雑感 - 不思議な不正義2

雑感

        

「天皇家」「将棋」&阪神タイガース

category - 雑感
2017/ 09/ 03
                 
 

 


今日は残暑で暑さを感じる26度もあるのだが秋風が冷たく木陰では寒い感じがした。早くも冬支度に追われる今日この頃です。

 3日はNHK杯トーナメント2回戦で森内俊之九段(46)と生放送で対戦する。【山村英樹】
藤井4段の勝ち。!

藤井4段が勝ちましたので次は稲葉8段との対戦となります。試金石となる一極でしょう。

藤井4段の鮮やかさが見られ元名人の森内九段も奇手を講じて速攻したが逆襲されあっさり投了となりました。短時間で終わったので、感想戦が詳細に見られ藤井4段の読みの深さに驚きました。やはり凄い棋士である。!

「阪神タイガース」
大山4番弾 虎新人史上初の快挙だ
 ダウンロード
 8回、ソロを放った中谷(60)の“アゴタッチ”を準備する大山(中央)




甲子園に鮮やかな花火が乱れ飛んだ。先陣を切ったのは阪神の2年目、坂本誠志郎捕手(23)だ。1-0の二回、左翼へ自身通算2本目となる今季1号3ラン。

 「阪神9-2中日」(2日、甲子園球場)
 甲子園が阪神・大山を強くするのか-。3打数1安打。たったの1本かもしれない。それでもこの一振りが、聖地の空気をガラリと変えた。流れを断ち切る“新4番”の豪快弾。
 若虎は冷静だった。「あの展開で1点を取るか取らないかでは、全然違うので」。確かな力強い一撃。ベンチ前で、金本監督や仲間に迎えられると、白い歯を見せて無邪気に笑った。
https://www.daily.co.jp/tigers/2017/09/03/0010519490.shtml

 2点を奪われ、4-2とされた直後の三回だ。1死で迎えた第2打席。その初球、高めに浮いた直球を迷いなく、完璧に捉えた。「点を取られた後だったので、出塁することを考えて積極的に打ちにいったことがいい結果につながってくれた」。沸き立つ聖地。立ち上がる虎党。大歓声を切り裂くように、打球は左翼ポール際へと消えていった。
☆広島も勝ったのでゲーム差は代らず5・5のままですが、今日はいきなり元日ハムのメンドーサの登板があるかもしれません。一気に3連勝の狙いです。!巨人がDeNAに勝ち0・5差に迫って来ましたねー。3位争いは激しくなりました。個人的にはDeNAに応援しています。!☆


阪神横田が脳腫瘍から復帰 2月キャンプで緊急帰阪
[2017年9月3日13時0分]


2017年阪神春季キャンプの横田慎太郎(2017年2月3日)



 阪神横田慎太郎外野手(22)が3日、脳腫瘍が寛解し、復帰を果たした。2月中旬の春季キャンプ中に頭痛を訴え、沖縄・宜野座から緊急帰阪していた。

 診断結果は脳腫瘍で、およそ半年間におよぶ闘病生活を送っていた。順調に回復してきたため、前日2日に帰寮。この日は、兵庫・西宮市の虎風荘で取材に応じ、復帰について報告した。

横田の報告は以下の通り。

 このたびは「脳腫瘍」という病気を患い、みなさまに大変ご心配とご迷惑をおかけいたしました。

 数カ月にわたる苦しい治療を乗り越えて「復帰」できるまでに回復した事を本当にうれしく思っております。

 この数カ月間、病院の先生方、看護師の方々、球団・チームの方々、そして手紙や本、千羽鶴を贈ってくださったファンの皆様の支え、励ましがあったからこそ、ここまで頑張れました。感謝の言葉しかありません。

