左前適時打、メッセンジャーの左中間適時二塁打、上本のこの日4安打目となる左中間適時二塁打で5点を追加し、2桁得点に乗せた。
☆阪神は5点を先取すれば「勝利の必勝方程式」で勝てるチームだと言うことを証明している。小さな体で2番を打ちたまに貴重なホームランを打つ上本は貴重な核弾頭に思えて頼もしい。ニチハム・オリックス時代の糸井選手はあまり見たことが無いのだが、怪我をしていることを考えても絶好球を打ち損ねる場面が多く、失礼だが、破壊力に乏しく思えて仕方が無い。年齢36歳が災いしているのか勝利に貢献する,長打は期待できないと思う時がある。涙)ロジャースや復帰間近の西岡あたらに期待する事が近道と思う次第。汗)

【前半戦総括】金本監督、ロジャース&西岡に「新しい風と期待している」
https://www.daily.co.jp/tigers/2017/07/12/0010364120.shtml

「将棋」藤井四段 初黒星の後は白星で30勝目 順位戦2勝目


プロ野球ランキング

九州豪雨、死者3人 心肺停止3人、安否不明19人
謹んでお見舞い申し上げいたします。

家屋近くで心肺停止の夫婦が発見され、消防隊員らに搬送された=6日午後7時6分、福岡県朝倉市山田、池田良撮影
 九州の記録的な大雨は6日も北部の福岡、大分両県を中心に降り続き、他県にも拡大した。福岡、大分両県では6日夜までに3人が死亡し、3人が心肺停止状態で見つかった。一方、両県によると、行方不明者や連絡が取れない安否不明者は計19人。気象庁は両県に出していた大雨特別警報を6日午後2時すぎに解除したが、雨は7日夜まで断続的に降る見通しで、さらに警戒を呼びかけている。





朝イチは黒沢&貞升コンビ。AbemaTV

藤井四段 初黒星の後は白星で30勝目 順位戦2勝目
 昨年12月のデビュー以降無敗で「29」連勝を達成し、連勝記録を更新した中学3年生の最年少棋士・藤井聡太四段(14)が6日、関西将棋会館で順位戦C級2組の対局に臨み、中田功七段(49)を破った。2日の対局で佐々木勇気五段(22)に公式戦初黒星を喫して以来、藤井四段が公式戦で対局するのは初めて。
 冷静な差し回しで勝利した。午前10時、先手の藤井四段は普段通りお茶をすすってから初手を指し、居飛車穴熊の形に駒組みを行った。中田七段は得意とする三間飛車の形で対抗し、夕食休憩後には、藤井四段が押される展開となっていた。しかし、終盤戦で激しい責め合いとなると、中田七段の攻めを受けきった藤井四段が形勢を逆転した。
 藤井四段は6月26日には、デビュー以来無敗で、歴代連勝記録を塗り替える快挙を達成した。しかし、30連勝の大台の期待の掛かった2日の竜王戦本戦2回戦で佐々木五段に敗れ、連勝記録は「29」でストップ。本局が仕切り直しの一局となった。
 藤井四段は順位戦で、6月15日に瀬川晶司五段(47)を破り、1勝を挙げている。残り8局を戦い、C級1組への昇級を目指す。
 次回は11日に加古川青流戦で都成竜馬四段(27)と対局する。

藤井聡太四段が中田功七段に勝ちました。2日に連勝が止まりましたが、崩れませんでした。藤井四段によると、中盤で誤算があり苦しくなったと感じていたようです。藤井四段は2連勝、中田七段は2連敗となりました。




C級2組順位戦の藤井聡太四段―中田功七段戦、藤井四段の玉が打ち歩詰めの局面になっています。一見、危ないように見えますが、中田七段の持ち駒の関係で寄り筋はないようです。藤井四段が優位に立ったとみられています。これだけ打ち歩詰めの局面が続くのは珍しいです。

☆羽生名人と渡辺竜王が永世竜王をかけて戦った4戦目を思い出します。羽生名人(永世6冠保持)が3連勝後4連敗して唯一永世竜王位を逃したのでした。藤井4段は30連勝を逃したショックは全く感じられず不利な局面から得意の終盤戦での逆転劇を見ると、1年でC2級2組からC1級1組に昇級出来ると確信できた試合でした。またアシスタントの貞升南女流初段は三人兄弟の真ん中で、医者の姉と銀行員の弟がいると言うエリート一家の31歳の2児の親でもあり、NHK杯司会の藤田綾女流2段と並び人気の有る女流棋士です。


