温泉 - 不思議な不正義2

温泉

        
                

残暑と法事

category - 温泉
2018/ 08/ 13
                 
 CIMG0033 (1)
CIMG0034 (1) CIMG0035 (1) CIMG0036 (1)
今日からお盆の入りですので、日ごろの垢を流し身を清めるためにと北のたまゆら温泉にいてきました。
今年の酷暑には弱りましたが、朝出掛ける時は三輪位しか咲いてなかった木槿の花も帰りには満開に近く咲き誇っていました。
「北のたまゆら」もパチンコ屋から温泉になりちょうど10年たちました。40日間かけて大改修工事を行うということで、困りましたが、江別店もあるのでそちらへ通おうと思いましたが、新札幌駅まで行かなければなりません。やむなく同じ江別市野幌にある「湯の花」温泉に通うことにしました。何かと不便になり、「北のたまゆら」さんの有り難さをしみじみ味わいました。


お盆の墓参りと仏教

仏教とは、仏の教えであり、又、仏になる教えであると言われています。普通私たちが口にする「仏様」とか「成仏する」と言う言葉からは「ご先祖様」とか「亡くなった人」であって、仏教の開祖であるお釈迦様とは、中々結びつかないようです。
年に一度、先祖様が生き残った人たちを一堂に集めて逢わせてくれるのが、法事法要とかお盆なのですね。あり難い先祖様に感謝いたし、供養することが大切な仏法にかなった必要事といえるのですね。また「合掌」ということは人を敬う心という意味で「敬・愛・心」が仏教の基本とされています。合掌
これから友人のレンタカーで日帰りの強行軍ですが、胆振の国の故郷へ墓参りに行ってきます。

スポンサーサイト

            
                 ♪応援宜しくね~♪ にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