 これからの私の野球人生が、同じ病気を持つ人達に「夢」、「感動」を与えられるようなものにできるよう、頑張っていきたいと思います。
昨季はチームスローガンであった「超変革」の象徴にもなった。3月25日中日戦(京セラドーム大阪)では「2番・センター」で開幕スタメンを勝ち取り、1軍デビューを果たした。16年は38試合に出場し、打率1割9分で4打点、盗塁を4つ成功させていた。

 今季にかける思いが強かったが、2月の春季キャンプで頭痛を訴えて、途中離脱。診断結果は脳腫瘍だった。この日から、球団施設内で体を動かす予定で、完全復活を目指し奮闘していく。

☆暫く横田選手の情報が無かったので、今日初めて知り驚きました。鹿児島実から14D2で入団して期待されていました。若いのにこのような厳しい病に罹患して、しかも復帰を果たしたことは素晴らし事で頑張って欲しいと心より祈りと期待を致したく思います。☆

ダウンロード

半蔵門から皇居に入られる秋篠宮家の長女眞子さま=3日午前11時12分(代表撮影)

眞子さま婚約内定
時事通信 9/3(日) 11:49配信
宮内庁は3日午前、秋篠宮家の長女眞子さまと大学時代の同級生で法律事務所勤務の小室圭さんの婚約が内定したと発表した。
 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)と、国際基督教大(ICU)の同級生で、法律事務所勤務の小室圭さん(25)の婚約が3日午前、天皇陛下が結婚を認める裁可をして内定、宮内庁の山本信一郎長官が同庁で記者会見し発表した。結婚式は来年秋にも催される見通しだ。午後3時からは眞子さまが小室さんと共に初めて記者会見し、この日を迎えた喜びを語られる。
 眞子さまは天皇、皇后両陛下の初孫で、結婚式には、退位を控える陛下が皇后さまと出席する見通し。天皇が孫の結婚式に出るのは、少なくとも明治以降では初めて。
 女性皇族の結婚は、2014年の高円宮家の次女千家典子さん以来。


「結果」
金本監督、競り負けに苦言「もろさ、未熟さがある」


ダウンロード
選手交代を告げ、ベンチに戻る阪神・金本知憲監督=甲子園(撮影・北村雅宏)
 「阪神2-4中日」(3日、甲子園球場)

ダウンロード

 阪神は中日に競り負けて、連勝が5でストップした。
 ゲレーロの2ランで中日に先制されながらも、五回に上本が左翼席へ7号ソロ。六回には福留の適時打で追いつく粘りを見せたものの、反撃もそこまでだった。日本ハムから移籍後、初登板初先発となったメンドーサは6回まで2失点と好投も七回に勝ち越し点を奪われた。
 金本監督は試合後、七回の勝ち越し点のきっかけとなった守りに苦言を呈した。1死から福田のゴロを二塁・上本がはじき(記録は安打)、その後、傷口を広げ、武山に2点適時打を浴びた。「体で(取りに)いかないと。負けられない試合、体で(ボールに)行かないと。同点の守りには見えない」と厳しい口調で話した。
 また、7回4失点で黒星を喫したメンドーサについては「4失点だったけど、内容的には1、2点の失点だった」と評価した。
 地元・甲子園での6連戦を5勝1敗で終えたが、「良い試合もあったし、きょうみたいな試合もあった。まだもろさ、チームの未熟さがある」と気を引き締めた。
 首位・広島との差は再び6・5に広がった。5日からの広島3連戦(マツダスタジアム)へ向け、「しっかり立て直していかないと」と、逆転Vへのラストチャンスへ気持ちを切り替えていた。


DeNA、直接対決制し3位死守 浜口8回0封で巨人戦初勝利  
スポニチアネックス2017年09月03日20時32分

DeNA、直接対決制し3位死守 浜口8回0封で巨人戦初勝利  
 ◇セ・リーグ DeNA1―0巨人(2017年9月3日 横浜)


 セ・リーグ3位のDeNAは先発の新人左腕・浜口が8回を2安打無失点と好投。0・5ゲーム差に迫っていた4位・巨人との直接対決を1―0で制し、3位を死守した。浜口は今季9勝目(5敗)で巨人戦は初白星。