村山七段が佐藤康九段を下し、次は羽生三冠と対戦

勝った村山七段、次戦は羽生善治三冠(1組2位)との対局になります。


 

羽生三冠にとっては、立て続けに若手棋士たちに胸を貸すタイトル戦だ。棋聖戦五番勝負では、24歳の斎藤慎太郎七段と対戦中。今回も25歳の菅井七段を迎え撃つ。29連勝し、一躍時の人となった藤井聡太四段(14)のこともあり、羽生三冠といえども若手の台頭を意識せずにはいられない。4日に行われた前夜祭では「最近は非常に若い世代との対局が増えています。それを刺激にしながら、私自身も前に進んで行けたらいいなと思っています」と抱負を語った。

 対する菅井七段は、初のタイトル戦とあってか緊張しきりだった。持ち時間8時間の長丁場に「不安なところで、もっと練習したかったのですが、みんなに断られてしまいました」と苦笑いした。それでも対局については「自分なりに一生懸命やっていくしかないと思っています。羽生先生とできることは、自分の将棋人生にとっても幸せなことなので」と、全力でぶつかる意気込みだった。



感想戦
菅井七段が先勝 王位戦 
 将棋の第58期王位戦7番勝負の第1局は5、6の両日、三重県菰野町で指され、挑戦者で後手の菅井竜也七段(25)が144手で羽生善治王位(46)を破り、先勝した。

 菅井七段は初タイトルが懸かり、羽生王位は7連覇を目指す。

 第2局は25、26日に福岡市で行われる。







佐藤天彦名人(29)への挑戦権を争う第76期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の2回戦、深浦康市九段―渡辺明竜王戦は5日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、深浦九段が107手で勝った。1回戦は抜け番だった深浦九段は1勝0敗、渡辺竜王は1勝1敗になった。


「野球情報」
中谷が場外へ同点2ラン「相手に流れがいきかけたので良かった」




3回、左越えに同点2ランを放つ中谷


 「DeNA5-10阪神」(6日、横浜スタジアム)
 阪神が今季節目の40勝に到達した。
 2点ビハインドの三回、中谷の8号場外2ランで同点。さらに原口も続き、連弾となる6号決勝弾で勝ち越しに成功。その後も得点を重ね、乱打戦を制した。
 左翼スタンドの上空を越えていく同点2ランを放った中谷は、「良い感じで振れたので、結果が場外となっただけで、しっかりいいホームランが打てた。有利なカウント(2ボール1ストライク)で思い切りいけたので感触も良かった。相手に流れがいきかけたので、あそこでしっかり点が取れたことが良かった。きょうはスタメンで結果が出て良かった」などと表情を引き締めながら語った。


 

新外国人ロジャースが来日、7日午後に会見へ

 阪神は6日、獲得を発表した新外国人のジェイソン・ロジャース内野手(29)=前パイレーツ傘下3A=が、米国から空路で来日したことを発表した。
 7日午後に兵庫・西宮市内で入団会見を行う。今季はパイレーツ3Aのンディアナポリスで69試合に出場。打率率・289、9本塁打、34打点の成績を残している。
 金本監督は以前から「(最初は)2軍になるのかな、分からないけど」と話しており、まずはウエスタン戦で状態を見極める方向。1軍戦デビューは早くても、後半戦初戦の17日・広島戦(甲子園)からになりそうだ。

☆ある球団幹部によれば、阪神の外国人調査のポイントに以前よりも「性格」「品格」がかなり重要視されるようになったという。球界の盟主と呼ばれる巨人は以前からそう言われるが、阪神が神経質になるのは、マートンのトラウマが少なからずあるのだろう。
しかし大相撲ではないのだから、品格があっても「打てない打者」では意味が無い。ヘーグ、キャンベルがその部類であった。汗)
昨夜の試合には高山、糸原、梅野の名前が先発から外された。保守には16年D1の坂本が入った。1塁には大山の代わりに中谷が入り見事ホームランを打った。久し振りに捕手には16年D1の坂本が入った。1塁には大山の代わりに中谷が入り見事ホームランを打った。久し振りに金本監督の采配が当たった感じである。☆


北海道で2年ぶりの猛暑日 音更町で35.6度





猛暑日となった7日、公園の噴水で涼む親子=帯広市、池田敏行撮影


 高気圧に覆われた北海道は7日、朝から気温が上昇し、音更町で35・6度、帯広市で35・2度に達した。

 北海道内で最高気温が35度以上の「猛暑日」となったのは、2015年8月5日以来2年ぶり。札幌市でも最高気温が30度を超え、今年初めての真夏日となった。(大久保泰)