 試合は巨人・マイコラス、DeNA・浜口の投げ合いで7回まで0―0。浜口が5回まで2四球のみのノーヒットピッチングを見せれば、マイコラスは1回、3回と得点圏に走者を背負いながらも得点を許さない。
ダウンロード

 均衡が破れたのは8回。DeNAは1死から倉本、桑原の連打で一、三塁とし、2番・柴田の中犠飛で1点を先制。9回を守護神の山崎康が走者を出しながらも踏ん張って逃げ切った。

 巨人は先発のマイコラスが7回を4安打無失点11奪三振と好投したが、打線が3、6、8回と無死から走者を出しながら3度とも送りバントを失敗し、次打者が併殺に倒れる最悪のパターンで得点できず。2番手のマイコラスが8回に1点を失い、9回の反撃も届かなかった。


「蛇足」
「北朝鮮水爆実験成功か?」

東京円、109円台後半
トランプ氏が軍事行動選ぶかも…日本政府内に懸念

ダウンロード images (51) 
トランプ氏、軍事攻撃排除せず 「そのうちわかる」

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00369321.html
トランプ米政権は3日、北朝鮮の6回目の核実験を受けて圧力をさらに強める姿勢を鮮明にした。トランプ大統領は3日、ツイッターで「北朝鮮とビジネスをする全ての国との貿易停止を検討している」と表明。マティス国防長官は米国や同盟国に対する脅威には「大規模な軍事的対応」で臨むと述べ、北朝鮮を警告した。日本政府も米ロ両国との電話首脳協議で圧力強化を確認。国連安全保障理事会が4日の開催を決めた緊急会合で、対話を重視する中国やロシアの態度が焦点となる。
日米韓3カ国は、6回目の核実験に踏み切った北朝鮮に対し、石油禁輸を含めた国連安全保障理事会での新たな制裁決議の採択などで、さらに圧力を強化したい考えだ。ただ、制裁の実効性で鍵を握る中国やロシアの協力をどこまで得られるかは不透明だ。着々と進む北朝鮮の核・ミサイル開発をいかに食い止めるかの戦略はいまだ描けていない。


 トランプ氏が検討を表明した北朝鮮とビジネス関係がある国との貿易停止は、北朝鮮の貿易額の約9割を占める中国や、北朝鮮との関係を深めつつあるロシアが念頭にある。北朝鮮との取引のある中ロ両国企業への制裁を強化する姿勢を示唆することで、国連安保理などを通じ、対話重視の姿勢を続ける両国に北朝鮮への経済的な締め付けを求める狙いだ。マティス氏はトランプ氏との協議後、記者団に「グアムを含む米国領土や同盟国へのいかなる脅威も、大規模かつ効果的で、圧倒的な軍事的対応に見舞われることになる」と北朝鮮に重ねて警告した。北朝鮮による軍事挑発の封じ込めに向け、最大限の圧力をかける方針を改めて示した。「我々は北朝鮮の壊滅を目指すわけではないが、そのための手段はたくさんある」とも指摘した。
「海外の反応ブログ」より
トランプ、安倍に「あなたの警告どおりになった」…

通貨で国連決議「十分な効果はない」

(東京=連合ニュース)キムジョンソン特派員


ドナルド・トランプ米国大統領が先月31日、安倍晋三日本首相と電話通話しつつ、北朝鮮の状況と関連して「あなたが言った通りになった」と述べたと産経新聞が1日伝えた。

極右性向の産経新聞は、安倍首相が過去トランプ大統領に「北朝鮮の核ミサイル開発は、日本だけではなく、米国にとっても脅威になるだろう」と言ったことがあるとして、前日の通話でトランプが、安倍首相の警告を肯定的に評価したものと解説した。

安倍首相は、当時の発言の経緯を尋ねるトランプ大統領に、「金正日総書記時代には対話を導き出そうとしていたが、今(金正恩体制)は軍事開発を進めている」と回答したことが分かった。

両首脳はまた、国連安全保障理事会の対北朝鮮決議に十分な効果がないということで認識を共にしたと産経は伝えた。

トランプ大統領はこれまで安倍首相と友好関係を維持してきた。
しかし先月、東京都議会で安倍首相が敗北した後、ドイツで開かれた主要20カ国(G20)首脳会議の期間は、米国側のスケジュールを理由にして米日首脳会談が実現されない可能性もあったところだった。

こうした中、前日に両首脳が最長の50分ほど通話したという点で、信頼感が改善し、関係が回復したと見られると産経は診断した。

日本経済新聞も、両国首脳の通話内容を伝えつつ、トランプ大統領が通話中に金正恩体制について露骨な言葉で悪口を降り注いだりもしたと公開した。
新聞は具体的な内容を取り上げなかった。

ホワイトハウスは両首脳の通話後に発表した声明で、「トランプ大統領と安倍首相は、北朝鮮への経済的、外交的圧力を高め、他の国々もこれに参加するよう説得することを約束した」と明らかにした。

一方、米日は北朝鮮のミサイル発射に備えるため、今月中旬に東京横田基地から地上配備型迎撃ミサイルパトリオット(PAC3)展開訓練を初めて行う予定である。

■ 週明け4日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=109円台後半で取引された。
 午前10時現在は、前週末比41銭円高ドル安の1ドル=109円76~77銭。ユーロは55銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円39~41銭。
 北朝鮮の核実験を受け投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となった。
 一方、前週発表された米製造業の経済指標が高水準だったことから「市場にとっての好材料もあり、もみ合いが予想される」(外為ブローカー)と指摘する声もあった。

■1950年の朝鮮動乱で、日本は戦後復興を果たし、国連軍に協力して北朝鮮軍人や多くの民間人を間接的に殺戮している。金正恩は日本と韓国を怨んでいると思う。延々と続く北朝鮮の核開発、ミサイル発射行為は、源がここにあるので旧日本政府が鬼畜米英出戦った事と同じく、容易には収束は不可能であろう。米国も裏では軍楽複合体の戦争で儲ける巨大な組織が有る以上北朝鮮の挑発には限定的戦争を行うことも辞さないことは必定であろうと思う。しかし、日本が一緒に行動することは金正恩の攻撃の的とになるであろう。狙いは米国より日本と韓国なのでしょう。最後は、中ロが北朝鮮に渡って来たら、南北統一は困る米国も中国も、例え限定的といえども絶対に回避をするでしょう。安倍総理は危険な圧力を煽るのではなく、過去のいきさつや拉致問題を考慮すれば、話し合いに向けて両国の調整を果たす義務があるのだ。独メルケル首相「平和的外交による解決しかありえない」 | NHKニュース
9月4日 7時32分(喝)
スポンサーサイト
             拍手⇒             
                                  
        

「阪神タイガース」藤浪抹消。「将棋」A級羽生三冠&久保王将。

category - 雑感
2017/ 08/ 17
                 

長雨が続く本州とは違いどんよりとした曇り空ではあるが初秋の趣が漂う涼しさです。厚別体育館前を通りメジカルセンターの泌尿器科を受診して目的地の循環器病院に着いた。予約なので直ぐ呼ばれ「おや~不摂生をしましたね~HbA1cが8・3ですよ・・・」「断酒をして頑張ってきたのですが・・?」Dr「運動・・というより歩いていなかったでしょう」「今年の猛暑で温泉と、冷房の有る店ばかり・・」Dr「ひどい危険水域ですが、幸い腎臓や膵臓の働きが良く、前回7・3から7・1に下がった実例があるので、これからの努力次第では大丈夫です。」苦笑)