広島が九回に驚異の大逆転 一挙6点、新井が逆転3ラン ヤクルトは6連敗




 「ヤクルト8-9広島」(7日、神宮球場)
 広島が驚異的な大逆転劇を見せた。

 5点を追う九回。無死からバティスタ、菊池の本塁打。さらに、松山の適時二塁打で2点差に追い上げると、2死一、三塁から代打・新井がセンターバックスクリーンを直撃する逆転の3ランを放った。
 ヤクルトは主砲・山田の3安打4打点の活躍などで一時は6点差をつけたが、九回に登板した4番手の小川が6失点と大誤算。チームは6連敗を喫した。


是が首位を走る強さなのだろうが、ヤクルトも山田がもう少し本領を発揮して後半戦を面白くしてほしい。頑張れ!




阪神の新外国人選手 ロジャースが入団会見
7月7日 20時27分
ロジャース選手は、7日午後、兵庫県西宮市内で記者会見し、「阪神は伝統があり、熱狂的なファンが多いと聞いていて、早くプレーするのが楽しみだ。打率も残せるし、パワーにも自信があるのでチームの優勝に向けて貢献したい」と抱負を述べました。

契約は今シーズン終了までで、年俸は推定で3400万円、背番号は「48」に決まりました。

「速報」佐々木五段勝利で藤井四段記録更新ならず

 




 
投了図

7月2日(日)に行われた第30期竜王戦決勝トーナメント、佐々木勇気五段ー藤井聡太四段戦は101手で佐々木勇気五段が勝ちました。藤井聡太四段の連勝は29で止まりましたが、これは歴代一位の記録となります。関係者のコメントは以下になります。

◆佐藤康光日本将棋連盟会長・九段
ここまで将棋界の枠を超えた注目が集まる中、14歳という若さで夢を与え続けてくれたことに感謝します。彼の棋士人生はまだ第一歩を踏み出したばかり。とてつもなく強くなってほしいと思います。
◆杉本昌隆七段
竜王戦本戦という大舞台を経験し、ここまで将棋界を盛り上げてくれたことに関し、師匠として、一人の棋士として「ありがとう」と言いたい気持ちです。連勝は止まりましたが、14歳の藤井四段はここからが本番。今までどおりの将棋好きの少年の気持ちを忘れずに。一喜一憂せず、次の記録に向かって精進してください。
◆母・藤井裕子様
勝負なので負けは仕方のないことだと思います。経験を糧にしてこれからも「強くなる」という目標に向かって進んでいってほしいです。(日本将棋連盟)

☆佐々木勇気5段は、評判どおり研究熱心な序盤の巧妙さで藤井4段の陣形を乱し僅かにリードを奪い中盤も堅実な指し回しで藤井4段の反撃を許さず、逆に差を広げて行った。夕食休憩後には藤井4段も負けを覚悟したようだ。しかし最後の最後まで勝負を諦めずに最善手を探して向かう姿勢には好感を持てた。29連勝の新記録を達成したのだから今後も臆せずに再び挑戦する気概を捨てないでほしいと祈った。先ずは一区切りが付き棋界やメデイアの注目から開放されて伸び伸びと休んでほしい。!
本当に夢と希望を与えてくれた14歳の棋士に感謝をいたします。御苦労様でした☆

第76期順位戦 C級2組 中田功七段 vs 藤井聡太四段

3日に対戦する順位戦。30年ぶりに連勝記録を塗り替え歴代連勝記録の単独トップに立った藤井聡太四段。
対するは大山康晴十五世名人門下であり、佐藤天彦名人の師匠の中田功七段。
果たしてこの対局を制するのはどちらなのか?!


都民ファースト圧勝、「小池勢力」で過半数の勢い 自民は惨敗


【都議選】池上彰氏が公明党に質問。都議会でも「与党でいたい?」
http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/02/ikegami-koumei_n_17368240.html

「号外」藤井聡太4段29連勝達成!棋界未曾有の大記録樹立!