安心と不安が入り混じった複雑な気分でしたが、あらためて糖尿病は生活態度が正直に表れるものと思い馬に食わせるだけの薬をもらい駅前のサンピアザで昼食を食べビールは断酒していたがその分隋分食べたのでズボンがきつくなり秋物のサイズ91cmのニットパンツを買ってバスで帰宅した。小雨が降ってきたがむくげの花が見事に咲き誇っていた。

昨日、2ヶ月半振りに登板した藤浪が再び抹消されたようだ。4回3分の2で7四死球では仕方が無い。スピードは150k以上は出るのだから、後はメンタル面を鍛えるしかないのでしょうね~。涙)

今夜は1型糖尿病の岩田投手が投げるようだ。インシュリンを打ちながら熱投する岩田投手に是非勝って欲しいと祈る気持ちです。泣)

「将棋」A級順位戦の3回戦で羽生三冠と久保王将が対戦中のはずだが、勝負の行方が気にかかりますねー。!
毎日新聞2017年8月18日 00時11分(最終更新 8月18日 00時11分)
順位戦A級    17日

(左が勝ち)

羽生王位 122手 久保王将

(2勝1敗)   (2勝1敗)

8月22日(火) 王位戦七番勝負第4局1日目 羽生王位vs菅井七段(中継)(abema)



阪神の大和内野手(29)が17日、右脇腹のハリで登録抹消されることが分かった。

 16日の広島戦(京セラ)で、右脇腹のハリを訴え、途中交代。三回の守備から退いた。大阪市内の病院に行き検査を受けていた。

 代わって、右脇腹の筋挫傷で2軍調整中だった糸井嘉男外野手(36)が緊急昇格する。



 

「阪神速報」

「阪神5-4広島」(17日、京セラドーム大阪)
 阪神・福留孝介外野手が、サヨナラ犠飛を打ち上げ、チームの連敗を3で止めた。福留は昨年の6月17日・ソフトバンク戦(甲子園)以来のサヨナラ打を含む2安打3打点の活躍だった。
 4-4の九回、この日30歳の誕生日を迎えた代打の俊介が左前打で出塁。犠打と四球、北條の左前打で1死満塁とし、福留が1ボールからの2球目をセンターに打ち上げた。浅いフライだったが、丸からの返球も逸れ、俊介がサヨナラのホームを踏んだ。 阪神がサヨナラ勝ちで3連敗で止めた。

 阪神は1点を追う三回に北條、福留の連続適時打で逆転、五回には福留の適時二塁打、ロジャースの中犠飛で加点した。
 初回に丸の適時打で先制しながら逆転された広島は六回、田中、菊地の連打と丸の四球で無死満塁とし、鈴木の右犠飛、暴投と安部の右前適時打で同点としたが、最後は中田が打たれた。4連勝で止まり、優勝マジックは26のまま。



阪神が4発一発攻勢で快勝 秋山はプロ初の本塁打&2桁勝利10勝目


ダウンロード

6回、2ランを放つ秋山(撮影・飯室逸平)
ダウンロード
7回、右越えに9号ソロを放つ阪神・糸井嘉男=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)

 「中日4-10阪神」(18日、ナゴヤドーム)
 阪神が4本塁打の一発攻勢など13安打で2桁10点を挙げて快勝した。
 初回に3点を先制した打線は、五回に北條の3号ソロ、六回に先発の秋山がプロ8年目で初となる1号2ラン、七回にこの試合から復帰した糸井の9号ソロ、さらに大山の4号3ランで加点した。
 投げては、先発した秋山が7回5安打2失点で、キャリア初の2桁10勝目(4敗)を挙げた。


宇佐見のプロ初本塁打でサヨナラ…巨人延長制す
2017年08月18日 22時22分
10回2死2塁、サヨナラ2ランを放つ宇佐見(18日)=伊藤紘二撮影


★宇佐見真吾は千葉市柏高ー城西国際大ー巨人16D4だが、小林の打率がまりにも悪いので最近代打で出て、そのままマスクをかぶることがある。正捕手候補は規定の路線のようだ。
DeNAとの3-4位争いは熾烈である。CS採用以来巨人は4位になった事が無いので必死の形相である。


 巨人9-7DeNA(セ・リーグ=18日)――巨人がサヨナラで延長戦を制した。

 十回、宇佐見のプロ初本塁打となる右越え2ランで試合を決めた。DeNAは5番手の砂田がつかまり、連勝が3でストップ。

          

 広島1-0ヤクルト(セ・リーグ=18日)――広島が優勝へのマジックを「25」とした。五回の菊池のソロによる1点を継投で守った。中村祐が6月4日以来の勝利で4勝目。ヤクルトは再三の好機を生かせず。

          

 阪神10-4中日(セ・リーグ=18日)――阪神が大勝。一回、中谷と大山の適時打で3点を先制。その後も4本塁打を放ち、リードを広げた。先発の秋山は初の2桁勝利。中日は投打に精彩を欠き、3連敗。(読売)



巨人・山口俊への処分発表 “制裁金”は総額1億円オーバー
08月18日 20:04東スポWeb


巨人・山口俊への処分発表 “制裁金”は総額1億円オーバー
山口俊は会見で何度も頭を下げた
(東スポWeb)
 巨人・山口俊投手(30)が18日、器物破損と傷害の容疑で書類送検されたことを受け、都内で会見を行った。

 午後4時、石井球団社長とともに、久々に姿を現した山口俊は神妙な面持ちで「今回、私の軽率な行動により、このような事態を起こしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。今後、このようなことが起こらないよう社会人として自分自身を律してまいります。本当に申し訳ありませんでした」などと何度も頭を下げながら、反省の言葉を並べた。

 飲酒でのトラブルということもあり、会見では今後の酒との付き合い方にも質問が及んだ。山口俊は一呼吸置くと「今後、お酒についてはしっかり自分で自粛をして、またこのような軽率な行動、社会人としてあるまじき行動を取らぬよう、お酒との付き合い方もしっかり考えて、向き合っていきます」と語った。

 また球団は山口俊に科した処分として、

(1)出場停止…8月18日から今季終了まで(参稼期間最終日の11月30日まで)の出場停止。

(2)罰金…事案の起きた7月11日から出場停止期間前日の8月17日までの間、1日につき参稼報酬の300分の1に相当する金額の罰金。

(3)減俸…出場停止期間中の参稼報酬について、1日につき参稼報酬の300分の1に相当する金額の減額。


             拍手⇒             
                                  
        

「将棋竜王戦」「仏教」先祖供養

category - 雑感
2017/ 08/ 14
                 
 

 

 

途中、休憩所のマオイ道の駅

今年は親父の63回忌法要と重なり家族全員が3姉の家に集まり賑やかに思い出話に花が咲きました。親父はこの菩提寺の禅寺の檀家総代をしていた事もあり境内に墓地を供与され有り難く感謝しています。南無
この日のために少しは酒宴に参加したいと思い普段の断酒が効果ありビール2本と清酒1合ほどを嗜む事が出来ました。

この寺の住職も本山永平寺の修行を終えて札幌の中央寺で「金毘羅大権現例大祭」法要に随喜させて頂き、道内外の初先輩・後輩とともに報恩の思いで勤めているそうです。この権現とは「かりにあらわれる」事を意味し、仏教の仏様が日本の神様として姿を変えて現れたと言うことだそうです。お寺に、神様?と思われるかもしれませんが、、お釈迦様の説法を聴いて仏法の守護神になったと言われています。(安平町瑞雲寺住職)
余談ですが秀吉が先に西に大明神を名乗ったので家康は東に東照大権現を建立したのも日本を守る守護神だったのでしょうねー。

「蛇足」野球で抑え投手なら誰でも彼でも”守護神”と呼ぶのは違和感がある。過去横浜の元祖佐々木大魔神。阪神の藤川球児、ら数人くらいしか「守護神」と呼ぶには相応しくないと思う。

 今年7月24日に亡くなった同期のH宅に初盆のお参りをしてきたが、奥さんの話を聞いて驚きました。1型糖尿病を25年前から発症して食事も頑固に奥さんの言う事を聞かず副作用が多発して車椅子生活となり最後は痩せ衰えて眠るように息を引き取ったという。涙)実は私は知らされず、葬儀も参列できなかったのですが、友人が「荒野さんは車も無く、病気が重く可哀相だからとあえて知らせなった」と言うことを聞き納得しました.。是で同期を糖尿病で二人を亡くしました。同じ病の私も良き教訓となり意義の深い墓参になりました。南無。今日からまた断酒開始です。☆





「将棋竜王戦挑戦者決勝3番勝負」の1回戦が始まっています。羽生三冠が永世竜王位を獲得して頂きたいと思うので是非とも勝って渡辺竜王に挑戦して欲しいと祈っています。


             拍手⇒             
                                  
        

「将棋」羽生三冠勝利。稲田さんも安倍さんも猛暑で枯れ果てる。

category - 雑感
2017/ 08/ 01
                 
 
今年は何時に無く酷暑が続く北海道である。昨日久し振りに雨が降り気温が23度まで下がり朝夕は初秋を思わせるかのような涼しさであった。


人生は一生、二生に非ず
人の一生は儚いものだ。四苦(生老病死)を背負い最期を
迎え一瞬のうちに白骨となる。先日親戚の葬儀に参列して

住職の説教を聴きこの世から彼岸(あの世)へ行けば極楽
浄土の世界が待っているそうだが、残された遺族の悲しみ

は消すことは出来ない。確かに死によって苦悩、苦痛から
解脱できることは間違いない。死に怯えて生きるのは辛い。

併し誰しも生えの執着はあると思う。急がづ遠き道を精一杯
生きて行くしかない。

南スーダンの自衛隊の「戦闘」での日報隠蔽問題の責任を取り辞任した稲田前防衛相の閉会中審査への出席を拒否した自民党は、どこまで丁寧に説明するつもりなのか、国民の疑惑にこたえる気持ちがあるのかが疑われる。本人が「国会に呼ばれればでる」と言い安倍首相も「国会から要請があれば協力して対応することは当然」と話していたのだ。森友の籠池夫妻が逮捕され、加計問題も疑惑が払拭されない安倍内閣は、苦悩・苦痛であろうが、脅えて引き伸ばすより潔く下野するほうが楽になると思う。

民進代表選、野党共闘が争点=党分裂の可能性も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000005-jij-pol
7/31(月) 6:57配信 時事通信
 9月上旬までに行われる民進党代表選は、次期衆院選に向けた共産党との野党共闘が主要争点となる。

 前原誠司元外相が慎重な立場なのに対し、枝野幸男元官房長官は前向きだ。路線対立が先鋭化すれば、党分裂に発展する可能性もはらむ。


「将棋」
 
終局直後


渡辺明竜王の挑戦者を決める第30期竜王戦決勝トーナメントが進行中。7月31日(月)に、羽生善治三冠と稲葉陽八段の対局が行われました。
決勝トーナメントの対局は、羽生善治三冠が勝ち挑戦者決定三番勝負は、松尾歩八段(1組優勝)-羽生善治三冠(1組2位)で行われます。羽生三冠は唯一無かった永世竜王位にかけても必勝の思いと思う。!

また藤井4段は今日から始まる順位戦C級2組の3回戦に望む。現在2連勝中である。是非一期でC1組に昇級してほしいと願う。タイトル保持者は、ほとんどが毎年昇級している。



阪神まさかの幕切れ…守備妨害で試合終了 金本監督抗議実らず
◇セ・リーグ 阪神3―4広島(2017年8月1日 マツダ)


 阪神は1日の広島戦(マツダスタジアム)に3―4で敗れた。1点を追う9回1死一塁で、空振り三振して体勢を崩した上本が捕手・会沢の二塁送球を妨害したと判定され、ゲームセット。金本監督の抗議も実らず、後味の悪い敗戦を喫した。広島とのゲーム差は11に広がり、2日の試合で敗れるか引き分けで、自力優勝の可能性が消滅する崖っぷちに立たされた。1点を追う9回1死一塁、1ボール2ストライク。打者・上本のバットはワンバウンドのフォークに空を切った。その空振りの勢いが余って上本の体は一回転。図らずも捕手・会沢と向かい合う形となってしまった。そして投球と同時にスタートを切っていた一塁走者・西岡を刺すべく投じた会沢の送球は、大きく逸れてセーフ。2死二塁で打者・福留…と思われた。だが、そうではなかった。

 杉永球審は即座に守備妨害を宣告。一打同点の好機が一転、無念のゲームセットとなった。試合後の杉永球審は「二塁への送球動作を妨害した。(上本の体が会沢に)接触しています。偶然だろうと故意だろうと、捕手の送球を妨害したら守備妨害になる。それ以上でも、それ以下でもない」と説明した。

☆審判の判断も規定の棒読みで実情にあってないことが多く怒りを覚える。喝)故意に妨害していないのだから守備妨害には当たらないのだ。喝)1番良い例が投手の投球ボールが顔の辺りに来て逃げたときバットが降った格好になったときストライクに判定されることだ。この場合も危険球に近いボールから逃げているのだからボールなのだ。全く可笑しい審判団である。後味の悪い試合であったが、岩貞がいきなり1回裏に3点も取られるようでは2軍落ちだ。心構えが甘いのだ。頭にくるが、加計審判等には賄賂を贈るのも嫌だし、忖度も嫌いである。今日こそ審判不要なくらいのすっきりした試合をしてほしいものだ。




             拍手⇒             
                                  
        

ツツジと森友・加計学園

category - 雑感
2017/ 05/ 23
                 
 

厳しい寒さを抜け出して小さな可愛いツツジが咲いていた。南区や中央区の暖かい地区より5度くらい低い厚別区ではまだ、こんなものである。
今日は、最も国民が嫌う共謀罪を自公維の3党で強行採決をしようとしています。テロを防ぐことも出来ない悪法は、一億総監視社会を生み個人の人権を蹂躙する昔の治安維持法を思い出します。少し先輩の人は共産党の本を持っているという理由だけで警察に拘留されました。いくら個人は対象外と弁明しても、現実は時の政府に都合の悪い人物を抹殺しようとする怖い法律です。
忖度政治というなら、まずは国民を忖度してからにしてほしい。!
つい先ごろまではカケからモリへと代わり、後は安倍の天ぷら蕎麦しかないといわれてましたが、最終目的は憲法改悪なのです。
騙されてはいけません。日本は立憲主義を基調とする法治国家です。いかに一強といえども、人治政治は許されません。喝)

「野球」
  

今夜から序盤の決戦といっても過言でない神・巨3連戦が始まりますねー。初戦の菅野官房長官を打ち崩せば、3連勝も夢ではないのだ。前回9日は糸井が菅野から先取点をたたき出し阪神が勝ちました。20打席無安打という絶不調の糸井選手を金本は休ませず信じきっています。糸井も「休まない」と強気です。!打撃は皆、波があるものです。今夜一本出れば復調の目がでるのです。巨人も重量打線が湿って苦しんでいます。ナベツネが吼えました。高橋監督は悪くは無いが、どこを見て選手を獲得しているのだ。GMの堤を前倒しで解任して副の香取(元巨人投手)を任命しようとの動きがあります。どのチームも磐石ではありません。
貯金10もある”阪神タイガースは強いのである。”

             拍手⇒