 
増田4段が投了した瞬間           優勢から勝勢へと指した絶妙手5三桂
将棋 藤井四段が29連勝 30年ぶりに記録更新6月26日 21時27分





将棋の藤井聡太四段、29連勝の新記録達成 30年ぶりに塗り替え

笑顔の藤井四段
時事通信 6/26(月) 22:32配信
記者会見で報道陣から贈られた記念品を手に笑顔を見せる藤井聡太四段=26日夜、東京都渋谷区の将棋会館
 
解説は中村 太地6段


【藤井聡太四段@竜王戦】
29連勝の金字塔を打ち立てた#藤井聡太 四段。感想戦で手を振り返りました。
竜王戦決勝トーナメント▲藤井聡太四段-△増田康宏四段戦は、91手まで藤井四段の勝ちとなりました。消費時間は▲藤井4時間30分、△増田4時間48分。藤井四段はデビューからの公式戦連勝記録を29に伸ばし、歴代連勝記録単独1位になりまし… twitter.com/i/web/status/87931…

将棋の公式戦で一度も負けずに歴代最多の連勝記録に並んでいた中学3年生の藤井聡太四段が、26日、東京で行われた対局に勝ち、連勝を「29」に伸ばしました。藤井四段は連勝記録を30年ぶりに更新し、プロ1年目にして歴代単独1位となりました。
藤井聡太四段は、去年10月に史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となったあと公式戦で一度も負けることなく勝ち続け、今月21日の対局で連勝記録を「28」に伸ばして、昭和62年に神谷広志八段が達成した最多連勝記録に並びました。




藤井四段は26日、東京の将棋会館で竜王戦の挑戦者を決める「決勝トーナメント」の初戦に臨み、午前10時から増田康宏四段(19)と対局しました。

対局は先ほど増田四段が投了して、藤井四段は連勝を「29」に伸ばし、最多記録を30年ぶりに更新してプロ1年目にして歴代単独1位となりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170626/k10011031171000.html?utm_int=all_contents_just-in_001 

藤井聡太4段本当におめでとうございます。!

☆昨日はニコニコが谷川件の解説だったので主に見ていたが、藤井4段も谷川の「高速の寄せ」と同じく終盤が実に強い。羽生三冠と同じく「詰め将棋」を主体に勉強しただけある。中盤でponanzaの評価値が藤井のー368を表示したときは確かに増田4段が作戦成功に思われた。藤井4段はかねてからの構想で5三桂打ちの局面まで大局観として頭に入っていたのだと思う。ちょっとの隙を見逃さず攻撃する積極性は羽生三冠が7冠王達成時の勢いを彷彿とさせた。天才はどこか皆共通性があるものだ。!
次回の対局予定は
30戦目 竜王戦決勝T二回戦 対佐々木勇気五段(C級1組)(7月2日)
31戦目 竜王戦決勝T三回戦 対阿久津主税八段(B級1組)(30戦目に勝った場合)
32戦目 順位戦C級2組二回戦 対中田功七段
となっていますが、先ずは異色のイケメン強豪佐々木勇気5段に勝つ事が問題です。2004年、同4年(出場時は3年)のとき、小学生将棋名人戦で優勝(準優勝は、菅井竜也)。4年生の優勝は、1994年の渡辺明以来、史上2人目の最低学年記録である。同年9月に6級で奨励会に入会。
5級時代に一度降級点を喫したが、概ね順調に昇級・昇段し、2008年4月に三段に昇段。中学2年の4月での三段昇段は、豊島将之と並ぶ当時の最速タイ記録であり、現在は2015年10月に中学1年で三段昇段した藤井聡太に次ぐ記録である。


「阪神タイガース悲報」
阪神が今季初の5連敗…広島とは最大の6差に 押し出しの1得点のみ



4回、ゲレーロにソロを打たれる秋山(撮影・飯室逸平)

 「中日3-1阪神」(27日、浜松球場)
 阪神が今季初の5連敗を喫した。首位広島が勝ったため、ゲーム差は今季最大の6に広がった。
 阪神の先発・秋山は初回に京田、荒木の連続安打でピンチを迎えると、ゲレーロに先制の左犠飛を浴びた。四回には再びゲレーロに甘い球を捉えられ、今度はバックスクリーンまで運ばれた。6回4安打2失点と粘ったが、結果的には重い2点となった。
 七回に糸井が押し出し四球を選び1点差としたが、八回には2死満塁で登板した阪神4番手の藤川がゲレーロに押し出し死球を与えた。
 中日の先発・鈴木は6回1/3を1失点で4勝目(3敗)。出身地の浜松市で故郷に錦を飾った。
















プロフィール

         

ブログランキング

☆いつも不思議な不正義2へご訪問ありがとうございます。 !!   ☆後ほど訪問致します☆

フリーエリア

最新コメント

☆コメントありがとうございます☆

リンク

カテゴリ

カレンダー

2017年度babaさん>提供

フリーエリア

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak

最新記事

月別アーカイブ

FC2アクセスカウンター

2017・4・15設定

ブロとも一覧


わくわく株式投資

Poem Spice-久遠の詩-

不公正な国家賠償訴訟

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR